ツーリング先でキャリパー揉みだし!?車載工具から作るメンテナンス便利アイテムの作り方【MOTO HACK】
ヤマハ SRX600純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、SRX600に乗る「ばびさん」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるSRX600の純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介


鋳鉄キャリパー+ラジアルポンプブレーキマスターでブレーキタッチにこだわっています。
更にブレーキキャリパーの揉み出し清掃+ブレーキパッドの皮むき迄すると本当に追従性がよくなるので、ツーリング先でも目当ての峠が近くなると休憩を兼ねてキャリパーピストンの揉み出しを行います。

今回のHACKの簡単な説明

携帯用のディスクブレーキセパレーター(ピストン ポッド スプレッダー)を純正車載工具流用で作ったので、ツーリング先での揉み出し手順とともに紹介します。

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど


これが携帯用のディスクブレーキセパレーターです。
SRX-600の車載工具のメガネレンチを改造したものです。
メガネレンチ後端にドリルで穴をあけ、市販のステンレス製穴付きフラットバーにネジ止めしたものです。ネジを緩めて畳めば車載工具として小さく収納できます。
ネジを外せば純正のエクステンションバーも刺さります。

HACKのやり方・説明・作業手順など


まずブレーキピストンを出します。ブレーキレバーを繰り返し動かすだけですが、ブレーキディスクの代わりに何か(レンチとかなんでも良い)挟む必要があります。
挟まないと、ダストなどで引っかかっていたピストンがキャリパーから突然飛び出し、ブレーキフルードを撒き散らす悲惨な事態になります。


揉み出したブレーキピストン壁面を掃除します。
私は月2回程度掃除しているので、写真のようなリボン状の紐で磨けば充分ですが、
納車後1年以上で初めての方はワイアブラシの利用をお勧めします。
磨いた後、小指でピストン壁面にごく薄くグリスを塗ります。
指が届かないところは紐にグリスを付ければ360度塗布できます。


ディスクブレーキセパレーターの出番です。
まずピストンに挟んだレンチなどをひねって、セパレータを差し込む隙間を作ります。
次にセパレータのフラットバー部分を差し込みます。
そしてレンチ側をひねってピストンを一つづつキャリパーボディに沈めてゆきます。
セパレータとレンチの接点が支点、セパレータとピストンの接点が作用点になります。
L字にしたメガネレンチの穴側が力点です。一般のセパレータのようなネジが無くともテコでピストンを沈められます。


コツ!
  1. ゆっくりピストンを沈める。速度は1mm/秒程度。この速度なら、フルードはブレーキマスターから小穴を通りフルードのタンクに戻ります。早すぎると、小穴から登り切れずに他のピストンを押し戻してしまう。
  2. ピストンがひっかるときはピストンが傾いてアルミキャリパーをかじっています。ピストンが平行に見えてもセパレータで押す力点を色々変えてみてください。

HACKのまとめ


慣れるとパッドの皮むき含めて前後キャリパー45分くらいで終了します。
パッドの皮むきは水を少し流しながら制動面同士を30秒ほど擦り合わせ、最後に流水ですすぐだけです。
ピストン壁面がきれいになると、自作ツールで滑らかにピストンを沈る感触自体も快感です。
現在ではピストン揉み出し自体もツーリング先での楽しみとなっており、景色の良い涼しい所を選びメンテ自体も楽しんでいます。

ばびさんさん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

Webikeではバイクライフを豊かにする皆さんの裏技を大募集中!

~7/31まで『純正流用HACK!』の投稿でもれなく500ポイントプレゼント!


7/31までの期間に『純正パーツ流用』に関するアイデアを投稿いただいた方には、 もれなくウェビックで使える500ポイントをプレゼント!
さらに!Webikeマガジンで取り上げられると追加で1,000ポイントプレゼント。
最大で1,500ポイントもらえるチャンスです!

もちろん『純正パーツ流用』以外の投稿でも、ウェビックマガジンに取り上げられた方には1,000ポイント差し上げます。
あなたの持ってるバイク術(HACK!)をみんなで共有しましょう!
たくさんの投稿お待ちしております!



 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
車種に関連した記事
ブレーキに関連した記事