毎日使いたい!RSタイチのメッシュグローブは、色も握り心地も良かった!
結構アリな色だと思う

来るべき夏との対話を迎える準備はできましたか?
今年の夏もいよいよメッシュの季節がやってきましたね!個人的な話ですが、毎年メッシュグローブをこの時期に購入するようにしています。
理由は、毎日乗っているので臭くなるからです。特に今年はヘルメットの汚さを実感したので、新品にする気マンマンでした。

今回は僕がこの夏を共にするグローブのインプレッションを通して、バイク用グローブの探し方をご紹介。

選んだのはタイチのベロシティメッシュグローブ


今年選んだのはRSタイチのベロシティメッシュグローブ(ブラック/ゴールド)!
ブラック/ゴールド……。ゴールドというかブラウンだけどな!!
見た目的には、これまでのグローブと特段の違いはありません。
今回このグローブを選択した一番の理由。それがこの色です!

茶色っていいじゃない!


バイクウェアは、まだまだ白or黒に赤、青といった所謂ガンダム的なカラーリングが多いと思う。
やっぱりどこかレーシングで、街中で乗るには革のグローブを選びたくなる。そんな人に見ていただきたい!

茶色!土色!Brown!きなこ色!!

今までのグローブにない、いうなれば地味な色合いのグローブが出ました!
コレ、サンプルを見た瞬間から気になっていた!最高にいい色だと思います。


最近流行りのネオクラシック系のバイクや、ストリートバイク、そしてこれからさらに流行るであろう、VMXなど土の香りのするバイクにピッタリ!
僕のバイクはサビの香りが似合うバイクですが、それらにもピッタリのカラーです。

ヘルメットのデザインがネオクラシック寄りになっているようにウェアに関しても徐々にスポーティからオーセンティックに変わっているのが最近の傾向。

プロテクターはハードかソフトかどっちにするか


手の甲に当たる部分のプロテクター素材と言えば樹脂が一般的ですがコイツはカーボンです。
カーボン柄じゃなくてカーボン。このカーボンが合成皮革の隙間から見えているというデザインです。

幸いなことに?この手の甲のプロテクターに助けてもらったことはありませんが、デザインの面で、ちょっと高級感のあるカーボン素材を選んでみました。

ハードタイプだと、手の動きが阻害されるという懸念もありますが、このグローブの場合、拳部分とうまくフィットするので、特段意識するような違和感はありません。
安物だと本当にプロテクターの違和感を感じるので、その点では価格相応の満足感があります。


過去にソフトタイプを使っていたこともありますが、ソフトはソフトでメリットがあります。
それが、曲げることができる点。ちょっとポケットにしまう際やスクーターの小物入れに差し込むこともできるのでそこがハードとの違い。

防御の面で考えると一見ハードのほうが優れているように感じますが、ハードタイプは事故の際の想定外の力で砕けたり、曲がって腕を負傷させる可能性もなきにしもあらずです。
レーシンググローブでもハードのプロテクターを採用しないブランドがあるのは、そういったプロテクションへの考え方の違いです。

話がそれましたが、公道においてはお好みで選んでいただいて良いと思います!

スマホタッチもついてる


ちょっとしたスマホ操作に役立つスマホタッチ機能もタイチの多くのグローブにはあります。
もちろん僕の買ったグローブにも(ドヤァ)

しっかり触りたいときには、グローブを外してしまいますが、できる上でやらないのとできないとでは天と地ほどの差がある!

今回2種類のグローブでタッチの感触を確かめたところ結果は、可もなく不可もなくでした。50回に1回、角度の問題でタッチできないかもというくらいです。不満はない。
ただやはり、文字をフリック入力する等、精密な動作には向きません。グローブだからしかたないね。



気になる握り心地は


かなり好感触でした。
と、言っても革新的な感動はないので、いつも通り安心のタイチクオリティです。


グローブの形状を最初からグリップを握ったときの形状にあわせているがバイク用グローブのポイントです。
形状から握りやすくすることで、コントロール性や操作が高まるだけでなく、握る行為にかける腕の力も少なくて済むので長距離ライディング時に効果が出ます。
今回もおかげさまで、手の内側に生地が余ることもなく、変に甲が突っ張ることもなく、自然な感覚でグリップを握ることができました。

縫製も、合格点でしょう。
指の先の縫製が雑なグローブだと、余った生地が指に当たることがありますが、タイチのグローブは大丈夫でした。

涼しさと耐久性は引き換えかもしれない


涼しさに関してはメッシュの面積が広ければ広いほど、空気が通るので涼しいです。
素手レベルで涼しいけど防御力を感じられるというイメージ。
主観ですが、タイチのメッシュは、メッシュ面積が少な目か、メッシュの目が細かいという印象があります。
防御を考えるとこれくらいのメッシュ感でしっかりしたグローブのほうがいいですね!

しかし、毎日通勤で使用していて感じるのが、やはりメッシュの耐久性は非メッシュに劣るのではないかということ。
3シーズングローブが1.5年に1回買い替えなところ、僕はメッシュグローブを1年に1回買い替えています。
丁寧に使えばもっともつのでしょうけど、メッシュの部分から裂けたりと長持ちはしない印象。

でも、毎年大量の汗が染み込んでいると考えると年一で買い替えるくらいの気持ちでいる方が清潔感ありますよね?……ありますよね!!


関連キーワード
アパレルに関連した記事