ブレーキパッド交換時にはローターの摩耗も確認しよう。
ブレーキパッドの残量確認はブレーキメンテの第一歩です。ディスクブレーキはドラムブレーキと違ってパッドが摩耗してもレバーやペダルの遊びが変わらないので、パッドを直接目視で確認することが重要です。その際に一緒に見ておきたいのがブレーキローター。パッド素材との相性や使用環境によって、想像以上のダメージを受けていることもあるので要注意です。

ブレーキはパッドだけでなくローターも摩耗する。

新品時の半分近くまで摩耗すると、そこから先の減りが早いのがブレーキパッドだ。摩擦材がすべてなくなって裏板でローターを挟むと、ブレーキが利かないだけでなくローターが異常に摩耗して使い物にならなくなるので要注意。


季節や天候にかかわらずいつでも同じ利き具合やタッチが得られるよう、定期的にキャリパーピストンの揉み出しやフルード交換を行うことはブレーキにとって重要なメンテナンス項目です。

日頃からブレーキを意識していれば、いつの間にかパッドが摩滅してバックプレートでブレーキローターを挟んでしまう、最悪の「鉄板ブレーキ」も避けられます。

ブレーキパッドが摩耗する速度は、新品時とある程度減った状態では異なります。

パッドが減ってくると、バックプレートに貼り付けられた摩擦材の体積が減少することで受熱容量が少なくなり放熱量が落ちてより多く摩耗するようになります。

つまり新品時よりもある程度摩耗してからの方が減りの速度が上がるのです。

これを見逃して「まだ新品の半分ぐらいあるから、ここまでと同じ距離は走れるはず」とチェックを怠るといつの間にか摩耗限度ギリギリだったり、あるいはバックプレートでローターを挟む金属音で初めてパッドの摩滅を知ることになりかねないので要注意です。

そしてパッドの摩耗量と同時チェックしておきたいのが、ブレーキローターの摩耗です。

ローターにはステンレスや鋳鉄、カーボンなどの素材があり、市販車では雨天走行でも錆びず低温でも制動力が得られるステンレス製が使われています。

パッドとローターの関係を考えると、減るのはパッドだけでローターはずっと使えるはずと考えている人もすくなくありませんが、実際にはパッドと同じようにローターも摩耗します。

パッドの素材によって摩耗の度合いが変わることも。

ローターに対する攻撃性はパッドの材質によって異なる。一般的には、オーガニック系と呼ばれる樹脂成分を焼き固めたパッドは攻撃性が低く、焼結金属を用いたシンタード系は利きが良い分ローターを削りがちと言われている。


ローター摩耗の二大要素は、1.パッドとの相性、2.使用環境によるところが大きいです。

相性についてはパッドの材質と関係があり、樹脂素材を用いたオーガニック系よりも金属素材を用いたシンタード系の方が、ブレーキの利きは良いとされていますが、ローターへのダメージが大きいとされています。

また日常的に雨天走行を行うと、雨水と一緒に跳ね上げてブレーキローターに付着した砂利や路上の汚れを挟み付けてしまうため、晴天時しか乗らないバイクに比べてローターが傷つきやすくなります。

ブレーキパッドとローター同時に摩耗すると、摩耗した双方表面の凹凸の形状は一致します。

しかし新品のパッドの表面は平滑なので、摩耗したローターと接する面積が少なくな充分な制動力が得られなくなります。

また市販の社外品のパッドでは摩擦材の形状が若干異なる場合があり、ローターとの接触面積が充分に確保できないためにブレーキの利きが悪くなることがあります。

パッドが摩耗した時と同様に、摩耗したローターは放熱効率が低下するため制動熱を溜め込んでしまい、変形や穴あきローターの場合は亀裂を起こす場合もあります。

このため多くのローター表面には、使用限度を示す摩耗限度厚さが刻印されており、ノギスやマイクロメーターで測定した厚みがそれ以下になった場合、ローターを交換します。

ローター表面の凹凸は金属製の定規でチェック。

外縁部分の厚さではなく、実際のローターの寿命を判断するにはパッドが当たっている部分の厚みが重要だ。中心から外周に向けて金属製の定規を置いて、パッドの当たり面の凹凸を確認する。凹み部分の量を表裏で測定して、摩耗限度に達していたらローターを交換する。


ただ、パッドとローターの接触位置によっては、外周部の厚みは摩耗限度以下でも内側は多く減っている場合もあります。

さらにローター表面が波打つように摩耗していることもあるので、目で見てよく分からない時には金属製の定規を当てて確認すると良いでしょう。

レコード盤のような細い傷が入っている場合、雨天走行などでパッドとローターの間に砂利などが挟まった状態で走行を続けたことが考えられます。

ローター表面の水切り性を上げて雨天時の制動に有効な穴明きローターですが、傷を残さないためには雨天走行後にはローターの汚れを洗い流すことが有効です。

またフローティングタイプではない一枚もののソリッドローターであれば、内燃機屋さんで研磨することで表面の凹凸を平らにならすことができることもあるので、相談してみると良いでしょう。

ブレーキの定期チェック時にはパッドだけでなくローターの摩耗も確認する


パッドが摩耗すればローターもセットで摩耗する。
利きの良さを優先してローターへの攻撃性を許容するかライフの長さを考慮したパッドを選択するかはバイクの使い方やブレーキングの好みで決定しよう。

ブレーキに関連した記事