2020年にMotoGPとEWCの二冠を制したスズキの注目車両は隼だけにあらず!【WMS2021】

世界中のバイクファンが待ち焦がれた新型隼はもちろん、人気モデルもしっかりと成熟を重ね続けるスズキのラインアップ。
どれもスポーティかつ扱いやすいキャラクターが魅力。
大型モデルだけでなく普通二輪免許クラスの充実ぶりもチェックして欲しい。

ライバルとは一線を画す独創的なキャラクターが持ち味

今もなおライダーを魅了する普通二輪免許クラスアドベンチャー


V-STROM 250ABS

オフロードバイクでもない、ロードスポーツバイクでもない、その中間を上手く埋める新たなキャラクターとして登場し、大ヒットしたVストローム250。
250ccクラスでありながら、アドベンチャーモデル的パッケージで纏められており、その実力は市街地での扱いやすさから、ロングツーリングでの快適さまでしっかりと反映されている。


シート高は800mmと高めではあるが、アップライトなポジションや前後17インチタイヤの採用などで、小柄なライダーでも手足のように操ることができると定評がある。
昨今のアウトドアブームによって再注目されているモデルだ。

EWCディフェンディングチャンピオン、MotoGPの技術も用いるスーパーバイク


GSX-R1000R ABS

新型ウイルスの影響は2020年のレースシーズンにも影響を及ぼし、開催の見送りや無観客開催などの対応に追われた。
そのような中、MotoGPとEWCにおいてチャンピオンの座に輝いたのはスズキだった。


そんなレース界のテクノロジーをフィードバックし開発されたスズキのフラッグシップスーパースポーツモデルであるGSX-R1000Rは、独自の可変バルブ機構を備えたエンジンや高剛性かつ軽量なフレームはもちろん、持ち前のポテンシャルを発揮するために最高級のパーツが各部にあしらわれている。
ピッチ、ロール、ヨーの3軸を検知するセンサーも備え、安全かつエキサイティングな走りを楽しめる極上のスポーツバイクとなっている。

毎日乗りたくなるほど高い完成度。心地よいミドルクラスネイキッド


SV650 ABS / SV650X ABS

美しいトラス構造のメインフレームに、排気量645cc水冷V型2気筒エンジンを搭載するロードスポーツモデルSV650。
オーソドックスでありながらも独自性を感じさせるスタイリング、そして乗り手の意のままに操ることができる高いコントロール性能などで、これまでも多くのファンを生み出してきた。


現在はスタンダードなネイキッドバージョンのSV650 ABSと、ビキニカウルやタックロールシートを備え、ネオクラシック的カフェレーサースタイルとされたSV650X ABSの2バージョンが用意されている。
2021年モデルは新色が設定された。
万能選手なだけに飽きが来ることもなく、長く付き合うことができる一台となるだろう。

新しい技術を用いることで現代に蘇ったコンパクト油冷エンジン


GIXXER 250 / GIXXER SF250

スズキ伝統の油冷エンジンを新しい技術によって蘇らせ採用した250ccネイキッドスポーツ、ジクサー250と、そのフルカウルバージョンであるジクサーSF250。
空冷のような軽さと、水冷的な安定感を両立させたエンジンは、十分なパワーを発揮し、そして扱いやすい。



フル液晶ディスプレイやLEDヘッドライトの採用など、高級感も持ち合わせながらも44万8800円からという価格設定も魅力。
弟モデルにあたるジクサー150もラインアップする。

美麗かつシャープなデザインと、扱いやすさを高次元でバランス


KATANA

伝説の名車を現代的な解釈で復活させた現行カタナ。
日本刀のごとくエッジが立てられたフロントマスクや短く切り詰められたテールセクションなど、世の中には様々なバイクがある中で、一目見ただけでもカタナだと分かる独特なデザインが多くのライダーを惹きつける。


ハイパフォーマンスでありながらコストを抑えてヒットとなったGSX-S1000をベースとして開発されており、つまりはスーパーバイクモデルであるGSX-R直系のエンジンが搭載されていることになる。
2021年はレッドカラーを追加設定、限定モデルであり狭き門ではあるが、他人とは違う個性的な一台を求めるライダーにうってつけのモデルとなっている。

欧州を中心に世界中で絶大な支持を受ける利便性の高いスポーツコミューター


BURGMAN 200

250ccスクーターほど大きなサイズではなく、150ccスクーターよりも俄然パワフルな走りを楽しめることもあり、欧州を中心に多大な支持を受けているバーグマン200。
軽量コンパクトで軽快な走りを楽しめつつも、高速道路では安定した走りを実現しており、通勤通学などの市街地走行から、ロングツーリングまで幅広くこなすことができる。


ゆったりとしたシートのおかげでタンデムライドも快適、しかもシート下のラゲッジスペースもフルフェイスヘルメットをふたつ収納できるほどに広大。
ABSも標準装備で安全面もバッチリ。
スクーター選びで悩んだら、バーグマン200を選択しておけば間違いないだろう。

関連キーワード
車種に関連した記事
分類に関連した記事