ブレーキレバーのタッチ感覚がヘン?部品交換の前にグリスアップで対策

部品同士が擦れ合う「摺動部」がバイクのメカニズムには数多くあるが、そんな部品の中でも、重要保安部品と呼べるのが前後ブレーキパーツであり、それらのパーツにも摺動ポイントは数多く存在する。ドラムブレーキでも、ディスクブレーキでも、メカニズムにとっての天敵は「湿気」だろう。ここでは、ブレーキレバーの作動時に、レバータッチ=握り感触がヘンで(スポンジーな感触など)、今ひとつカチッとした握り感覚がないディスクブレーキモデルのマスターシリンダーを、分解メンテナンスしてみた。

ゴム部品×金属部品=ラバーグリスが正解

金属部品とゴム部品の接触面や摺動面に使用することで、フリクションロスの低減(摩擦抵抗の低減)に効果的なラバーグリス。この商品は摺動抵抗を減らすラバーグリスとして人気があるスーパーゾイルのラバーグリース。オイル感が不足するとゴム部品は抵抗を増やし、作動性を著しく低下させてしまうが、ラバーグリスはブレーキフルードなどのグリコール系潤滑油に溶けるので、ブレーキメンテナンス時でも安心して使うことができる。

こんな状態でもレバーは握れた……

倉庫の中で数年間放置されたことで、ブレーキフルードが、クラッシュゼリーのような状態に変質していた。ブレーキホース内に残った僅かなブレーキフルードが、キャリパーピストンを何とか作動させていたので、ブレーキとしては機能していたが、性能を期待できるはずもない……。

ダストブーツの脱着は特に慎重に

ダストブーツに触れたときに弾力があるなら、取り敢えずの再利用は可能である。ブーツを切らないように、低圧入の固定部分やブーツの抜け止めリングを慎重に取り外そう。ブーツ周辺が汚れて作業性が悪いときには、コップや容器に入れて、ポットのお湯を注いで部品全体を温めながら、小型ブラシでブーツ周辺を洗浄するのが良い。ブーツを外したら、インナーピストンを抜け止めしているサークリップを取り外そう。

マスターシリンダー内部のブレーキフルードもジェル化が進んでいた。オフロード車用や小排気量ロードモデルのマスターインナーは、キャリパーピストン径が小さいのでかなり小径サイズだ。このカップシール(オイルシール)が一体になったブレーキピストンも、お湯に沈めて中性洗剤とブラシでしっかり汚れを落としてからエアーブロー。乾燥してから組み立て復元の準備に入ろう。

フルード量点検窓のコンディションも点検

マスターシリンダー本体で見落としがちかつ要注意なのが、ブレーキフルード量を点検するための覗き窓コンディションである。クラックが入っていてフルード滲みする場合は要交換だが、現在のモデルで交換用補修部品はなかなか無い。また、マスターシリンダーのリザーブタンク底には2箇所のポートがあるが、特に前側の小さな穴がゴミで詰まってしまうと、エアー抜き作業ができなくなってしまう。明らかにゴミや汚れや腐食で目詰まりしているときには、ニードルで突いて通気ポートを確保しよう。


完全乾燥後にグリスアップ

抜き取ったインナーピストンは洗浄&エアーブロー後、しっかり乾燥させよう。さらにルーペ(虫眼鏡)を利用し、カップシールエッジにダメージや部分的な偏摩耗が発生していないか?確認しよう。仮に、カップシールに偏摩耗がある場合は、新品インナーキットや新品カップシールに交換しよう。再利用可能だと判断できたらラバーグリスを塗布する。マスターシリンダー本体にインナーキットを復元する際は、マスターボディのシリンダー内部もルーペで点検してみよう。汚れがあるときには、お弁当の割り箸のエッジでキズを付けないように汚れを除去しよう。


POINT
  • ポイント1・ブレーキマスターのコンディションはブレーキレバーのタッチ感で判断できる
  • ポイント2・部品交換のオーバーホールだけではなく、定期的に分解メンテナンスすることでパーツは延命できる
  • ポイント3・ 分解部品の再利用が前提の場合は、お湯を使って部品を温めることで分解作業性が良くなる

