【絶版車必見】ボルトが舐める前にやっておきたい!プラスネジの六角ボルト化【MOTO HACK】
ホンダ VT250スパーダ純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、VT250スパーダに乗る「通勤族」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるVT250スパーダの純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介

かなり古めのVT250スパーダを、自分好みにモデファイしながら乗っています。
基本的に純正好きなので、乗りやすさを損なうような、大きな変更するような改造はしません。
耐久性は落とさず、より高性能な部品があれば、積極的に変えていく方向です。

今回のHACKの簡単な説明


VT250スパーダの、リヤカウルのセッティングボルト交換です。
この時代のホンダのバイクは、ボルト頭のドライブにプラスネジを使うものがちょこちょこありますが、
スパーダのリヤカウル固定ボルトもそのひとつ。こうした頻繁に付け外しをしないボルトは、軽く固着することが多いですね。
それをプラスドライバで外そうとすると、写真のように割と簡単に頭の溝が崩れ、それが原因で錆まで出てきます。

そこで、最近のバイクに使われている六角仕様のボルトに交換しました。これなら多少きつくしまっていても、工具をきちんとセットして使えば、なめる心配は少ないです。

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど


使用する純正部品
CBR1100XXスーパーブラックバード 用リアカウル固定ボルト 90112-MAT-000 スクリュー、パン(6×16)

ほかにボルトを外すのに、六角レンチが必要です。

HACKのやり方・説明・作業手順など


元のボルトを外して、付け替えるだけです。外形が大きく、若干カウルの溝に擦るので、カウルの汚れをきれいにふき取った後、ゆっくりねじ込むことをお勧めします。

HACKのまとめ


CBR1100XXブラックバード用ボルトは、ボルト一本まで拘って、多くを専用に作っている車両なので、社外品のような凝った形状になっています。それでいて純正品の安心感があります。

ホンダのカウル車両に汎用的に使われている小さめのボルト(写真)でも、軸の太さが合うので入れ替え使用できます。
取り外しでの不安がないという点は同じですが、見た目的にボルトの頭がカウル凹みよりかなり小さめになるため、ぴったり合っている感じにはならず、若干のチープさが漂います。

これらのボルトの頭は六角レンチで回せるので、純正のプラス頭のボルトのように舐める心配がほぼありません。見た目にも高級感が出るので、おすすめのモデファイです。

通勤族さん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
車種に関連した記事
外装に関連した記事