125ccクラスの本格ボバーが日本上陸!スペックから脚付き・乗り味まで『GV125S BOBBER』を徹底インプレッション!【WMS2021】

お隣韓国のバイクメーカー・ヒョースンから、本格ボバースタイルのボディに水冷SOHCの60度Vツインを搭載した125ccモデル『GV125S BOBBER』登場!

20210201_wms_1000_124.png

125ccとは思えない走りの存在感がある

20210401_2459_0001_1075-min.jpg

125ccクラスとは思えないほどしっかり作り込まれたボバースタイルにも驚くが、びっくりしたのは乗り味、車体フィーリングの方だ。
デザイン同様、125ccクラスとは思えないゆったり感を味わえたからだ。
搭載するエンジンは、新設計の自社開発水冷4ストSOHCのVツイン。
排気量は124.7ccで最高出力は13.5馬力。

20210401_2459_002_1536-min.jpg

流石に急な上り坂ではギヤを下げたりなどの工夫が必要だが、それでもこの165㎏の車体をよく動かしていると感心する。
車体は、街中を流しているような場面でクルーザーらしい心地よさが味わえるのがいい。
太めの16インチタイヤか、それともダブルクレードルフレームか?車体にクルーザーらしい安定感が作り込まれており、これがなんとも心地いいことに驚いた。

POSITION & FOOTHOLD

20210401_2459_006_0323.jpg172cm 75kg

20210401_2459_007_0365.jpg

シート高は710mmとアメリカン系のモデルと考えるとちょっと高めだが、コンパクトな車体のおかげで踵までベッタリ。ステップはミッドコントロール

DETAIL

20210401_2459_008_0460.jpg

搭載する60度Vツインエンジンは、空冷風のフィンがあるが水冷でなんと圧縮比12.35でボア&ストロークは42×45mm。割とぶん回し系のキャラ。

20210401_2459_009_0479.jpg

16インチサイズのフロントタイヤは幅120mm扁平率80のファットタイヤ。マットブラックの車体と相まってかなり骨太な印象を強めていいる。

20210401_2459_010_0470-min.jpg

タコメーターを装備するだけあって最高出力発生回転域はなんと10250rpm!デジタルパネルはオド、トリップA/B、時計、ギヤポジションを表示。

20210401_2459_011_0511-min.jpg

ホールド感のいいガンファイタータイプのシートは、表皮にダイヤモンドステッチ風のデザインを採用。ボルト2本で着脱が可能となっている。

20210401_2459_012_0572-min.jpg

オプションパーツとしてシングルシート(税込1万2980円)も用意されているが、そもそもボバースタイルとしてのデザインイメージはシングルシートで想定。

20210401_2459_013_0446-min.jpg

ABSではなく、前後連動ブレーキを採用し、リヤブレーキを踏むと、しっかりフロント側もノーズダイブ。環境性能はユーロ5に対応している。

SPECIFICATION

20210401_2459_003_0390-min.jpg

■GV125S BOBBER

全高×全幅×全長 2080×750×1050
軸距 1425mm
シート高 710(各mm)
車重 165kg
エンジン形式 水冷4ストSOHC V型2気筒
出力 13.5ps/10250rpm 1.037kg-m/9250rpm
排気量 124.7cc
変速機 5段リターン
燃料タンク容量 12.5L
ブレーキ F=φ270mmディスク、R=φ250mmディスク
タイヤサイズ F=120/80-16 R=150/80-15
20210401_2459_005_0408-min.jpg
20210201_wms_1000_350.png
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png