バイクパーツメーカーが造る新型コロナ対策アイテム"SNAP2020"。手に入れる方法は?

コロナ禍の影響により世界規模で混乱が続いているなか、高品質なカスタムパーツを手掛けているバイクパーツメーカー「K-FACTORY(ケイファクトリー)」から、予防対策アイテム"SNAP2020"が発表されました。

K-FACTORYのコロナ対策グッズ? SNAP2020ってどんなもの? 様々な疑問が脳裏を駆け巡っていることでしょうが、今回はSNAP2020の使い方から“手に入れる方法”までばっちりとご紹介します!

コロナ対策グッズ“SNAP2020”とは


新型コロナウィルス感染症の恐ろしいのは、その強い感染力。
そして感染経路としては「飛沫感染」と「接触感染」の2経路が挙げられるようです。(参照:首相官邸HP
飛沫感染の予防策としてはマスクの着用が推奨されていますが、では接触感染はどのように防げるでしょうか。
日常生活を送る上でドアノブやスイッチなど、触れなくてはならない場面は多々あり、そういった状況で活躍するのがSNAP2020です。


握りやすい取っ手に、先端部は押しやすく、そしてドアノブ等を引っ掛けられるフックが備えられています。
SNAP2020を常用することで、極力触らない生活が可能となり接触感染のリスクを低減できます。


そしてSNAP2020の名前には、接触感染を防ぎ、平和な日常を取り戻そうという桑原氏の想いが込められています。

SNAP2020の生みの親“桑原”氏とは

SNAP2020を製作した桑原氏は、大阪府八尾市にバイク用カスタムパーツメーカー「K-FACTORY(ケイファクトリー)」を営む代表取締役です。
コロナショックにより混乱が続く中「金属加工業を生業にする自分にできること」を模索し、モノ造りの強みを活かして製図から完成までわずか3日でSNAP2020を仕上げたのだとか!

完成したSNAP2020は桑原氏の関係者を通じて、とくに感染のリスクが常に付きまとう医療の現場を中心に配布が行われており、院内での活用が進んでいます。


SNAP2020は、生活する上で触らなければならない場面をシミュレートし、“押す”、“引く”動作に適したデザインに仕上げられています。
また素材にはアルミが使われ、持ち疲れのしない軽量設計なのも嬉しいポイントですね。

どこで買える?

発表当初、SNAP2020はK-FACTORYと関わりのある協力会社と、必要とする医療機関への無償配布に留めるつもりでした。
しかし、この桑原氏のひたむきな姿勢がニュース媒体等で取り上げられ、全国より欲しいという人が殺到。結果“一部”の市販化が決まりました。

そしてこのSNAP2020の販売を一手に引き受けるのは、K-FACTORYの協力会社であるWebike。
ウィルスと戦う全国のユーザーへお届け致します。

SNAP2020は特別に送料Webike負担で全国へお届けします。なお、販売期間は2020年5月31日(日)までの期間限定商品で、しかもWebikeでしか購入できない限定販売のため、欲しい人はお早めに。

※本当に必要としているユーザーへの販売が目的です。転売目的での買い占め行為はお控えください。

オリジナルSNAP2020でコンテストに応募しよう


バイクはカスタムすることで愛着度が増すものですが、肌身離さず常用していたいSNAP2020にも同じことがいえるでしょう。
握りやすく加工したり、マスキングテープなどで可愛くデコレーションしてみてもいいかもしれませんね。

なお、株式会社宣伝館では、「SNAP2020」の活動に共感し、SNAP2020のフォトコンテストを2020年5月13日(水)~6月30日(火)まで実施されるのだとか。
自分だけのオリジナルSNAP2020で入賞を狙ってみるのもよし、SNAP2020を活用して#STAYHOMEに努めている写真をアップするもよし。
1位入賞で1万円分の商品券(+極秘豪華賞品)が貰え、上位入賞以外にもゾロ目賞やキリ番賞なども用意されているので、応募してみてはいかがでしょうか。

※外部サイトにリンクしています。

Webikeスタッフもカスタムしてみた


Webikeの社内でも、SNAP2020のカスタムに挑戦したスタッフがいました。
持ち歩きがしやすいようチェーンを備え、キレイに面取り加工までされていましたよ。

自粛期間はもう少し掛かりそうですので、皆さんもひたすらピカールで鏡面加工に勤しんだり、黙々と加工してはいかがでしょう?
気持ちのリフレッシュにも、暇つぶしにもオススメです!

YOUTUBE「OGAチャンネル」でも紹介された!

国内外で活躍するプロフェッショナルスタントライダー小川裕之選手が手掛ける、YOUTUBE「OGAチャンネル」でもSNAP2020が取り上げられました。

おわりに

国内では感染者数が減少傾向ではあるものの、油断できない状況が続いています。
感染力が強いこのウィルスは、来る“第2波”の方が危険とする声もありますので、第2波、第3波に備えて予防グッズSNAP2020を用意してみてはいかがでしょうか。
ウィルスに打ち勝つその日を目指して、ソーシャルディスタンスを保ち、#STAYHOMEの精神で皆さん頑張りましょう!

関連キーワード
車種に関連した記事
バイクグッズに関連した記事