丁寧すぎる対応と安心の国内修理!B+COMのサポート体制を徹底チェック!!

これまでB+COMの特徴実際の使用方法を様々な視点から紹介し、インカムを買うならB+COMかなぁ……と思っている方も多いはず。
今回はさらに購買欲をそそるべく、“充実の保証対応”“安心のサポート体制”について紹介していきます!

B+COMってどこが壊れるの?

いきなり壊れる前提で恐縮ですが、機械たるものどうしても故障は避けられません。
今回はウェビック独自で故障原因の比率を調査しました!

およそ半数近くを占めたのが音声関連にまつわる故障や不具合。
通話や音楽というインカム機能の生命線にトラブルが発生するのは、大きすぎる痛手ですよね。
また、電源関連のトラブルもかなりの割合を占める結果に。
その中でも特に原因になりうるのは充電端子の接触不良やバッテリー消耗でした。

これって故障?まずは電話やメールで聞いてみよう!

先ほどの故障のグラフを見て「確かに最近調子悪いな……」と思った方も居るかと思いますが、いきなり修理に出す前に一旦ストップ。
サインハウスでは、電話とメールで修理や本体の操作に関する相談を受け付けています!

→電話・メールで問い合わせする(外部サイトへ移動します)

実際に電話で相談してみた

現在筆者が使用しているB+COMの充電が幸いにも(?)うまくいかなかったので実際に電話してみることに。
最初に確認されるのは
  • 使用しているモデル
  • 使用期間
  • 実際の使用環境
の3つ。あらかじめ伝えられるようにしておくと話がスムーズに進みます。
電話の際には実際に相手も同じ機種を使って操作を再現してくれるので、状況を伝えやすいのも大きなメリットですね。
実際にアドバイスを頂いた結果、修理の前に手元でできる対処法は
  1. 差すコンセントを変えたりUSBチャージャーを変えてみる(ケーブルは純正を推奨しています)
  2. PCのUSBポートから充電している場合は、コンセント式やバッテリー式充電器に変えてみる(供給電圧が低い可能性があるため)
  3. B+COM本体を最新のバージョンにアップデートする
  4. オールリセットを行う

    ■B+COM SB6X/ONE/SB5X/SB4X/SB4Xliteのオールリセット
    電源OFF状態からB+COM1ボタン、B+COM2ボタン、デバイスボタンを同時に3秒間長押し
    →LEDが赤+青色の同時点灯したら、リセット完了

    ■B+COM MUSICのオールリセット
    電源をオンにした状態(他機器と未接続状態)で、ダイヤルを上に回し続けたまま5秒間固定
    →LEDが1秒間点灯したら完了

    ※メーカーサイトより記載

の3つを教えていただきました。それでも直らなければ修理に出しましょう。

※サインハウス製品の保証期間は1年ですが期間を過ぎても修理は可能です!
→詳しくはこちら(外部サイトへ移動します)

こんなことまで聞いてみた

今回は故障に関する相談の他に他社インカムとのペアリングについても聞いてみました。
その際にも、B+COM側の操作方法、それ以外のインカムの操作方法を一つ一つ丁寧に教えて頂きまさしくサインハウスの“神対応”を実感できました!
(ちなみに通話時間58分でした。お忙しい中ありがとうございます!)
また、ペアリングに限らず、B+COMの操作方法や仕様の些細な疑問や、サインハウスが扱うその他商品の情報など聞いてほしいとのことでした!

実際のカスタマーサービスの様子。実機を使って適切にサポートを頂けます!

よくある質問をチェック!(外部サイトへ移動します)

修理したい……でも金額が不安なあなたに!

電話やメールで問題が解決したらラッキーですがどうやら修理が必要そうな場合、まず気になるのは金額だと思います。
また、電話やメールがすぐできない方でも24時間365日確認できるのが“オンライン見積もりシミュレーター”です。
こちらを利用すると今使っているB+COMの症状と照らし合わせて概算の修理金額が瞬時に分かります!

※シミュレーターの結果はあくまで目安となります。状況により、実際の結果は異なります。

実際に見積もりしてみた

今回試してみる見積もりはバッテリー交換です。
実際の手順を画像で説明していきます。

結果としてはおよそ税込6,050円。目安でも分かるのは嬉しいですね。

→見積もりシミュレーターはこちら(外部サイトへ移動します)

ここまでやるかB+COM!な修理対応

実際にB+COMを修理に出した際どこまで見てくれるのか?
今回はサインハウスの修理対応の全容を一挙公開していきます!

どんなに小さな故障でも全部見ます

例えば内蔵のバッテリーが原因でうまく充電が出来なくなり、修理に出したとします。
普通はバッテリーを新品にして終了……ですがサインハウスはここで終わりません。
なんと本体にまつわる故障修理の際は全て分解してチェックを行っています!
全部チェックしてくれるのでこれから長く使用していく際にも安心ですね。
また、スピーカーやマイクなどの周辺機器も同時に発送すればチェックして頂けます!

実際の修理風景。一つ一つ丁寧に手作業で行っています。

豊富なパーツストック

輸入インカムなどにありがちな問題として部品が国内にないので直せない、莫大な納期がかかる、といった問題があります。
サインハウスでは常にB+COMを修理できるようにパーツを大量ストックしているので瞬時に対応して頂けます!

上の写真にもある通り、外装やバッテリーは切らさないように常時在庫しています。

修理に出したらいつ戻ってくるの?

B+COM修理に関してサインハウスは通常1週間から10日の納期を設定しています。
これでも十分早いのですが、例えば大事なツーリングまで1週間を切っている……
といった場合でもタイミングによってはもっと早く修理可能なケースもあります!
その際は是非サインハウスに相談してみましょう!

※状況や時期により納期は異なります。

家でアップデートする環境がない……

B+COM同士でペアリングする際、中身のバージョンが異なるとペアリングができないケースがあります。
そもそもB+COMをアップデートする際にはPC版「B+COM U」を利用する必要があります。
しかし、対応OSはWindows版のみなので家にMacしかなかったりそもそもパソコンがない方はどうすればいいのでしょうか?
答えは簡単、B+COMをサインハウスに送るだけ。
料金は往復送料代のみでアップデート代行料はなんと無料。常に最新のB+COMを使い続けることができます!
なお、最新バージョンがリリースされた直後は依頼が殺到するそうです。

→アップデート代行について詳しく確認する(外部サイトへ移動します)

→PC版「B+COM U」のインストールはこちら(外部サイトへ移動します)

実際の修理風景を動画でチェック!

今回はB+COMがどのように修理されている様子とサポートに対する熱意を動画でもご紹介!是非ご覧ください!

まとめ

今回の記事を書くにあたり、B+COMを実際に使用したりサインハウスの方とお話を進めていきました。
その中で特に思ったことは3つ。

  • 日本国内修理&サポートの安心感が強すぎる
  • 部品ストックの量が半端ない
  • カスタマーサービスが神対応

インカムシェアNO.1の称号は伊達ではないということを実感できました!
また、サインハウスのスタッフの多くは我々と同じバイク乗りということでした。
同じライダーだからこそ気持ちに寄り添ったサポートができるのだと感じました!
これからインカム購入しようとしている方は勿論、買い替えを検討されている方も“B+COM”をオススメします!!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
電子機器に関連した記事