キャンプ初心者がシングルバーナーを買ってみた【選び方も解説!】

こんにちは。naoです。

最近キャンプツーリングブームですよね。
なんでも自由にキャンプするために山を買う人もいるとか。

僕はインドア派なので、キャンプ経験はほぼありません。
でも、仕事の疲れを自然の中で癒す。
そんな休日ちょっと憧れます。

キャンパーになりたくても右も左も分からないため、社内のキャンプ好きに教えを乞うことにしました。

キャンパーへの第一歩はどこから?

ということで、キャンプについて教えてくれる先生を用意しました。
金曜の午後になるとキャンプに行きた過ぎて小刻みに震えている、ウェビマガライターのnemo-Tとけんじぃです。

nemo-T
そんなわけないだろ
けんじぃ
わたしです。

お二方、キャンパーになるにはまずは何をすればいいのでしょうか?

けんじぃ
簡単です。バーナーを買いましょう。
nemo-T
極端な思想

バーナーですか?

けんじぃ
ストーブとも呼ばれる、アウトドア用のコンロのことですね。
LPガスやホワイトガソリンなどの燃料を使用します。

テントや寝袋ではなくバーナーですか?

けんじぃ
バーナーです。
バーナーはカッコイイので気分が上がります。
そして色々燃やせます。

バーナー買います。

nemo-T
ヤバイやつとヤバいやつの弟子?

キャンプ用バーナー(ストーブ)について調べてみました。


バーナーを買うにあたり、いろいろ調べてみました。
まずはバーナーの種類(燃料やタイプなど)

燃料の種類は大きく2つ『LPガス』か『ホワイトガソリン』

まずは使用する燃料が大きく分けて二種類あります。
『ホワイトガソリン』『LPガス』それぞれの特徴やメリットとデメリットをご紹介します。

LPガスは手軽に使えて初心者にオススメ

LPガスは家庭用のカセットコンロなどにも使用される、液体化したガスのことです。
ガスが充填された交換式カートリッジを購入し使用します。
手軽に使えて利便性が高いですが、モノによっては気温が低いと火力が落ちる場合があります。


・LPガスのメリット
  • 手間が無く手軽に使用できる。
  • 保管が楽でコンパクトに収納できる
  • ホームセンターなどでも入手できる

・LPガスのデメリット
  • 火力が気温の影響を受けやすい。
  • ホワイトガソリンに比べ燃料コストは高い

nemo-T
冬キャンプをする場合は『寒冷地用』の缶を選ぶと安心ですよ。

LPガスカートリッジは『OD缶』と『CB缶』の2種類あり!

・OD缶(OutDoor缶)
アウトドアで良く見かける特徴的なフォルムをした『OD缶』
気温が低くても、火力を保てる構造になっています。
また、ランタンなどほかのギアと共有しやすいのもメリットです。
『CB缶』と比較し、スーパーなどでは入手が困難で価格も高価(1缶/500円程度~)になります。

けんじぃ
コンパクトでクッカーの中に入れられたり、収納しやすいのも魅力です。

・CB缶(Cassette Bombe缶)
家庭用のガスコンロでも使用する『CB缶』
コンビニでも手に入る気軽さと、安価(3本/500円程度~)で購入できます。
しかしながら、一般的に火力が気温の変化を受けやすく、ランタンなど他ギアとの共有もイマイチです。
※専用ボンベ指定があるバーナーもあります。

ホワイトガソリンは強い火力とコスパの良さが魅力


精製したガソリンである『ホワイトガソリン』は、火力が強く安価(1L/1000円程度~)なのが魅力です。 しかしながら、ホワイトガソリン式バーナーを使用する場合には、タンク内に圧力をかけるポンピング作業が必要なため、使用するのにコツと手間がかかります。 また、揮発性が高いので保管する際は注意が必要です。


・ホワイトガソリンのメリット
  • 燃料代がLPガスの約40%程とコスパが良い
  • 寒冷地や風が強くても安定した火力を得られる

・ホワイトガソリンのデメリット
  • ポンピング作業が必要など手間がかかる
  • 残った燃料の保管など安全面で注意必要

けんじぃ
ポンピングの手間も慣れれば『キャンプ来たぞ』感があり良いものです。

ガスバーナー選び『一体型』と『分離型』

つづいてはガスバーナー本体のタイプ選びです。

・一体型
カートリッジが台座になるので、コンパクトになります。
荷物を軽くできるため、登山などの用途にも向いています。
用途としては、一人用の調理がメインとなるでしょう。


・分離型
ガス管からゴトクが分離しており、重い鍋やフライパンを使う場合でも安定感があります。
ゴトクの大きいタイプを選べば、複数人分の調理もOKです。

自分にピッタリのバーナーはどれ?

燃料の種類、バーナーのタイプについては分かりましたが……。
自分にはどのタイプが向いているのだろうか。
簡単な表にしてみました。

バーナー選び早見表

LPガス/一体型使用人数:一人向け
用途:簡単な調理やお湯を沸かすのがメイン
難易度:初心者~
LPガス/分離型使用人数:複数人向け
用途:重い鍋やフライパンを使用する調理など
難易度:初心者~
ホワイトガソリン/一体型使用人数:一人向け
用途:安定した火力での調理や寒冷下での使用
難易度:中級者~
ホワイトガソリン/分離型使用人数:複数人向け
用途:本格的な料理をしたい
難易度:中級者~

自分の場合だと、『使用人数一人、簡単な調理』だから……

けんじぃ
LPガス/一体型がオススメじゃぞい!
nemo-T
バーナー仙人?

はじめてのシングルバーナー買ってみた!

いざ買うとなると、色々なブランドがあり目移りしてしまいますが、今回僕が選んだのはこれ!

SOTO[ソト] |AMICUS[アミカス] ¥5,280(税込)



かっ……

かっこい~~

そしてめちゃコンパクト!

nemo-T
SOTOは1978年創業のガス器具メーカー『新富士バーナー』のアウトドアブランドです。
全ての作業工程を日本の自社工場で行っており、信頼性に定評があります。
『Outdoor Industry Award』という海外の権威ある賞も受賞してますね。
けんじぃ
エントリーには間違いないチョイスです。


初めてのシングルバーナー着火の儀

まずはガスボンベにバーナーを装着。

ねじ式なので簡単です。



ガス栓を半分ほど開けて……。

シュー

赤いボタンをカチッ

シュッボーォォォォォ



優勝!

家庭用のコンロとは炎の勢いが違います。

本気のゴンさんの頭髪並みです。

取り扱いも簡単で青い炎が美しい。

けんじぃ
優勝です。
nemo-T
優勝です。


キャンプ道具選びは楽しいものよ

はじめてのバーナー選びということで、最初はよく分かりませんでしたが、調べていくうちにどんどん楽しくなってきました。 やっぱり、アウトドア用品って男心をくすぐるものが多いですね。

次回は調理器具を用意して、実際に料理をしてみようと思うのでお楽しみに!

ヤー!

ハッ(笑顔)

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
キャンプに関連した記事