バイク乗りだけが分かる『あるある』15選!

バイク乗りの好きなジブリ作品紅の豚。
Webikeマガジンライターのnaoです。

あなたの普段の何気ない言動。
実はそれってみんなの「あるある」かもしれません。

今回はバイク乗りだけが分かる「あるある」を15個集めてみました!
あなたは何個当てはまりますか?

また、記事の最後にあるある投稿フォームをご用意しました。
皆さんのあるあるをお聞かせください!

1.突然の豪雨で逆にテンションが上がる。



走行中のビミョーな雨はイヤだけど、土砂降りになると吹っ切れてしまうのがライダーの性。激しい雨に打たれながら生を実感する。 同様に、大型バイクがあるにもかかわらず、原付で長距離ツーリングするなど、なぜか自分で自分を追い込むタイプ多し。

2.信号待ちでタンクを太鼓代わりに叩く。



天気が良いなど、気分がイイと叩きがち。
更にテンションが上がると足でリズムをとり、鼻歌も追加される。

3.ソロツーリングで観光地に行くと寂しくなりがち。



観光地は人と行くから良いことを実感する。
そして、ダムやB級グルメなどマイナーなスポットに詳しくなっていく。

4.憧れのスーパースポーツ買うけど体勢辛すぎ。



念願の大型免許ゲット!憧れのスーパースポーツ買ったぜ!からの、セパハン辛すぎ。下道ダルすぎ。股熱すぎ。 でもカッコイイ。でも原付も欲しくなる。

5.知らないライダーとツーリング状態になった時の連帯感。



別れ際挨拶してくれた時の嬉しみ。

6.納車一発目の給油はハイオク入れてみる。



分かってる。レギュラーでいいの分かってる。
でもハイオク入れちゃう。
同じくオイルも初めは良いやつにする。

7.バイク歴が長くなるほどカブに一目を置くようになる。



どんどんカブがかっこよく見えてくる。
カブの悪口は言えない。偉大なバイクそれがホンダカブ。

8.生きてるのが不思議な経験をしてる人間が多い。



事故の話とかをすると、『え、よく生きてたね』って経験をしているライダーが結構いる。
事故した本人はたいてい笑顔で語るが、自分は絶対経験したくない。

9.カナブンが弾丸みたい。



時速40kmくらいの速度で走っていても結構な衝撃。
油断してると腕持ってかれる。

10.ヘルメットシールドが無いと雨粒が超痛い。



ブラックモアのキャッチザレインボーかよってくらい顔面が痛い。
シールドの必要性を痛感しつつ、時速30kmくらいで走る。

11.信号待ちでエンストしたら、エンジンを覗き込んで後続車に不調アピール。



再始動してスロットルあおりながら、『変だなぁ?』って感じでエンジン覗き込んで首傾げる。
でも、本当はただミスっただけ。

12.工賃をケチって自分で整備するが、プロに頼めばよかったと後悔する。



持っている工具では外せないボルトがあったりしてイライラする。
途中、上手くいかなくて3回くらい叫びたくなる。
次はショップに頼もうと思うが、懲りずに自分で整備し出して最初に戻る。

13.試乗しないで買ったバイクの乗り心地がイメージと違って絶望する。



頭の中でシュミレーションしてたフィーリングと違くて『スンッ』ってなる。
逆に想像を超えて楽しいと、ヘルメットの下でニヤニヤが止まらない。

14.隣の芝は青い病。



小排気量に乗ってると、大排気量に乗りたくなり。
スクーターに乗ってるとマニュアル車に乗りたくなり。
旧車に乗ってると、やっぱ最新のFIも良いなとなる。
業が深い病。

15.欲しいバイクが出来るとそのことばかり考えちゃう。



寝ても覚めても考えてしまう。もはや恋。

あなたのバイクあるある教えて下さい!

バイク乗りだけが分かる『あるある』15選いかがだったでしょうか。
あるある!となったらSNSでシェアお願いします!

また、あなたのバイクあるあるを大募集!
下記のフォームよりご投稿ください。

※フォームが表示されない場合はこちらから

関連キーワード
バイクグッズに関連した記事