用途で厳選!ウェビックおすすめタナックスのシートバッグ4選
シートバック選びの正解はココにある!
日帰り、1泊、キャンプ、いろいろなツーリングスタイルがあるように、シートバックにもその用途に合わせて、いろいろな種類があります。
とはいえ莫大な数のシートバックが世の中には存在しており、正直何がいいのかわからない!
そこで、今回はシートバックマスターこと僕、nemo-Tが今までインプレッションしたシートバックを用途別にオススメしたいと思います!

シートバック選びのポイント

ツーリングシチュエーションと乗せる車両に注意



シートバック選びは単純に容量の多いものを選べばいいというわけではありません。
使用するシチュエーションにあわせてサイズ感を決め、積載する車両の状況も見極めて選ぶことが重要です。
キャンプに行くのに容量が少ない、日帰りなのに容量が大きいといったアンマッチは、バックの中で荷物が暴れたり、積載が不安定になりツーリングに集中できないなんてことも……。

車両で注意したいのがテールカウルに沿うくらいアップマフラーの車両。
その場合バックがマフラーに接触して溶けることもあるので、ハードタイプのシートバックやリアボックスのほうがいいということもあります。
また最近流行りののタンデムシートが小さいタイプの車両も注意が必要でしょう。

シートバックのメリットを活かせる製品を選ぼう



シートバックの特徴は取り外しが容易、ほとんどが汎用製品なので幅広い車種に取り付けが可能というメリットがあります。
例えばツーリング先の目的地でサクッと荷物を降ろしてワインディングを楽しんだり、メインバイクだけでなくサブバイクや乗り換えても使うなんてことも考えられますよね?
そういうときのために積載の簡単さ、幅広い車種で取り付けられる汎用性が重要になってきます。

また、必要な時だけ取り付けることができるので、愛車のスタイリングを崩さないというメリットもポイント!


まとめると……


シートバック選びのポイント

・用途に合わせたサイズを選ぼう
・積載する車両のシートやマフラー形状は要チェック
・取り付け、外しが簡単なものがオススメ
・幅広い車種に取り付けられるメリットを活かそう


以上を踏まえた上で実際に用途別にピッタリなシートバックをご紹介します↓

街乗り・日帰り・1泊ツーリングにオススメ

タナックス:シートシェルケース



最初にご紹介するのは、まるで金属のケースのような高級感が特徴のシートシェルケース。
シェルの名の通り、ふよふよした布バックというより、硬めのハードケースに近いバックになっています。
ハードタイプは無理やりな積載が難しい反面、荷姿が崩れないので個人的にはかなり好きなアイテムです。

容量25L通勤通学や普段使いにもピッタリのサイズ。

どれくらい入るかというと……

結構入ります。
この時はスクーターでキャンプに行ったのでそれ用のアイテムが入っていますが、普通のオンロードバイクの場合、1泊分の着替えなどを載せるのにちょうどいいでしょう。
また、街中で使用しても違和感ないデザインとサイズ感なので、「ちょっと今日は荷物多い!」なんて通勤通学のシチュエーションやお買い物にもバッチリ使えます。
僕はパンと牛乳を仕事帰りに買うために使いました。

持ち手もついてバイク用らしからぬデザインということもあって手持ちのバックとしても使えるというメリットもあります。
僕も個人的にこのバックを所有して使っていますが、車でキャンプに行くときの用品を入れたりと実はバイクに乗ってないときにも活躍してたり……。

取り付けはKシステムベルトというアイテムでシートにベルトのわっかを通して縛る。ベルトとバックのバックル部分を接続するだけの簡単2ステップ


まとめると……


オススメPOINT

・通勤・通学・ショートツーリングに使える絶妙なサイズ感
・シンプルでバイクを降りても使えるデザイン
・取り付けは超簡単な2ステップ
・ハードタイプで抜群の剛性感


▼もっと詳しいインプレッションはこちら▼


1泊2日~1週間のツーリングにオススメ

タナックス:フィールドシートバック



使用用途は泊まりツーリングだけ!しかも日数長めという方にはこのフィールドシートバックがぴったり。
定番で王道なこのシートバックは、バックの横部分が左右に広がることで+20L容量を増やすことができるんです。

この機能のおかげで荷物の少ない1泊~3泊程度のツーリング時はコンパクトな39L
キャンプツーリングなど荷物の多いときは拡張して59Lと幅広いツーリングにこれ一個で対応できるというわけです。

