バイク初心者必見!おすすめ夏ジャケットの選び方教えます
年間通して“バイクを気持ちよく乗れる季節”と考えると、秋や春がまず挙がるでしょう。

冬は路面凍結や場所によっては積雪などでそもそもバイクに乗れる季節ではありませんが、では 夏はいかがですか?
「暑い」、「紫外線」、「汗」など夏特有のマイナスワードは多々ありますが、そういったマイナス要素をクリアすれば夏場だって十分快適?にバイクを楽しめるハイシーズンなハズ。

というわけで今回のテーマは、サマーシーズン×ライディングジャケットをご紹介していきます。
夏をバイクで満喫できるジャケットの選び方を教えちゃいますよ!

夏装備を揃えるならまずジャケットから!

あなたがバイクに乗り出したばかりで、まだバイク用品を揃えていない初心者なら、
初めての夏を快適に過ごせるようにまずは「バイク用ジャケット」を揃えることをオススメします。

しかし、ライディングジャケットを筆頭にバイク用品って結構お財布へのダイレクトアタックが激しいですよね。
ここではあなたにピッタリなライディングジャケットをご紹介していきますので、家計に優しく失敗しないライディングジャケット選びを行いましょう

夏に最適なジャケットってそもそもどれ?


史上最長猛暑日とか観測史上最大など、何かと異常気象を連想するようなワードが飛び交う昨今の日本の夏。
暑さ対策は様々ですが通りにアサガオを並べられたって、ヘルメットの上に被る傘を載せたところで凌げる“暑さ”はたかが知れています(そもそも走行中の被る傘は危険です。お止め下さい)。
男は黙って裸!と割り切ったところで転倒などやっちまったなぁ!な際には、餅すら突けなくなってしまいます(コンビ名は涼しげなんですけどね、クールポコ)。

しかしバイク用ジャケット一つとっても色々ありますよね、というわけでひとつひとつ長所・短所を紹介してきましょう!

快適メッシュジャケット

メッシュジャケットとは

メッシュジャケットはその名の通り、生地に網目構造のメッシュ素材を使用したジャケットです。
メッシュ地は通気性に優れており、夏場の信号待ち・渋滞などで汗ばんでも一度快走路を走れば揮発性も相まって快適なツーリングが行えるでしょう。

また直射日光から肌を守ってくれるほか、吸汗速乾性のある素材なら汗でのベトつきといった不快感も軽減してくれます。

長所・メッシュ生地なので風通しが良く、真夏にバイクを乗るのならオススメ!

・バイク用なのでプロテクターが付属されているものが多い!

・“夏用アパレル”なのでホワイトやブルーといった視覚的にも涼しさを感じられる!
短所・夏以外のシーズンや避暑地に行くと寒さを感じることも。

・メッシュ地なので防水/撥水性はない。

・↑な理由で目的地によっては防寒着・雨具などで荷物が増えることも。

春夏秋で使える3シーズンジャケット


3シーズンジャケットとは

3シーズンジャケットの3シーズンとは、春・夏・秋の季節に対応しているジャケットのことを指し、冬は含まれません。
着脱可能な防寒インナーレイヤーが付属されているものもあり、夏場は取り外して使いましょう。
ここ最近の連日猛暑日が続くような真夏ではやや堪えるものがありますが、目的地が冷涼スポットの場合は3シーズンジャケット一着で行くことも可能です。
また中には防水/撥水機能を備えたモデルもあるので、この点はメッシュジャケットより分があります。

長所・名前の通り3シーズンで使えるので経済的!

・取り扱うブランドが多いのでお気に入りな一着を見つけられる。

・撥水機能を備えたものもある。
短所・真夏日を過ごすには少しキツイ、ベンチレーションが多いものを選ぼう。

・売り初めが早いので気づいたら売り切れになっていることも。

・普段遣い重視でプロテクターが付属しないものもある。

オールシーズンもいける?ナイロンジャケット


ナイロンジャケットとは

ナイロンジャケットには、年間通して着用可能なオールシーズンのものが豊富に揃っています。
のび太くんでさえアニメ用と映画用で衣装を着替えますが、ナイロンジャケットならこれ一着でOKです。
しかしウィンターシーズンでの使用も考えられているためベンチレーション数は3シーズンジャケットに比べて少なくなる傾向です。真夏の使用では熱中症に気をつけましょう。

長所・防水/撥水ジャケット機能を持つものも多い。突然の雨でも安心!

・オールシーズン対応のものが多く1年通して1着でいけるかも!
短所・真夏日の使用は非現実的。熱中症には注意が必要。

・汗ばむこと必須なので高頻度で洗濯が必要。

ナイトツーオンリーならレザージャケットもあり!

レザージャケットとは

サマーシーズンの使用ではかなり我慢を強いられるレザージャケットですが、
他のジャケットでは醸し出すことができないオンリーワンなかっこよさを持っています。
またレザー素材は引き裂き強度が高く、走行中に転倒をしてしまっても身体や肌をアスファルトから守ってくれることでしょう。
防風性も高いため夏場のツーリングではデメリットとなってしまいますが、ナイトツーリングなど気温が落ち着く時間帯を選んで着用することをおすすめします。

長所・写真映えはGOOD!

・レザーなので安全性も高め。
短所・汗ばみやゲリラ豪雨で定期的な手入れが必要。

・日中は出歩くべからず。

ウィンタージャケット

ウィンタージャケットとは

読んで字の如くウィンターシーズンの使用を想定して作られているため、夏場の使用はまったく考慮されていません。
北海道の高地でキャンプを行うのならまだ日の目を見るでしょうが、ウィンタージャケットではない防寒着で十分です。
タンスの中でお留守番させておきましょう。

長所・無し!
短所・短所しかない!

プロテクターのありなし


バイク用のジャケットにはプロテクターが付属されているもの、また付属されていなくともオプション購入で取り付けが可能なものが多くあります。
夏は着用枚数が少なくなりがちな季節になりますので、そんな季節こそしっかりとしたプロテクターで身体を防護することをオススメします。

とくにサマーシーズンはレジャーやお盆の帰省などでサンデードライバーと出くわしやすい季節です。
安全意識をしっかりもってセーフティライドを心がけましょう

防水・撥水機能があると尚ヨシ!

ヒートアイランド現象やアスファルトの舗装路により積乱雲が発達しやすい真夏日。
さっきまで晴れていたのに十数分後には局地的な集中豪雨に見舞われてしまうなんてことも……、

ちょうど近くに雨宿りができる場所があれば良いのですが、ない場合は“ショーシャンクの空に”ばりに雨にうたれてしまいます。
そんなハリウッドからの出演依頼をされないためにも、サマーシーズンのジャケットには防水・撥水機能を備えたものを選ぶといいでしょう。

Webikeでライディングジャケットを見る

関連キーワード
車種に関連した記事
アパレルに関連した記事