カフェレーサー化のベース車両におすすめな250ccバイクはコレだ!【TOP5】

カスタムバイク業界でも特に長い歴史を持つ概念にカフェレーサーと言う文化があります。
原付でも大型バイクでも排気量に関係なく、イカしたバイクが作れる。それがカフェレーサー。
大型バイクのカスタムは車検が心配。原付は小さすぎる。
そんな皆さんにはお手軽250ccカフェカスタムを提案します。

そもそもカフェレーサーってなんだ

結論から申し上げますと……明確な定義はありません!
そもそもカフェレーサーと言う概念は1960年代にイギリスのロッカーズ達が速く走るために自分のバイクを改造していったのが始まりと言われています。 そこに定義なんてものがあるわけが無いのです。 ただし、国内・海外を含め世界中のカフェレーサーファンがカスタムしているバイクには大まかな特徴があります。

特徴1:セパレートハンドルorロータイプのバーハンドル


カフェレーサーカスタムをする上でセパハンは外せません。
特にトップブリッジより下にクランプするのが美しいのです。
私にも競うようにしてクランプ位置を下げていた時代がありました……。いわゆる土下座ポジションでした(笑)
カッコいい位置と乗りやすいポジションの絶妙なバランスを狙いましょう。
ただし、絞りすぎるとフルロック時にタンクに干渉する危険もありますので、何事もほどほどに。それでも絞りたい方はハンドルストッパーを加工して切れ角を制限するか、タンクを叩いて抉り加工してましょう。
加工はしたくないけどもっと下げたい!
そんな場合はスワローハンドルやコンチハンを逆付けするスタイルもアリです。
ハンドルがより遠くになりやすいので、体の大きな方やポジションが窮屈な場合にも有効です。

特徴2:バックステップ


ハンドルとステップはセットでの交換がおすすめ!
セパレートハンドルにミディアム気味なノーマルステップを合わせると、それはそれはドエライポジションになります(経験済み)。
見た目もさることながら、社外のバックステップは調整機構が多くバック×アップ量やシフトペダルのレバー比なんかも変えられるものもありますよ。

ただし、この後に紹介するGB250クラブマンはノーマル状態でもそこそこバックステップなので後回しでも良いかもしれません。

特徴3:シングルシート/セミロングシート


極めるのであれば小ぶりなシートカウルが付いたシングルシートがおすすめ。
乗車定員や積載性が損なわれるので、そう言ったことを避けたい場合はセミロングシート(短めの二人乗り用)を探してみても良いかもしれません。
シートレールをループフレーム化するなど、大胆な加工をする技術・設備・勇気(大切です)があれば、シートカウルレスのシングルシートにチャレンジしてみてください!

反対になぜシートカウル付きを推すのかというと、フレーム加工をしない場合でも、余ったシートレールや諸々のステーたちを隠しやすいからという意図もあります。

特徴4:水平感!←コレ大事


これが一番大切だと言っても良いでしょう。
フレームやシートレールを加工しないでカスタムすると水平感が意外と鬼門になりがちです。
ガソリンタンクの底面や塗装のラインとシートの底面が水平に続いていくようなスタイルが一番カッコいいとされています。
ノーマル状態でタンクが後ろ下がり気味になっている車両も多いので、カラー等を追加して後ろを少しだけ浮かせてあげるのもテクニックです。
関連キーワード
車種に関連した記事
外装,足回りに関連した記事