もしかしてブーム?新型グロムにも採用されたネオンカラーは今イチオシのカラーかもしれない!?
2021 HONDA MSX125 GROM
ネオンカラー=蛍光色

遂に発表された新型グロム。初代グロムをリスペクトしたと思われるデザインで、非常に注目が集まっていますが、我々、ウェビックマガジンが注目するのはその色!
中でも、シルバーに差し色的に採用されたネオンイエロー!この色、なんだか最近よく見るようになったと思いませんか?

そう!実はネオンイエローブーム来てるんです!
そして、ネオンイエローはバイクのカスタムにも相性抜群!

実は新型車がこぞって採用してたネオンカラー



新型グロム以外にも、ネオンカラーが採用された車両が実はいくつかいます。
パッと思いつくのが、新型テネレ700。
MT-09にも現行はラインナップにありませんが2017年頃のモデルにはネオンイエローを差し色にしたモデルがありました。
2017年頃のYZF-R6もホワイトに明るいイエローのホイールのモデルがありました。

ヤマハ以外でも、ホンダもレブルにネオンイエローのタンクを装着してましたよね?
スズキもGSX-R1000Rのリムにネオンイエローありますね!

国外以外でも、ハスクバーナのVITPILENなんかもネオンカラーが随所にあしらわれています。


探し出したら止まらない……。そう!ネオンカラーが入った車両いっぱいいるんです!
そしてそのほとんどが、メインカラーではなく差し色。
シルバーやブラック、ブルーなどのカラーにワンポイントとして使っているのです。

……ということは?

ワンポイントということはカスタムにもってこい



ワンポイントで採用されているカラーということは、そう!カスタムに非常に取り入れやすいのです。
しかもシルバーやブラックなど、オーソドックスなカラーにこそ映えるとあって、ご自身の愛車へも非常に取り入れやすい!
たとえば、最近発売された、

ブレンボのモノブロックキャリパーキットM4 FLUOや、ネオンイエローのリムテープ。そういったコンパクトなパーツ足回りに加えるだけでも今風なアクセントになります。


実際に自動車の世界では、この鮮やかなネオンイエローのキャリパーというのはちょっとしたブームになっていて、ハイパフォーマンスカーを中心に装備されています。

もちろんウェアや、ヘルメットのワンポイントとしてもネオンカラーを取り入れてみるのもいいでしょう。

ネオンイエローのパーツ&用品まとめ



まだまだ数は少ないながらも、ネオンイエローを取り入れたパーツや、ウェアは続々登場しています。
ここでは一例をご紹介!

Brembo|ラジアル モノブロック キャリパーキット M4 FLUO



ブレンボと言えば黒や、アノダイズドが一般的ですが、たまにはこういう派手なキャリパーもいいですよね。
車のカスタムでは、赤や水色、黄色など、派手な色のキャリパーが好まれますがバイクって意外と落ち着いた色が多いので、いつも集まるスポットで目立つこと間違いナシ!
もちろん性能はブレンボらしく、高い制動力とコントロール性を発揮します。



MDF|リムストライプ



ホイールを塗装するのは、ハードルが高いですし、まずはお手軽リムテープでどうでしょう。
MDFのリムストライプは、太さが4mm、6mm、10mmと選べてカラーも豊富。
あった方が絶対貼りやすい リムストライプ専用貼付ゲージも一緒に買って、週末にサクっとやっちゃいましょ!



World Walk|リムステッカー



こちらは、車種専用で、車種名が入ったステッカーです。
耐候性も野外耐候5-7年とバッチリなのもポイント。



イエローのグリップ



Webikeには非常に多くのグリップが揃っています!
その中から、黄色いグリップを選んで、付けてみるというのはどうでしょう。
ハンドル周りは乗るたびに目に入るので、カスタムの満足度も高し!



S DESIGN|液体ラバースプレータイプ 油性 400ML



好きな色のパーツが無いなら塗ればいいじゃない!
本来塗装というのは、一度塗ってしまえばもとには戻せない不可逆的なカスタムですが、この液体ラバースプレーは何と剥がせる!
例えばホイールを塗装しても、飽きたら、ピロピロっと手で剥がすだけ。余計なケミカルで剥がすという手間もなく、キレイに剥がすことができます。
塗膜もゴム被膜のため、塗ったものを傷からガードする効果も!




SPIDI|HOODIE ARMOR EVO



街乗りにピッタリ!ネオンカラーのチャックとフードがイケてるSPIDIのジャケットです。
ちなみに、イタリア生まれのSPIDIですが、イタリアらしくモデルさんの画像がかっこいいです。



DAINESE|AVROD2 TEX ジャケット



ちょっと肌寒い季節にピッタリ!保温インナーを装備したジャケットです。
スポーティなデザインですが、シティライディングからツーリングまで幅広く活躍する普段使いにピッタリのジャケットです。



alpinestars|SUPERTECH-R BOOT 0015



最高レベルの安全性を重視した最新レーシングブーツ!
アキレス腱部分が柔軟な素材でできており、自然な動きが可能です。
安全性とかっこよさ、動きやすさを兼ね備えたブーツでサーキットへGO!



alpinestars|CR-X DRYSTAR(R) RIDING SHOE



街乗りならこのシューズがおすすめ!
ルックスだけ街シティユースにしたのではなく、しっかり歩くことも考えてランニングシューズの思想を取り入れた3層構造のソールを採用。
ライディング時はライディングシューズとしての機能を発揮し、ツーリング先での観光もこなせるスペックの高いシューズです。



SPIDI|X-FORCE



実は世界初のレーシンググローブメーカーとして創業したSPIDI。
そのためグローブの出来栄えは他社を圧倒するものがあります。
このX-FORCEも、もしものアクシデント時には脱げないけど、脱着は楽という安全性への配慮と、各部にプロテクターはありますが、意識せず付けられる自然な着け心地が魅力。



Arai|XD [エックスディー ネイビーブラック]



アライのフルフェイスヘルメットXDにもネオンカラーは採用されています。
このネイビーブラックモデルは、ダークなカモフラ柄に鮮やかなネオンイエローが差し込まれているカラーリングです。
各所に配されたコーションマークがとってもミリタリー!



AGV|K-3 SV ヘルメット



スピード感あふれるデザインがGOOD!AGVのK-3 SVです。
サンバイザーも装着されているので、まぶしい日差しに強い!
あご中央部のレバーでシールドを少しだけ開閉してヘルメット内を換気することもできる快適なヘルメットです。



Arai|V-CROSS 4 BOGLE



オフロードらしく目立つグラフィックがかっこいい!
アライらしく、安全性を第一に考えつつ機能性もバッチリなヘルメットです。
ゴーグルをつけた際。ズレを防止するゴーグルロケーターも付いています!




ネオンカラー取り入れてみません?



ちょっとしたワンポイントで入れると意外とすんなり似合っちゃうネオンイエロー。
シルバーやブラック、ブルー、ホワイトなど定番のボディカラーに似合うので、試しやすいのもうれしいポイント。
簡単にできて、イメチェンできる外装カスタムはいつの時代も定番!おすすめです!
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
外装に関連した記事