さらに、バック上部にも荷物を積める構造なので、工夫次第で59L以上の荷物も積載できます。


実際にスタッフも59Lモードでキャンプに行ってきましたが、これくらいは積めます↓


これだけ積めるとソロ用のテントとタープを使ったかなり豪華なキャンプもできます。

取り付けは、Kシステムベルトより複雑ですが、付属の4本のベルトをバイクに結び、そのベルトとバックのバックルを接続するだけ。
これも5分あれば余裕の積載でしょう。


日ごろからツーリングによく行くし、長期連休はキャンプや北海道に行くというツーリングライダーの方は一つ持っておくと、ツーリングの幅が広がりそうです。
そして、ほとんどのライダーはこれ一個持っておけばどんなツーリングでも大丈夫だと思います。
まとめると……


オススメPOINT

・1泊からキャンプまで対応できる可変容量システム
・バック上部にも荷物を積載可能
・取り付けは超簡単な2ステップ


フィールドシートバッグはこちら

▼もっと詳しいインプレッションはこちら▼


ロングツーリングやライトなキャンプツーリングにオススメ

タナックス:キャンピングシートバッグ 2



こちらもシートバックの大定番。
7日程度の超ロングツーリングやキャンプに使いたいのがこのキャンピングシートバックです。
もう名前にキャンピング入ってますからね。
そりゃキャンプにピッタリですよ。

機能面は基本的には先に紹介したフィールドシートバックのスケールアップ版となっているので用途で選んでしまっていいでしょう。

注目の容量は圧巻の59L!こちらも横方向への容量拡張機能がついているので75Lとかなり入ります。
フィールドシートバックの場合、バック上部に積むしかなかった荷物も中に積めるかもといったイメージですね。

↑59Lでもテントもマットもイスも積んでもこの余裕。

僕も、キャンピングシートバックで北海道へキャンプツーリングに行ったことがありますが、相当入るので、容量には不足を感じませんでした。
ただ、入りすぎるので、だんだん積載が雑になった思い出が……。まぁそれだけたくさん入るということです。お土産も持って帰れるレベルです。

積載の面では基本的にはフィールドシートバックと同じで4本のベルトを使用します。
なので簡単。ただ、重量が増えているのとサイズが大きくなっているので、シートの大きい車種との相性がいいでしょう。

まとめると……


オススメPOINT

・ロングツーリングとキャンプに対応できる最大容量75L
・バック上部にも荷物を積載可能
・取り付けは超簡単


キャンピングシートバッグ2はこちら

超大容量!リッチなキャンプツーリングや、日本一周にオススメ

タナックス:グランドシートバッグ



ハードなロングツーリングユーザーにオススメしたいのがこのグランドシートバック。
このシートバックはなんと、前代未聞のハードケースとソフトバックの2段重ね構造になっています。

ハードケースには、型崩れしたくないもの濡れたものなどを入れて、それ以外のすぐに取り出したいアイテムをソフトバックに入れたりといった荷物の整理がしやすくなっています。
整理整頓のしやすさというのは積載のしやすさにもつながるのでここはかなり高ポイント。

しかも、積載時はハードタイプが下になるので、バックが型崩れすることなく安定した積載が可能です。


そして容量は圧巻の70Lと圧倒的大容量!

例のごとくこのグランドシートバックも実際に使ってインプレッションしてみました。
その時の積載量がこちら↓

定番キャンプアイテムに加え、着替えの衣類もかなり持っていける。
寒暖差の激しいこれからの季節のキャンプにもピッタリ!

ここまで大きいとちょっと積載もそれなりに大変……なんてこともなく結構簡単です。
車体への装着は、付属のベルトと取り付けベースを使用します。
先に紹介しているバックたちより若干手間がありますが、十分簡単といえるでしょう。


グランドシートバッグはハードタイプのケースをベースにしていることもあり、デザインもかなりカッコいいです(主観)


まとめると……


オススメPOINT

・圧倒的大容量70L
・ハードケースとソフトケースの2段重ね構造が便利
・ハードケース採用で衝撃耐性高
・かっこいい


グランドシートバッグはこちら


▼もっと詳しいインプレッションはこちら▼


タナックスシートバッグ比較一覧

一口にシートバッグといっても、日常的に使えるものから、超ロングツーリング、キャンプツーリング向けまで、様々な種類があります。
シートバッグを選ぶときは、大きさだけでなく、実際の使用用途に合っているかもしっかり検討することが重要です!
Webikeでもその参考になるよう、実際に使用した上でのインプレッションを多数公開中!是非参考にしてみてください!

シートバッグコンテンツ一覧



 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車載バッグに関連した記事