地球を走り倒せ!KTM、ハスクバーナの新モデルが今年もアツい!【WMS2021】

最近はロードバイクも広く知れ渡るようになったが、モトクロスやエンデューロ、そしてラリーなど、数々のレースで活躍してきたKTMが生み出すマシンは、そのイメージ通りのパワフルさと、驚くほどの扱いやすさを併せ持つ。

ハスクバーナからも、高いポテンシャルを持ったモダンスクランブラー、モトクロッサー、エンデュランサーが投入され、注目が集まっている。

KTM

ダカールラリーで得たノウハウも反映

1290 SUPER ADVENTURE R

最近はロードバイクも広く知れ渡るようになったが、KTMと言えばオフロード屋だとイメージする人も少なくないはず。
モトクロスやエンデューロ、そしてラリーなど、数々のレースで活躍してきたKTMが生み出すアドベンチャーマシン、1290スーパーアドベンチャーは、地球を相手に徹底的に走り倒すことを想定した一台。
扱いやすく快適、そしてとても速い。

排気量が引き上げられた新型

890 DUKE

軽量コンパクトで、しかも必要にして十分なパワーが与えられたミドルクラスデュークは、これまでも多くのファンを生み出してきた。
2021モデルではエンジンの排気量が引き上げられ889ccとなった。
そのため低回転ではさらにトルクが増し、市街地などで扱いやすく、さらに高回転域でのパワーが向上している。
パワーパーツと呼ばれる純正アクセサリー類も豊富に用意されており、自分好みに合った一台を仕立てることも楽しめる。

優しくて獰猛なザ・ビースト

1290 SUPER DUKE R

見るからに強そうで猛々しいスタイリングを持つデュークシリーズのフラッグシップモデル。
ペットネームのザ・ビーストは伊達ではなく、搭載される1301ccVツインエンジンは、最高出力180馬力を発生し、車重189キロという軽量な車体を、今にも空を飛びだしそうな勢いで前へと押し出す。
しかし実際にライディングをしてみると、その扱いやすさに驚くことだろう。
超強力なポテンシャルでありながら懐の深い一台となっている。

ハスクバーナ

小型二輪免許で乗れるシティランナー

Svartpilen 125

オフロードバイクにもオンロードバイクとも捉えることができるモダンスクランブラーテイストのスタイリングで、世界中のライダーを驚かせたスヴァルトピレン。
2021年モデルに125ccエンジンを搭載したモデルが加わった。
コンパクトな車体はビギナーや女性ライダーでも扱いやすく、市街地に映えるデザインから、シティ派ライダーから熱い視線を受ける。
原付第二種区分なのでランニングコストを抑えることができるのも大きなポイントだ。

2021年はモタード復権元年

701 SUPER MOTO

オフロードバイクの柔軟性を活かし、ロード主体のコース(一部ダート有り)に持ち込んで競われるスーパーモタードは、ストリートに近いシチュエーションということもあり、一時世界的なムーブメントとなった。
今では大分落ち着いてきているが、水面下でブーム再燃が噂される。
そのような中ハスクバーナの701スーパーモトはトップランカーとして最注目されているバイクだ。

つるしで参戦できるストリートレーサー

701 ENDURO

数々のエンデューロレースで、輝かしい戦歴を残してきたハスクバーナの経験と技術が、しっかりと凝縮された701エンデューロ。
エンジン、フレーム、足まわり、すべてレーススペックを元に開発されており、そのままレース参戦できるポテンシャルを持つ。
ビッグシングルエンジンの軽量かつ強烈なパンチ力は、オンロードでもオフロードでも高いスキルを求められるが、それだけにチャレンジし甲斐がある。

関連キーワード