久々にバイクを引っ張り出して乗ろうと思った時や、「乗らないバイクがあるから取りに来れば……」なんて嬉しいお話があっても、前後ブレーキが固着していたり、引き摺っていると、バイクを引っ張り出すにも大変苦労してしまう。特に、ドラムブレーキモデルにとって湿気は大敵。数年の露天放置で相当なダメージを受けてしまうことが多い。ホイールを取り外し、ハブからブレーキパネルを引っ張り出した衝撃で、シューの摩擦材部分が、パカッと外れてしまうことも珍しくない。そんな経験をしたことがあるポンコツいじり好きは数多いはずだ。ドラムブレーキのシューは、摩擦材が接着剤で焼き付け固定されているため、シュー本体のアルミ表面が腐食してしまうと、摩擦材をアルミの白サビが持ち上げ、残念な結果になってしまうことが多い。

ディスクブレーキの場合はどうだろう?露天放置だとドラムブレーキ以上にコンディションは崩しやすい。しかし、倉庫や屋根の下で雨水を直接受けず、コンクリートや木材の地面なら、ダメージは受けにくいようだ。バイクの保管にも様々なノウハウがあるので、大切なバイクの保管時には、単に車体カバーを被せるだけではなく、様々なアイデアを駆使してみるのが良いだろう。

今回、メンテナンス実践したのは何年も放置されていたオフロードモデル用のブレーキマスターだ。オフ車用ブレーキキャリパーは、悪路や林道、ときには沢の流れを横切る走りもするため、水分や湿気に対する対応力は強い。今回実践したモデルのキャリパーには樹脂製キャリパーピストンを採用していたため、ピストンがキャリパー本体にサビで固着することもなかった。しかし、さすがにピストンシールがダメージを受ければ、ピストンは固着してしまう。長年に渡る湿気の影響で、キャリパー側はピストンシールとダストシール溝に結晶化したブレーキフルードが堆積。ピストンの動きを悪くしていた。結晶化した不純物は、湿気を吸ったブレーキフルードが変質したもので、マスターシリンダー側も、なんとかブレーキは作動するものの、レバータッチはブカブカな印象だった。そんなブレーキマスターのリザーブタンクキャップを取り外すと、なんとブレーキフルードがクラッシュゼリーのような寒天のような?状況に変化していた。このブレーキフルードの変質原因も「湿気」である。保管場所の温度と湿気のバランス状態によっては、このような症状になってしまうのだ。そんな状況でも、完全固着していなかったので「分解洗浄で再起できるのではないか?」と判断し、早速、作業に取り掛かった。

ブレーキと言えば、重要保安部品のひとつ。DIYメンテナンスを実践する際には、マシンオーナーの責任に於いて作業進行しなくてはいけない。とはいえ、完全固着していないキャリパーメンテナンスなら、決して大きな苦労は無い、というのが過去の経験でもある。重要なことは、徹底的にパーツを洗浄し、機能部分に不具合が無いか?しっかり目視点検することにある。マスターシリンダー本体の場合は、リザーブタンクの底にある2箇所のポートが詰まっていないか、しっかり確認しよう。特に、ブレーキホース側は極小のポート穴なので、詰まったり汚れていたりすると、なかなかエアー抜きできない原因になる。変質ブレーキフルードのスラッジで穴詰まりしている場合は、極々細いニードルで突っつき、エアーブローすることで通気状態を回復できるはずだ。

抜き取ったインナーキットは、新しいブレーキフルードで洗浄。今回のように汚れが激しい場合は、お湯に沈めて汚れを分解しつつ、指先でもみ洗いしたり小さなブラシ(歯ブラシなど)でブラッシングするのが良い。ルーペを使ってシール摺動外周に偏摩耗が無いか?特に、注意深く点検しておこう。偏摩耗があると他の外周とは輝きに違いがあり、明確に判断することができる。復元時に使うべきケミカルが、金属部品とラバー部品の摺動性を高めるラバーグリスである。金属表面とラバーやゴム部品、樹脂部品が擦れ合う箇所で高い潤滑性を発揮するのが、まさにこの商品。同様の効果を得られるスプレーケミカルも販売されているので、状況によって使い分けるのが良いだろう。

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ブレーキに関連した記事