バイクウェアのサイズってちゃんと選んでますか?大きすぎるライジャケに潜むデメリット
大は小を兼ねない。

服選びにおいてサイズ感というのは、多くの人にとって悩みです。
皆さんも、買った服が小さくて入らない!大きくてダボダボ、ブカブカ!なんて経験があると思います。僕も、昔買った服を最近着たらきつくなってた。オッカシーナー。

ライディングウェアの場合も同じで、極端に大きなサイズを選んでしまうと実はいろいろ不都合が起きます。
せっかく買うバイクウェアでガッカリしないためにも、バイクウェア選びで覚えておきたいコツ、教えます!

ピッタリのサイズを選ぶことで、ライディングの快適性はもちろん、カッコよさ、安全性も上がる!この夏はピッタリサイズのイケてるバイク乗りを目指そう!

オーバーサイズのデメリット

大きすぎるウェアの問題点。
大は小を兼ねる理論。着られるからいいかと見逃しがちな大きい方向のサイズですが、実は着られる分、気をつけなくてはいけません。

走行風でバタつく


ライディングウェアと普通のウェアの大きな違い。それはプロテクターが入っていること……だけじゃありません。
もう1つ大きな違いが、ウェアがライディング姿勢にあわせた形状になっているという点です。
そのおかげで、走行時に裾や手首周りが露出しない。そして、バタつきにくいというメリットがあります。

もし自分の適性サイズ以上のサイズを選ぶと、ウェアの生地があらゆる箇所で余ってしまうので、風の抵抗になってバタついてしまうのです。
ライダーにとって風の影響は想像以上に大きく、特にロングツーリングでは走行後の疲労感に大きな差が出ます。


プロテクター位置がずれる


ウェアに装備されているプロテクターが最大限効果を発揮できるかは、ウェアとライダーのピッタリ度合いに左右されます。
緩い・大きいウェアを着用している場合、ウェアとライダーの間にゆとりができるため、プロテクターが正しい位置にならないことがあります。
そうなると、万が一の事故の際に本来守るべき部位をプロテクターがカバーできない可能性も。

カッコ悪い


残念ながら、オーバーサイズのライディングウェアがかっこよく見えることは、なかなかありません。

せっかくカッコいいバイクに乗っているのにライダーがダボっとしたウェアを着ているとそれだけで魅力半減です。
安全性や機能性で選んだとしても、やっぱりバイク乗りたるものウェアもカッコよく着こなしたいですね!

サイズを選ぶ際に気をつけるポイント

サイズを選ぶにあたって気を付けるポイントはいくつかありますが、その中で特に覚えておいてほしいこと、気を付けたいポイントは3つ。

ブランドごとに微妙にサイズが違う


ライディングウェアに限らずですが、実は同じサイズ表記でもブランドによってサイズ感に微妙な違いがあります。
同じLサイズでも小さいと感じる物、大きいと感じる物があるのはこれが原因です。
代表的なのが、クシタニは少し大きめのサイズがぴったりという選び方です。

このブランドごとの違いを知っていると、「あのブランドはMだからこのブランドではLだろう」という選び方ができるようになってきます。
サイズを選ぶ際はまずブランドごとの違いを知るというのが大切です。

バイクに乗ったときの姿勢をイメージしよう


前述の通り、ライディングウェアはバイクに乗った姿勢で最もフィットする形状に作られています。
具体的には、ライディング時の腕を伸ばす動きに合わせて袖丈は長く、前傾姿勢の時に腰が出ないように着丈は後ろが長くなっています。
レーシーなウェアだと前傾時を考えて前側の着丈が若干短めに作られてたり。

そのため、選ぶ際は立ち姿勢で着た時のフィット感より、実際のライディング姿勢をイメージして選ぶことが重要です。

ピッタリとピッチリは違う


ピッタリのサイズは必ずしもピッチリではありません。
ライディングのスタイルを思い浮かべるとわかりやすいですね。
スポーティーなジャケットはライディングそのものに特化しているので、体のラインに沿った言うなればツナギに近い感じ。
街乗りとちょっとしたツーリングに向くパーカータイプはポケットも増え、若干ゆとりがあります。
アドベンチャー向けのジャケットは、旅に特化しているので、収納やインナー機能が充実していて着丈も長め。
このようにライディングシーンに応じてピッタリの感覚は異なります。

もしも、ゆとりを求める場合は、思い切ってツーリング寄りのジャケットにすると快適に過ごせるでしょう。

ピッタリのサイズを探すには

では、ピッタリのバイクウェアを探すにはどうすればいいのか。
おすすめする方法は2つ!

とにかく試着する

やはりウェアの着用感というのは、実際に着てみるのが一番ベスト!
全国各地にある、クシタニ、タイチのショップなどで色々試着しましょう。
その際、Webikeアプリがあればバーコードを読み取るだけで、Webikeの価格情報や在庫情報がわかっちゃいます!
しかも今ならアプリのバーコード商品検索をして購入いただいた商品は全品+5%ポイント還元実施中!


アパレルベストマッチを使う


用品店が近くにない!自宅にいながら大体のサイズ感を知りたいということであればアパレルベストマッチがオススメ!
身長・体重・体型を入力してブランドを選ぶだけで、簡単にオススメのサイズを診断できます。

スタッフの簡単なインプレッションも見られるので、夏のライディングウェアの参考に是非使ってみてください!



もしも、万が一、購入したサイズが合わなくても、Webikeのバイクウェアは諸条件を満たせば30日間返品可能なので安心。
返品サービスの詳細はこちら

Webikeの商品ページを見る


Webikeの掲載商品の中には、スタッフが実際に着用した際のインプレッション画像が入っている商品があります。
立ち姿勢での着用感とライディング時の着用感、そして着た瞬間の生のコメントが入っているので、これを参考にすればどのサイズがベストマッチなのかわかる……はず!!

サイズ着用感コメントが入っている商品の目印はこの下のアイコンが入っている商品です。

せっかくウェアを買うならピッタリサイズを!

ピッタリサイズで最も効果を発揮するライディングウェア。
今年の夏は、あなたにベストマッチのサイズのジャケットで快適なツーリングライフを!
関連キーワード
アパレルに関連した記事