GPZ900Rのクラッチが軽くなる裏ワザ!ZZR1400のクラッチレリーズ流用してみよう!【MOTO HACK】
カワサキ GPZ900R純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、GPZ900Rに乗る「ninnin」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるGPZ900Rの純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介


愛車紹介

愛車:KAWASAKI GPZ900R A12(1999年式国内仕様)
・乗ってる期間:2009年に中古で購入し、2020年で11年目
・購入動機:昔同じGPZに乗っていて、もう一度乗りたくなり、カタログ落ちしてから、だんだん程度がいいタマが出てこなくなると思い、バイクの買い替えを決意。当時タマを探して、12,000km程度の走行距離で55万円くらいで購入。

普段のバイクの楽しみ方

バイク歴:大学1年で免許を取って、30年ほどのアラフィフです。
楽しみ方:ツーリングやキャンプツーリングメイン。下道で峠を流したり、温泉に入ったりが楽しい。キャンプ道具を積んでのロングツーリングは最高です。(また北海道や九州、四国にも行きたい!!)
年間走行距離:2,000~3,000km程度でまだまだ子育て中なので距離は走れてません。

今回のHACKの簡単な説明


Ninjaなど油圧クラッチですが、結構重たく、ツーリングの後半でクラッチを握る左手が辛くなりますが、ZZR-1400のクラッチレリーズを流用してクラッチを軽くする方法。
クラッチレリーズのピストン面積が1.1倍くらいなので、だいたい1割くらい軽くなる計算です。 

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど


ZZR1400
品名:リリースAssy 
品番:13231-0002

レリーズの径が純正より大きいので、ホルダーを兼ねているスプロケットカバーを少し削るか、社外品のスプロケットカバーで余裕のあるものに交換すればいいです。

HACKのやり方・説明・作業手順など


クラッチレリーズを外し、フロントスプロケットカバーをさらに外します。
クラッチを押すプッシュロッドを引き抜き、反対にして丸い先を奥側になるように差し込みます。(ここ重要!!)ZZR1400のクラッチレリーズの押す部分が丸いため、丸と丸同士でうまく押せないためです。
ZZR1400のクラッチレリーズは少し大きいので、純正のカバーを削るか社外のスプロケットカバーをつけます。
あとは、ZZR1400のクラッチレリーズを取り付ければ終了。超簡単です。

HACKのまとめ


メリット
この方法で、クラッチが1割ほど軽くなります。

デメリット
特にないかと思います。クラッチレリーズが付いているスプロケットカバーを削るのがちょっと面倒ですが、それ以外は簡単な作業です。

感想
1割程度ですが、握ると軽くなった感じはします。 これで満足できない場合は、クラッチマスターをφ1/2化するとぐっと軽くなり、ツーリングでの左手の痛みとはサヨナラできます。


ninninさん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

Webikeではバイクライフを豊かにする皆さんの裏技を大募集中!

~7/31まで『純正流用HACK!』の投稿でもれなく500ポイントプレゼント!


7/31までの期間に『純正パーツ流用』に関するアイデアを投稿いただいた方には、 もれなくウェビックで使える500ポイントをプレゼント!
さらに!Webikeマガジンで取り上げられると追加で1,000ポイントプレゼント。
最大で1,500ポイントもらえるチャンスです!

もちろん『純正パーツ流用』以外の投稿でも、ウェビックマガジンに取り上げられた方には1,000ポイント差し上げます。
あなたの持ってるバイク術(HACK!)をみんなで共有しましょう!
たくさんの投稿お待ちしております!



 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
車種に関連した記事
駆動系に関連した記事