バイク用夏グローブのおすすめタイプと正しい選び方講座
夏!グっとくるSummer!!バイク乗り的にはバイクが最も楽しい時期ですが、同時に年々暑くなる気候のおかげで過酷な時期でもあります。
冬に比べ、薄着・軽装備になりがちな夏ですが安全性を捨てると万が一の時にとんでもないことに……。特にグローブはちょっとコンビニまで、というシーンで外してしまう人も多いと思います。

そこで!過酷な夏でも楽しく乗るために欠かせない夏ウェアの選び方特集、今回は夏のグローブについてです!
ちゃんとした夏グローブを使うと意外と素手より涼しい!

そもそも夏にグローブっている?

夏の日常生活においてグローブを使うということは殆ど無いと思います。
では何故バイクは夏でもグローブが必要なのか。
それは、バイク特有のリスク、転倒・事故の時に手というのは真っ先に地面に接触する。そのため最もケガをしやすいからなんですね。
たしかに、普通に生活していても転びそうな時反射的に手が出ます。高速で走行するバイクの場合ケガも大きくなりがちでその後の日常生活に大きく影響します。
軽い転倒で手をけがして夏を楽しめないなんてツラすぎますよね。

もう一個夏でもグローブが必需品な理由に直射日光を避けられるというのがあります。
夏の街中で日陰って涼しいですよね。日光を遮り、風で熱が循環する日陰は一説には約6度体感温度が下がると言われています。
それと同じで直射日光を避けられて通気性優れたグローブは人為的に日陰と同じ状況を作り出せるので実は涼しいんです。

さて、操作性の話をすると素手のほうがダイレクトに操作できるので良いと思っている人がいますが大きな間違いです。 バイク用グローブは、グリップを握ることを考えて手のひらには滑りにくい素材が採用されていたり、ウィンカーへ指が伸ばしやすいような形状だったりと、設計が完全にバイク用になっています。
「ちゃんとしたバイク用グローブ」を使えば操作性が落ちるなんてことはほぼありません。むしろ上がります。

普通の手袋じゃダメなの?


夏でもグローブが必要というのはわかっていただけたかと思いますが、「それってバイク用じゃないといけないの?」……もちろん、バイク用がおすすめです!

一般的なグローブは握り続けるということをメインに考えていないので、テーブルに置いた際の形状が平らです。対して、バイク用のグローブは常にグリップを握るために最初から内側に向かってカーブしているのが特徴です。
これはメーカーによって製法は様々ですが、素材を立体裁断しているグローブほど握りやすいモデルが多い傾向です。

夏用グローブではそこまで実感できないかもしれませんが冬にスノボのグローブとバイク用を比較すると、その握りやすさの違いに驚くことになります。

握りやすい形状は、操作性を高めるだけでなく、腕の動きや力配分の適正化につながるので、長距離のツーリングで大きな差が発生します。


夏が快適になるグローブってなに?

グローブが必要な理由で説明した通り、夏グローブは防御力と通気性がキーになります。
ここでは夏を快適に過ごすためにオススメしたいグローブのタイプをみなさんにレクチャーしちゃいますよ!

メッシュグローブ


メッシュグローブとは

夏は黙って、メッシュグローブ!
その名の通りメッシュ生地を採用したグローブで、夏のグローブ選びで絶対に間違いないグローブです。
通気性に優れているので走行中は風を取り入れて普通のグローブだと、こもってしまう熱気を常に換気!
そもそも、風がダイレクトに通り抜けるのでめっちゃ涼しい。

メッシュといっても手のひら部分は通常の生地を使用している物が多いので転倒時の防御力も安心出来るレベルです。

夏グローブ選びメッシュタイプを選ぶと間違いなし!

長所・メッシュ生地なので風通しが良く、真夏にバイクを乗るのならオススメ!

・バイク用なのでプロテクターが付属されているものが多い!

・“夏らしくホワイトやブルーといった視覚的に涼しいモデル多し!
短所・涼しすぎて春秋と長いトンネルなど日陰は寒いかも。

・メッシュなので防水/撥水性はない。

・↑な理由で雨に弱い。


レザーメッシュグローブ


レザーメッシュグローブとは

メッシュグローブは通常ナイロン生地で作られたものが殆どですが中には革にメッシュ状の穴を開けたモデルも存在します。
単純な涼しさで比較するとナイロンのメッシュグローブの方が優れていますが、防御力は革の方が優れている場合が殆どです。
そして何より、革には味わいがあります!

とくに最近はネオクラシックなバイクが人気なので、そういったヘリテージなバイクにも似合いやすいというのが大きなポイント!

革製品なので今年の夏が終わっても来年の夏以降長く使える物が多いので革製品を育てるという楽しみもあります。

長所・パンチングメッシュで普通のレザーより涼しい

・シンプルなデザインが多くバイクアパレル感がすくなめ

・レザー製品なので長く育てる使い方が出来る製品多し!
短所・ナイロンメッシュグローブには涼しさで劣る

・革によっては雨天時に使えない。

・↑な理由で雨に弱い。


オフロードグローブ


オフロードグローブとは

オフロード走行に使用するためのグローブなんですが、夏適正は結構高めです。
もともと、山やオフロードコースを激しく走る環境で使うことを想定されているので、動きやすく、汗やライダーの熱対策のために通気性や吸水性を重視した素材が使われています。

また、転倒当たり前の競技なので、手のひら側に補強がされているモデルが多いのも特徴です

意外とコストパフォーマンスに優れるモデルも多いので軽めのグローブがほしいなら検討する価値アリです!

