GPZ900R・ZRXオーナー必見!エダマメキャリパーから定番4POTキャリパーへチェンジ!純正流用で整備性も向上【MOTO HACK】
カワサキ ZRX1100純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、ZRX1100に乗る「webi男」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるZRX1100の純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介


愛車紹介

ここ1年程はベアリングの類を交換するなどの整備や塗装などを施してきました。色々なところの動きが改善してとても満足しています。
現在は、電装系のリフレッシュ工事に向けた準備中です。

普段のバイクの楽しみ方

休日はメンテナンスとたまにツーリングです。
バイクいじりは、通常のメンテナンスがほとんどで、機能回復を進めており、見た目は大人し目な感じで考えています。

今回のHACKの簡単な説明

今回は、zrx1100 のフロントブレーキキャリパーの交換についてです。純正のトキコ製6POTキャリパーは、整備性が悪く、効きも今一つだと感じていましたので、オーバーホールを試みましたが、効きが改善することはなかった事から、交換に踏み切りましたが、特に難易度は高くなく効果を実感できるため、お薦め出来ます。
zrx1100 やzrx1200rでは結構やっている方がいるネタですが、スズキ純正でGSF1200やGSX-Rのニッシン製4POTを移植しました。

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど



ブレンボ製の40ミリピッチのキャリパーなどと比較検討しましたが、キャリパーサポートを間に入れる事に抵抗があったのでポン付けできるニッシン4POTを選択しました。
まず、キャリパー本体は新品も手に入りますが、予算の都合もあり中古(GSX-Rに付いていたとの事でした。)を入手しました。
※ニッシン製の新品でもイケるようです

品名:NISSIN 4POTキャリパーGSX-Rタイプ
品番:59100-40C01-RL

必要個数 1セット

また、純正キャリパーはバンジョーボルトのピッチが1.25なのに対してニッシン製は1.0なのでバンジョーボルトの交換が必要となります。
私は、先にブレーキホースをスウェッジラインに交換していたので、スウェッジラインの直結するキャリパーアダプターを使用しました。

品名 SWAGE LINE(スウェッジライン) キャリパーアダプター(クラッシュワッシャー付属)
品番 ETP321

HACKのやり方・説明・作業手順など



私の場合は中古を流用しましたので取付け前にオーバーホールを行い、パッキンなどの交換を行い、ブレーキパッドも付属してきましたが、新品に交換しました。因みにRKのメガアロイを選択しました。
キャリパー本体はポン付けできます。
ブレーキホースとの接続に付いては、元の純正とは取り出し位置が変わったため、そのままのバンジョーアダプターではホースがパツパツになってしまう状態だったので、直結するタイプのアダプターに変更しました。

HACKのまとめ



この交換の結果、純正キャリパーにあった不満は解消できました。ニッシン4POTに変わってフロントブレーキな効きが良くなり、コントロールが向上しました。また、エア抜きが元の純正と比べて非常に楽になりました。
中古ということもあり、パッと見は最初から付いていたようなやった感の無さが気に入ってます。
余談ですが、リアのキャリパーはダエグに付いていたという中古を入手して交換しました。

webi男さん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

Webikeではバイクライフを豊かにする皆さんの裏技を大募集中!

~7/31まで『純正流用HACK!』の投稿でもれなく500ポイントプレゼント!


7/31までの期間に『純正パーツ流用』に関するアイデアを投稿いただいた方には、 もれなくウェビックで使える500ポイントをプレゼント!
さらに!Webikeマガジンで取り上げられると追加で1,000ポイントプレゼント。
最大で1,500ポイントもらえるチャンスです!

もちろん『純正パーツ流用』以外の投稿でも、ウェビックマガジンに取り上げられた方には1,000ポイント差し上げます。
あなたの持ってるバイク術(HACK!)をみんなで共有しましょう!
たくさんの投稿お待ちしております!



 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
車種に関連した記事
ブレーキに関連した記事