故障交換となる前に!定期的に分解洗浄しておきたいブレーキマスターシリンダー
よく効くフロントブレーキは安心だが、前回の分解メンテナンスがいつだったのか?

新車から一度も分解洗浄していなかったり、前回のオーバーホールから数年経過しているような場合は、
積極的にブレーキマスターシリンダーを分解洗浄することでブレーキ性能を維持できるようになる。サンメカ登竜門とも呼べる分解点検だ。
堆積した不純物がピストンシールを傷め、摩耗させる

不動車を復活メンテする際には、必ず実践することになるブレーキメンテナンス。
新品ブレーキフルードに交換しただけで性能回復できるケースもあるが、分解メンテナンスによって、マスターシリンダーの性能ライフは長くなることが多い。

インナーピストンのブーツコンディションは特に重要

ブレーキレバーをコントロールすることでインナーピストンが作動する。
その作動性の維持に重要な役割を果たすのが、ゴミの混入やキズからパーツを防ぐブーツの存在だ。


先端が細く鋭いピックアップツールを使ってブーツを取り外すが、本来ならこのブーツを保持するリングを先に外すのが正解。
しかし、リングを外そうとしてブーツを切ってしまいそうな時には、先にブーツを外し、後からリングを取り外しても良い。

サークリップ外しにはL字型プライヤーを使おう


マスターボディを万力に固定し、ドライバーなどでピストンを押し込みつつ、L字型サークリッププライヤーで
クリップをグイッとつまんで吹っ飛ばさないようにゆっくり抜き取る。


ブレーキマスターボディからインナーピストンを引き抜いた。
ブレーキフルードの吸湿作用で溜まったスラッジがピストン周りに付着していた。パーツクリーナーで要洗浄だ。

ボディの再ペイント前には完全分解が鉄則


ブレーキパーツをペイントしたいときには完全分解がお約束。
ブレーキフルードの強い吸湿性によって通常の塗装ではすぐにブヨブヨに剥離してしまう。
耐フルード性良好な高温焼き付け塗料のガンコートなら安心して使うことができる。カラーも豊富だ。

しばらく乗らなかったバイクを動かそうとしたときに、ブレーキが引きずっていたり、ブレーキレバーの操作感がぎこちなく、レバーを握り込むと引きずりが強くなるようなケースがよくある。
そんなときには車両移動するような際でも、ブレーキは多用しないほうが良い。
引きずりがある場合は、ブレーキ関連パーツはすべて要分解メンテナンスであり、必要に応じて、パーツ交換は必至と考えよう。

インナーパーツのダメージを確認する意味でも、分解メンテナンスは最低限でも行いたい。
それは気持ち良く走るために必要不可欠な、メンテナンス行為なのだ。ブレーキが引きずるときには、ブレーキキャリパーを分解点検。
同時にマスターシリンダーも分解点検である。これらの作業実践によっては、何事もなかったかのように、本来のブレーキ性能を回復するケースも決して珍しくはないのだ。

ここでは、ブレーキマスターシリンダーの分解メンテナンスを実践したが。
重要なのはピストンブーツのコンディションだ。このゴムブーツが破損したままだと、ゴミや砂利の混入によってマスターシリンダーが作動不良を起こしやすくなる。
分解時にブーツが破けていることに気が付いたら、新しい部品に交換しよう。

POINT
ピストンブーツの破けや損傷に気が付いたときには迷わず部品交換しよう。
新品部品に交換した際に、旧ブーツが破損していなかったら、捨てずに保管しておくことをお勧めしたい。
今後の予備部品になるからだ。組み立て復元の際には、ゴム部品にダメージを与えず、金属部品との摺動性を高める、ラバーグリスを必ず利用しよう。一般グリスは固着するので利用不可だ。
ブレーキに関連した記事