長所・動きやすく薄いのでグリップしやすい

・通気性が高く真夏でも涼しい

・手のひら側に補強が施されている。
短所・手の甲側のプロテクションはナシかソフト。

・耐久性は低い。

・防水性はない!が早く乾く。



3シーズングローブ


3シーズングローブとは

春夏秋と3シーズン着用できるモデルですが、メッシュ生地ではないので正直、真夏は厳しいんじゃないかなというのが3シーズングローブ。
ただ、メッシュグローブでは寒さを感じる冬よりの春や秋に使うグローブとしてはもってこいです。

一番オーソドックスなグローブではあるので真冬真夏の尖った気候では厳しいですが、一組持っておくと何かと役に立つ基本のグローブです。

僕の考える1年の最強布陣としては冬は電熱グローブ、春秋は3シーズングローブ、夏はメッシュグローブの使い分けが最強です!

長所・春・秋や涼しい夜など幅広い時期で使える!

・メッシュじゃないので防水撥水モデルもある

・1着でいろいろ活躍できる汎用性
短所・真夏は暑いかも!

・真冬も寒い!



レザーグローブ


レザーグローブとは

動物の革で作られたグローブですが、こちらも真夏は厳しいでしょう。
活躍するシチュエーションとしては春や秋の寒くもなく暑くもない時期。3シーズンと同じ時期での使用がおすすめ。

レザー特有のメリットとして、革の経年変化によって使うほどに自分の手になじむ、所謂『育てる』という楽しみ方が出来るのが大きな特徴です。
また、クシタニのグローブなどはナイロン製と違い多少の破け、ほつれは修理可能なので一回買うと長く使えるという特徴もあります。

レザーグローブを選ぶ時は価格だけでなく、アフターサポートなどの充実度合いも視野にいれて選ぶといいでしょう。

また牛革、鹿革、羊革など素材によって柔らかさや価格など色々異なるのでお気に入りの革を探してみるのも楽しいですよ。

長所・育てる楽しみや使い方ができる商品が多い

・修理可能なモデルもあって長く使える

・春秋初夏と幅広い時期で使える!
短所・真冬真夏はちょっと厳しい。

・革によっては雨天時に使えない。

・ナイロン製に比べコストが、かかりがち




グローブ選びのポイント

グローブは素材やタイプ以外にも是非気にしてほしいポイントがあります。
どんなにカッコいいグローブを選んでも実用性がないと使い続けるのは厳しいもの。

ここではWebikeスタッフたちが気にするポイントまとめました。

プロテクター・スライダーのありなし


グローブにもプロテクターやスライダーはあります。
プロテクターは手の甲側に多く、虫や飛び石などハンドルを握っている際の正面からの衝撃から手を守ります。
スライダーは手のひら側に多く、万が一の転倒で手のひらをついた際に滑って衝撃を受け流す役割を果たします。

手の甲のプロテクターはハードタイプとソフトタイプがあります。
ハードは硬く防御力に優れますが、嵩張り、素材によっては非常に大きな衝撃で割れて破片によってダメージが及ぶ可能性もあります。
ソフトは絶対的な防御力は劣りますが、ラバー素材などの場合手の動きを阻害しないので動かしやすくなるメリットもあります。

デザインの面だとプロテクションが充実してるものほど北斗の拳やジョジョの1部のようにゴツくなりがちなので、自分の普段のライディングウェアとも相談して決めましょう。
トータルコーディネートはイケてるバイク乗りの入口!

また、グローブのプロテクターはあればイイというわけではなく各社が安全に対して様々な方向から検討した結果で採用非採用を決めているので、ブランドごとの考え方もあわせて確認するとよいでしょう。

ジャケットなどと違い取り外しはできないのでグローブを選ぶ際によく確認しましょう。

スマホタッチ


スマホやナビなど、もはや世界はタッチであふれてます。
ツーリング中ちょっと止まってスマホで写真スマホでナビというシーンはもう当たり前。そんな時いちいちグローブ外すなんてめんどくさくないですか?
僕はめんどくさいと思います。

そこで今選ぶべきはスマホタッチ対応のグローブです!
商品によって5本指対応の物、人差し指のみのものいろいろあるのでご自身のスマホ操作方法に合わせて選びましょう。

え?じゃあスマホタッチできないグローブはだめなの?
いえいえそんなことはないんです。
スマホタッチができないグローブでも市販のスマホ非対応手袋を対応にしてしまうケミカル等を利用することでスマホタッチできるようになります。

Webikeならグローブをわがままに探せる!


今回は夏グローブの選び方をご紹介しました。
最後にじゃあどこで買うの!というお話です。
Webikeなら、専門店ならではの検索システムで、プロテクターの種類や着用シーズン、スマホタッチ、防水性、予算や使い方などなど4000点以上のグローブの中からあなたの欲しいグローブを探せちゃいます!


この夏はイケてる夏ライディンググローブをゲットして充実したバイクライフを送りましょう!
関連キーワード
車種に関連した記事
アパレルに関連した記事