【バッテリー上がりの原因と対処法】予防メンテをかかさず長寿命化を目指そう!
冬にバッテリーを買わずしていつ買うの? 最後に愛車のバッテリーを交換したのはいつでしょうか?
魅力的なカスタムパーツやバイク用品が数多くあるため、バッテリーの新調は後回しにしてしまいがちではないでしょうか。(何を隠そう自分がそうです)
とはいえ、今のバッテリーがいつまで保つかはわからないですよね。

この記事を読めばバッテリーにもっと詳しくなれる!ハズ。
バッテリーを上がらせないために~オススメバッテリーなど、ドドンと紹介しちゃいます!

要注意!冬場はバッテリーが上がりやすい


冬の時期にバイクを始動させようとするとセルモーターの回りが悪かったり、かからなかったりした経験はありませんか?
そうなったら黄色信号。充電やバッテリーの買い替えを検討しましょう。
そもそも何故、冬場はバッテリートラブルが多いのでしょう。その理由は以下か挙げられます。

・温度が下がることでバッテリーの内部抵抗が増えるため。

バイク用バッテリーに限った話ではありません。
例えば、冬にスマホのナビを見ながらツーリングをした際に、みるみるスマホの電池残量が減ってしまった経験はありませんか?
それはバッテリーの内部抵抗が増えてしまっているから。これと同じことがバイクのバッテリーでも起きているのです。

・乗る機会が少なく、使用量が充電量を上回ってしまい放電状態となるため。

エンジンをかけることでレギュレーターを通してバッテリーへ充電されますが、冬場はバイクで出かける機会が減ってしまう時期でもあります。
バッテリーは、バイクを放置しているだけでも徐々に放電をしてしまいますので、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

・未然にバッテリーが上がりを防ごう

バッテリー上がりは定期的に充電器で充電することで予防が可能です。
充電器の中には、急速充電機能や、放電時に発生する通電性低下の原因“サルフェーション”を除去してくれる機能などがあり、
対応しているバッテリータイプも様々です。自分が使用しているタイプをしっかり理解して、適しているものを選びましょう。

バッテリーが上がってしまったら


キックペダルが付いている車両ならばキックでの始動ができますが、現行車両はキックペダルが廃止となっているモデルが多いです。
押しがけでエンジンを回す方法もありますが、場所を選ぶので現実的ではありません。
そんな時に備えてチャージャーを用意しておくことをオススメします。


また、バッテリーチャージャーの他にジャンプスターターというものもあります。
こちらは平時でもモバイルバッテリーとして使用できるのでツーリングバッグの片隅に入れておくのもいいですね。


バッテリーを交換しよう!

バッテリーは一度でも上がってしまうと性能が落ちてしまうもの……、
またバッテリー上がり→充電を繰り返すことで、最終的にはセルが回せない程の電圧となり寿命を迎えます。
出先でのトラブルだと最悪レッカーを呼ばないとならないでしょうし「セルのかかりが悪い」と感じたら早めに交換しておくことをオススメします。


自分にピッタリなバッテリーを探そう

バイク用バッテリーには様々な種類があり、用途は同じなのですがそれによって性能や価格に差がでます。
それぞれの特徴をみていき、自分のバイクにはどれを付けたらベストなのかをしっかり把握しましょう。

■鉛バッテリー
  • 解放型バッテリー
  • MF(密閉)型バッテリー
■リチウムイオンバッテリー

MF(密閉)型


充電する際に発生する水素ガスを密閉構造により外へ逃さず、また精製水の補充する手間を省けるためMF(メンテナンスフリー)とも呼ばれています。
電極にカルシウム鉛合金が使われているので自己放電が少ないのも特徴です。
注意すべき点は、急激な電圧変化により水素ガスの許容量を超えてしまうと、容器が膨らみ変形してしまう恐れがあるため、急速充電のチャージャーは使用できません。
また定期的な電圧チェックなどメンテナンスは最低限必要になるので、完全なメンテナンスフリーではありません。

開放型


開放型バッテリーはその名の通り、蓋部分を開放できるバッテリーとなります。
ガスを逃がすための通気孔を備えているので、MF(密閉)型のように容器が膨張・変形することはありません。
分解された水は戻ってきませんので、定期的に失った分のバッテリー補充液を補充する必要があります。
補充液には希硫酸を含んでいないため、補充を繰り返す内にバッテリーは弱ってしまいます。
性能の低下を感じたらバッテリー交換の合図です。
また、開放型バッテリーの中には高性能型と書かれているものを目にするかと思います。これは、高性能極板などにより内部抵抗を小さく設計されているバッテリーで、
始動性能が大幅に向上したりとバッテリーの性能を底上げされているタイプのものです。

