寒くなったらタイヤの空気圧って下げるの?上げるの?

バイクを語るうえでタイヤの空気圧は超重要です。
空気圧がメチャクチャでは全ての車体セッティングで判断を誤ります。
だからバイクに乗るのが大好きマメな方は空気圧もマメにチェックしているはずです。

しかーし!
マメにチェックした結果、空気圧を低めにセットしている方が多いのでは?

皆様にささやかな幸せとバイクの知識をお送りするWebiQ(ウェビキュー)。
寒くなったらどのように空気圧を変えるのか?
わかっているようなわかってないような、ちょっと自信無いかもしれない空気圧の話です。

空気圧は超重要

最初に書きましたが、タイヤの空気圧は物凄く重要です。
タイヤが適正空気圧でなければサスセッティングもへったくれもありません。
そのくらい重要。

特にバイクの場合は空気圧の影響が顕著で、ちょっと空気圧を上下させるだけでかなりの変化が現れます。
別にハンドリングについて語るような高度な話でなくとも、「乗りやすい」「乗りにくい」は誰でも容易に体感できるはずです。

おまけにバイクのタイヤは4輪車のタイヤと比較して詰め込んでいる空気の量そのものが少なく、僅かな空気量変化でも影響が出やすいという宿命があります。
このため、リヤタイヤより細い(= 空気量の少ない)フロントタイヤの方がシビアです。
最低でも月に1度(できれば毎週)は空気圧チェックしたいところです。

そもそもタイヤの空気圧は自然に減るもの

タイヤはゴム製なので基本的に空気を通しません。
だから一度空気圧を調整すればずっと正しい空気圧……のはずなのですが、残念ながらそうは行かず、だんだん空気圧が減ってしまいます。
その理由はゴムを通過して空気が漏れるから……ではなく、隙間から漏れるからです。

隙間って何だ?!という感じでしょうけれど、実はけっこう隙間はあります。
チューブレスタイヤならリムとの隙間はタイヤが嵌っている部分のゴムで密着しているだけなので、厳密に言えば隙間が出来てしまうのです。
また、チューブレスタイヤのエアバルブの根本は通常ゴム製ですが、これまたリムに押し込まれて嵌っているだけです。
当然ここにも僅かな隙間があり、僅かずつ空気が漏れて空気圧が低下していきます。

ではチューブタイヤなら平気かというとそんな事も無く、エアバルブ(空気注入口)に中にある隙間から漏れてしまいます。

どちらにしても極僅かな隙間なので漏れる量も極小ですが、何もしないと徐々に減るのは事実。
だから空気圧チェックはできるだけしましょう。
1か月も経過すると予想以上に減っているものです。

数日で空気圧が変化する場合は普通ではないので要修理です。
でもホイールが割れているなんて事は稀で、エアバルブが硬化している、エアバルブに亀裂が入っている、エアバルブ内のコアが劣化している、リムにキズが入っている、タイヤのビード部が荒れている、チューブに極小のピンホールが開いている、だいたいこのあたりに原因があります。

寒いと更に空気圧が自然に減る

仮に隙間から一切空気が漏れなかったとしても、タイヤに入っているのが空気(気体)である以上、温度変化でどうしても圧力変化が生じます。
ボイル=シャルルの法則のとおり、外温度が下がると圧力が減るのですが、これは物理法則なので仕方ありません。

このため、冷え込むとタイヤの空気圧が下がるのは当然なのです。
最後に空気圧調整したのがまだ暑い秋の頃だったりすると、気温低下による体積減少で空気圧はかなり低下しているはずです。

レース用タイヤの空気圧は超特殊

レースの世界でも空気圧は重要なので、当然のように走行毎に空気圧をチェックします。
しかし、レース用タイヤの空気圧は公道用タイヤと比較して極端に低いです。
おおよそ公道用の2/3、場合によっては1/3程度しかありません。

これは高速走行でタイヤが熱くなり空気が膨張して圧力が上がるから……ではありません。
タイヤの構造そのものが公道用とは全然違うのです。

ですので、レース用の空気圧が低いという事を聞いて、公道用タイヤの空気圧を下げるのは愚の骨頂です。
参考にしてはいけません。

オフロードタイヤの空気圧も超特殊

オフロードは更に特殊で、路面の凸凹に合わせてタイヤが変形できるように強烈な低圧に設定します。
エンデューロレースだと1.0kgf/cm2以下なんてザラ。

こちらもタイヤの構造が公道用タイヤとは全く異なり、タイヤ自身で剛性を確保する構造になっているので、これまた公道メインのトレール車で参考にしてはいけません
林道走行時に一時的に空気圧を下げるのは有効ですが、そのまま帰路に就くとグニャグニャで危険です。

普通の公道用タイヤは空気圧に寛容ですが・・・

レース用の特殊なタイヤに対して、公道用タイヤはずんぶんマトモです。
ちゃんと空気を入れて剛性を出す設計になっていますし、空気圧もある程度は幅のある設計になっています。
指定空気圧が高めな事もあって、空気圧がちょっと下がったからといって走るに耐えられないような事にはなりません。
レース用タイヤで空気圧が0.2kgf/cm2違ったら話になりませんが、公道用なら特に大きな問題無く走れてしまいます。

しかし「走る事ができる」と「気持ち良く走れる」は別です。

どうせ乗るなら一番気持ちの良い状態で乗りたいじゃないですか。
だからいつの間にか空気圧が低下しているのは非常に良くないです。

空気圧はどのタイミングで測定する?

