走りがもっと上手くなる!?イージーグリップのタンクパッドをレポート!
「上手い」ライディングってどんなものでしょうか。
いろんな「上手い」があると思うのですが、theツーリングライダーの筆者なりの「上手い」は、「走る・曲がる・止まる」の基本を正しくこなせて、楽しく安全に走れることだと思っています。

その上手いライディングに欠かせない技術の一つが「ニーグリップ」

今回は「ニーグリップをもっと確実にしたい!」、それでいて「バイクの見た目も崩したくない!」という方に是非おすすめしたい、「ニーグリップサポート TANK GRIP PERFOMANCE」と、その流れを汲んだ新作「タンクガードフィルム Tank Paint Protection Kits」について、質感や色味などをレポートしていきます!

イージーグリップとは

イージーグリップ
イージーグリップは、タンクパッドをはじめメーターパネル保護フィルムなどのバイクパーツを製造しているイギリスのメーカーです。

hito.jpg
イージーグリップの製品は、イギリスの最高峰オンロードレースBSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)やWSBK(スーパーバイク世界選手権)に出場する多くのチームに採用されています。そのフィードバックが、レース向けからツーリングなどストリート向けまで、あらゆる製品に活かされています。


ちなみに、ウェビックがサポートしているプロチーム『Webikeチームノリックヤマハ』『T.Pro Innovation』にも採用されており、その実力は折り紙付きです!

イージーグリップの傑作「ニーグリップサポートTANK GRIP PERFOMANCE」

まず、イージーグリップの大ヒット商品「ニーグリップサポート TANK GRIP PERFOMANCE」(以下ニーグリップサポート)をご紹介します!

tank-grips-social-media-post.jpg
教習所で教官から「ニーグリップ大事!」と口酸っぱく指導された方も多いのではないでしょうか。
ニーグリップは加速やコーナリング、ブレーキングといった際に車体を安定させるために必要な技術です。
ただ、足でタンクをホールドし続けるのは結構疲れます。更にウェアの素材によっては、コーナリングで体重移動した際などにスリスリと滑ってしまい、タンクを上手くホールドできないことがあります。

ロゴ.jpg

「ニーグリップサポート」はその名の通り、バイクに貼り付けるだけでニーグリップがより効果的に、そして楽になります!
さらに、車種専用設計のため、たとえ複雑なカウル、タンクの形状であったとしても見た目を大きく崩すことはありません!

441d36c3db6ddf03c8d93bfa19b8b89fL.jpg

このニーグリップサポートには、好みや、用途に応じることができるよう、素材や形状の違いから大きく3つのタイプが用意されています!

DSC_1040-1.jpg

PRO(サーキット)タイプ

3つのタイプの中でもっとも人気が高いのがこのPROタイプ!
後述するEVOタイプと比較すると、突起が低く滑らかに、そしてびっしりと敷き詰められています。

DSC_1155.jpg
「サーキット」の文字通り、レースやジムカーナなど、コーナリングやブレーキング時に大きな負荷がかかる競技走行などで最も採用されているのはこのタイプ!
こちらもカラーはブラックとクリアの2種類から選べます!

DSC_1140.jpg

EVO(スタンダード)タイプ

3つのタイプの中ではもっとも高いグリップ性能を誇るのがEVOタイプです。
高いグリップ性能の秘密は、はっきりとわかるほどの大きなツブツブ!

DSC_1173.jpg
この突起がウェアをガッチリとつかむので、これを使えばコーナリング時のずり落ちとはもう無縁になるでしょう!
カラーはブラックとクリアから選択できます!

DSC_1162.jpg

SILICON(ストリート)タイプ

DSC_1184.jpg
このSILICON(以下シリコン)タイプは、この3タイプの中では唯一、目に見える凹凸はありません。
ニーグリップをもっと高めたいけど、PROタイプ、EVOタイプのツブツブ感がなんとなくニガテ……というユーザーの支持を集めています。
色はブラックのみ。光の当たり方によっては若干グレーに見えることがあります。

DSC_1179-1.jpg

これからの新常識?「タンクガードフィルム Tank Paint Protection Kits」

clear-tank-protection.jpg
スマートフォンの液晶に傷が入らないよう、またタッチ感を良くするために、保護フィルムを貼るという方は少なくないのではないでしょうか?
イージーグリップの新作「タンクガードフィルム Tank Paint Protection Kits」(以下タンクガードフィルム)は、スマートフォンの保護フィルムと同じような発想の商品です!

