キャブの分解メンテはキースターの「燃調キット」を使うべし!

エンジンコンディションを大きく左右する部品、それはズバリ「キャブレター」である。

スロー系回路が詰まってしまえば、アイドリング不調になる。チューニングエンジンでは、スローやパイロットジェットが決まらないとアイドリングせず、メインが決まらなければ気持ち良く高回転域までエンジンは回らなくなってしまう。

そんなキャブレターのメンテナンスやセッティング時に肝心なのは、キャブボディの各種通路が詰まっていないか? などなどである。

ここでは、分解清掃、はじめの一歩を解説しよう。

「釜茹で作戦」からキャブ洗浄開始!!


仮に、スロットルバルブが固着していて、バルブを開閉できないようなキャブの場合は、脱脂洗浄剤や洗浄液を混ぜた水をズンドウ鍋に入れ、ストーブやコンロで温めてキャブの釜茹でから開始。


放置車両のキャブはスロットルボディが固着して抜けないことが多々ある。釜茹でキャブボディを温めることでおおよそ抜けるが、それでも抜けない際にはヒーターでボディ周辺を温めると良い。

絶版車でなくてもキースターの「燃調キット」がお勧め!!


キャブの分解メンテナンスやオーバーホール時には、各種Oリングやガスケットはすべて交換したいもの。

しかし、補修部品が販売中止になっている旧車もある。そんなときに頼りになるのがキースターの燃調キットだ。ガスケットはもちろん、各種ジェット類やジェットニードル、フロートバルブセットなどがオールイン1の優れもの。


分解したキャブレターは、それぞれのパーツをバラバラに管理するのではなく、各ボディ単位で部品を管理し分解メンテナンスするのがよい。分解した部品が入るコンテナやPETボトルをカットして、分別容器にすると使い勝手が良い。


バラバラに分解した部品を徹底的に磨いて組み立てた4連キャブレター。美しいだけではなく、この後、バイクに取り付けてセットアップしたが、アイドリングは至極安定し、吹け上がりも良好だった。

エンジンの吹けが良くなかったり、始動性が良くないなど、そんなときに疑いの目を向けるべき筆頭部品とも呼べるのがキャブレターである。アイドリング域を支配するスロー系通路が詰まっていたり、コンディションを崩してしまえば、エンジン始動性は著しく悪くなってしまう。また、放置車両のエンジン始動時などは、キャブを分解メンテナンスしなくてはいけないことが多い。

そんな分解メンテナンス時には、ガスケットやOリングなどの補修部品が必要だが、キャブレター部品のメーカーで知られるキースター/岸田精密工業では、各モデル向けに燃調キットなる商品を販売している。

例えば、オーバーフローが止まらずガソリンが流れ続けてしまう原因のひとつには「フロートバルブ」の不良がある。バルブ通路に詰まったゴミやキズが原因でバルブが閉じきれないとガソリンが止まらず流れ続けてしまう。また、長年の走行でジェットニードルやニードルジェットが摩耗しているケースもある。そんなときに燃調キットがあれば、メンテナンス時に使いたい交換部品がオールインワンで揃っているので、タイムリーなメンテナンスも可能になる。燃調キットはキャブボディひとつに対して1セットの設定なので、4連キャブの場合は4セット必要になる。

キャブレターの分解メンテナンス時には「熱」を利用するのが良いことをご存じだろうか?洗濯するときに冷たい水で洗うよりも、ぬるま湯で洗った方が汚れが落ちるのと同じように、キャブレターの分解洗浄時にもボディを温めると作業性が圧倒的に良くなるのだ。

今回は、ズンドウ鍋でお湯を湧かし、その中に汚れたキャブ本体を浸す、いわゆる「釜茹作戦」で初期段階の汚れ落としを実践したが、想像以上に汚れは落ち、各部の作動性を回復することができた。

ボディを単体にバラしてから専用のキャブレタークリーナーに浸して完全洗浄。さらにウエットブラストで、ボディ表面をクリーンナップした。ブラスト処理後のボディは、高温乾燥機で温めた後にエアーブローすることで、通路内に入ったメディアは吹き飛ばしやすくなるので、覚えておくと良いだろう。

POINT
「熱」を利用することでメンテナンスは確実に効率良くなる。
キャブを分解する際には、ボディをまるごと茹でてしまうことで(フロートチャンバーや内部のパーツは、取り外せる物なら取り外してから作業に取りかかろう)、各パーツは効果的に洗浄することができる。試してほしい。

関連キーワード
車種に関連した記事
キャブレターに関連した記事