ところで、空気圧には「冷間」と「温間」という言い方があります
字のとおり、冷間は「タイヤが冷えている状態」で、温間は「走行時に熱くなっている状態」を指します。
(レース用タイヤでは冷間と温間で全然違う空気圧を明記している場合もあります。)

レース用タイヤで重要なのは温間時、つまり走行中の空気圧です。
何しろレースですので、温間時に最適ならば冷間時の空気圧なんか知った事ではありません。
なので、冷間空気圧はあくまでも参考として最初にセットするための空気圧であり、走行して熱くなったあとで再度空気圧を測り直して温間空気圧に合わせます。

では公道用タイヤはどうでしょう?

これは冷間時を基準にします。
極一部のハイグリップ系タイヤでは温間時の空気圧が書いてあるものもありますが、基本は冷間!

それは何故でしょう?
これにも理由があり、サーキットのように決まった場所を短時間走るだけならその時(温間時)に合わせた最適な空気圧にすべきですが、公道では刻々と変化する道路を走るのでタイヤ温度もどんどん変化していくからです。

公道ではシチュエーションに合わせて都度空気圧を調整する事なんて出来ません。
だから冷間時に空気圧を適正な値に調整します。

街中を流す、連続渋滞、高速道路など、走行シーンに合わせてタイヤの温度は変化します。
それはつまりタイヤの空気圧がその都度違う事を意味していますが、冷間時に正しい空気圧にしてあれば常に一定のレベルでタイヤの性能を発揮出来るように設計されているから大丈夫です。

では冬はどうするのか?

夏も冬も公道用タイヤは冷間時に空気圧を調整します

そしてココからが誤解を招きやすい部分なのですが、「冬は寒くてタイヤが暖まらないから、冷えたタイヤでもしっかり変形して接地面積を確保できるように空気圧を下げてグリップを上げよう!」とか「タイヤを変形させて発熱しやすくして適正な温間空気圧になるようにしよう!」といった理由で(?)敢えて空気圧を下げる人が続出します。

でもこれは大間違いです。

公道用タイヤは空気圧でタイヤの形状を保つように設計されていますが、冷間時の空気圧を下げると気持ち良い走りの為に大切な『正しいタイヤ形状』が維持できません

グリップ力とか暖まりやすい以前の問題で、空気圧の足りないタイヤは何も良い事がありません。
最悪のハンドリング、強く掛けられないブレーキ、グニグニした感触、最低の燃費……、ホントに何も良い部分がありません。

「しばらく走ったら暖まって温間時の適正空気圧になるんだから、温間グリップ優先で低温時は捨てると割り切れば良い」なんて意見もありますが、公道の冷えた路面で温間グリップを追求して何する気ですか?
例えば峠道でそういったグリップを求めたとして、それまでの道中の楽しいバイクライフは全部捨てるのですか?
そんなにグリップを全部使いたいならサーキットに行けば良いのです。

公道は『全てのシチュエーションで状況や気温変化に関わらず乗って楽しい』が絶対に正義です。
だから、絶対に冷間の適正空気圧に合わせるべきです。
そうしないと設計通りの『気持ちいいタイヤ形状』が確保できないのですから悩むまでもありません。

公道用タイヤは夏も冬も冷間時に『メーカーの指定した空気圧にする。』

これ以上でもこれ以下でもありません。
冬だから空気圧を上げるとか、寒いから空気圧を下げるとか、そういう話ではないのです。

オマケ:昔流行った低空気圧

ひと昔前、空気圧を低めにセットするのが流行った事があります。
その流れで未だに空気圧を低めにセットする人が居ますが、ハッキリ言って古い!

確かにひと昔前のタイヤで空気圧を低めに設定するのは有効でした。
タイヤを変形させやすいように空気圧を低めにすると、グリップ感(実際にグリップが向上しているかは別の話)が向上したのもホントです。

当時(もしかしたら今でも)、コーナーでは荷重を掛けてタイヤの端を潰すのが極意!みたいな説が流行っていた事もあり、ツウなライダーはこぞって空気圧を低めにセットしていたものです。

しかしそれは昔の話。
今はタイヤ技術も進化しており、空気圧を低くする意味は全くありません
もちろん気温が低いからといって低くする意味もありません

そして、放置していると空気圧は下がっていくものなので、温度変化に対応する意味も込めて月に一度は空気圧を指定値に合わせる事をオススメします

関連キーワード
オンロードタイヤに関連した記事