リチウムイオン


内部素材に鉛が使用されているMF(密閉)型、開放型バッテリーと異なり、リチウムイオンバッテリーはレアメタル等が使用されています。
リチウムには軽く質量比の容量が大きい特徴があり、鉛バッテリーに比べて軽く・小型なバッテリーとなっています。
また、自己放電も鉛バッテリーより少なく高寿命でメンテナンスの頻度も少なく済みます。

ただし、素材にレアメタルなどが使用されているため高価格になりがちで、温度管理が鉛に比べてシビア。
またサルフェーション溶解機能や回復充電機能がある充電器の使用は過充電の原因ともなってしまう可能性があるため、
専用の充電器を用意する必要があります。

おすすめメーカーは?

前述の項で、各バッテリーの特徴などおわかり頂けたと思います。
それでもバッテリーメーカーもたくさんあるので、どのメーカーのものがいいか迷ってしまいますよね。
ここでは簡単な各メーカーのプロフィールを記述したいと思います。

GS YUASA


四輪バッテリーにおいては純正採用国内シェアでトップのメーカーGSユアサユアサ。国内外含めて多くの二輪・四輪に純正採用されるている安心と信頼の国内ブランドです。
国内で流通しているバイクのバッテリー型式は約100種類あるといわれている中、同ブランドはそのうち約93%をカバーしています。
高水準の品質管理の中生産されたバッテリーは、購入から24ヶ月(または走行距離が4万キロに達するまで)以内の交換保証に対応しているので充実したサポートも

古河バッテリー


安心・安全・国産と三拍子が揃った老舗メーカーの古川バッテリー。GS YUASAに比べて控えめな価格設定も好印象です。
純正で付いていたのはGS YUASAだけど、せっかく交換するのだから別のメーカーを試してみたいと思って手に取るユーザーも多いのでは?
自分もその口で古河バッテリーに最初手を出し、今では立派な愛用者です!



AZ バッテリー


岡田商事のプライベートブランドAZバッテリー。
安定した品質を担保するために、バッテリー製造において重要な工程の一つである極板部の溶接工程には
COS(キャストオンストラップ)機械を導入しています。また国内入荷後に全てのバッテリーを検品しており、

高性能かつリーズナブルなバッテリーを実現しています。



スーパーナット


福岡県発のバッテリーブランドスーパーナット。名前の由来は"納豆のように粘り強く”なんだとか。
その名前の通り、スーパーナットのバッテリーは長寿設計で他の国内メーカーに匹敵する放電耐久を誇ります。
そしてなんといっても圧倒的な低価格がとても魅力なブランドです。ちょっとでも財布の負担を減らしたいと考えるライダー達の見方です!



エリーパワー


HONDAのフラッグシップモデルCBR1000RR SPをはじめアフリカツイン、モトクロス競技専用車両に純正採用されている純国産ブランドエリーパワー。
リチウムイオンセルの過酷条件試験を行う国際的認証機関「TUV Rheinland」を世界で初めて突破したブランドでもあり、HONDAが純正採用したのも頷けます。
またエリーパワーのHYバッテリーは、ダカールラリー2020で総合優勝を果たしたHONDAワークスマシンにも搭載されており、
リチウムイオンバッテリーの欠点とされる低温始動性も-10に対応するなど独自技術で克服しています。高品質・高耐久・長寿命・軽量と全てが揃った最強バッテリーです。



SHORAI BATTERY


ノーメンテで1年放置OKな自己放電率に、鉛バッテリー比約1/5の軽量さ、そして最大3年間の保証のついたRiFe PO4(リフェ)バッテリーを取り扱うアメリカ生まれのSHORAI BATTERY。
他にも標準でバッテリーマネジメントシステムを備えており、超急速充電対応、爆発の危険がある鉛や希硫酸といった素材を使用していないなどデメリットが見当たらない最強のバッテリーです。
こんなに素晴らしいのに、何故他社が真似しないのでしょうか、それはRiFe PO4(リフェ)バッテリーはSHORAI BATTERYが先買権を保有しているからなんです。
低自己放電率は、あまりバイクに乗れないライダーにはとても魅力です!



おわりに

せっかくバイクに乗ろうと思っても、バッテリーが上がっていたらツーリングの予定もキャンセルするほかありません。
始動時のバッテリーからの危険信号を見逃さず、ちょっとセルの回りが悪いと感じだら充電 or バッテリー交換を検討しましょう。

Webikeではここで紹介しきれなかったバッテリーもたくさんあります。
今回紹介したバッテリー知識を元に自分にピッタリなバッテリーをお探し下さい!

関連キーワード
バッテリー関連に関連した記事