ニーグリップでグリップする箇所は、当然に都度ウェアと接触するため、二ーグリップが良くできているライダー程、擦れてキズがついてしまいます。 このタンクガードフィルムは、そんなキズからバイクを守ってくれます!

そして見ての通り、タンクガードフィルムは完全に透明

SCTP1.jpg
もうお気づきかもしれませんが、このタンクガードフィルムは先述したニーグリップサポートの形状を流用しているため、車種専用設計となっています!

バイクの見た目を崩さず、しっかりキズから守ってくれる究極のアイテムがこのタンクガードフィルムです!

触ってわかったレポート!

ここまで紹介してきたニーグリップサポートと、タンクガードフィルムはどちらとも、直接ライダーの身体に触れるパーツとなります。 当然、質感が気になるところ!

ニーグリップサポート:PROタイプ


DSC_1154.jpg
突起はEVOタイプと比較して低く、ウェアへの引っ掛かりを必要最低限にできるので、スムーズな体重移動が可能になります。
触れると見た目より硬い印象を受けます。表面を指で擦ると、突起が引っかかってよくグリップするのがわかります。

ニーグリップサポート:EVOタイプ

DSC_1169.jpg
しっかりとした突起が一定の間隔を空けて配置されています。この突起がガッチリとホールドする足に食い付き、絶大なグリップ力を生みます。表面の質感はPROタイプと比べると若干柔らかく感じます。

ニーグリップサポート:シリコンンタイプ

DSC_1192.jpg
先にPRO・EVOと比べると凹凸が無い分、見た目からしてグリップ感は少ないのかなと思いました。
しかし、実際はとても細かい粒子が隙間なく並びザラザラとしていて、しっかりとしたグリップ感を感じました!

タンクガードフィルム

DSC_1214.jpg
こちらはバイクの保護が目的なので、グリップ感はさほど感じません。
とはいっても、タンクの表面よりはグリップしてくれそう!

バイクにベストマッチなカラーを選ぼう!

ニーグリップサポート、タンクガードフィルムは、車種専用設計であり、見た目を大きく崩さないことも特徴の一つです。 タンクガードフィルムはクリアのみですが、ニーグリップサポートはブラックとクリア、そしてブラックのシリコンとカラーのラインナップがあり、できるならば愛車に最も似合うカラーを選んでほしい!

そこで、組み合わせの参考になればと、ウェビックのインプレッションに投稿いただいた、ユーザー皆様の画像をいくつか集めてみました!

12123.jpg
PROタイプ:ブラック × バイクカラー:グレー

3cb45c9ed59302b2819c545ff220e14fL.jpg
EVOタイプ:ブラック × バイクカラー:ブラック

無題.jpgシリコンタイプ:ブラック × バイクカラー:ホワイト

GSR.jpgPROタイプ:クリア × バイクカラー:ブルー

f44428d3b47998309f50a3ab1f051a84L.jpg
EVOタイプ:クリア × バイクカラー:オレンジ

1431331616324L.jpg
EVOタイプ:クリア × バイクカラー:レッド


もし愛車に合うものがなかったら……。

繰り返しているように、ここまでご紹介してきたイージーグリップの製品はどちらも車種専用設計です。
現在、ウェビックでは約300車種を超える車種に適合するニーグリップサポート、タンクガードフィルムを取り扱っています!

しかし、もしもあなたの愛車に適合するモノが無かったら……。

安心してください!
思いのままの形にカットできる、自作用のシートがあります!
下の画像は、インプレッションに投稿いただいたもので、ウェビックユーザーの方が実際に型を作って自作された例です! ニダボ.jpg かた.jpg
是非チャレンジしてみてください!


ここまでお付き合いありがとうございました!
この記事が参考になれば是非、探してみてください!
二ーグリップを極めた「上手い」ライディングで、より楽しく安全なバイクライフを!


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
外装に関連した記事