【2020年度版】ライディンググローブのパイオニア「FIVE」の秋冬グローブ特集!

バイク用グローブで重視するのは操作性の良さ!どうも、Webikeスタッフのmiyaです。
皆さんは「FIVE」というグローブメーカーをご存じですか?
アルパインスターズ、スピーディー、オークリー、ダイネーゼ、シニサロ、プログリップ等、有名ブランドの代理店であったグローブのスペシャリストによって「バイク用グローブにだけ特化したブランド」として立ち上がりました。
その後、FIVEの作り上げるグローブの良さは世界中に広まり、今ではサーキット・オフロード・公道を問わず世界中のライダーから愛されています。

今回はそんなFIVEの秋冬用グローブを5つピックアップ!早速紹介していきましょう!!

BOXER WP DRYTECH グローブ


季節の変わり目にオススメしたいグローブが「BOXER WP DRYTECH グローブ」です。
こちらのグローブは生地にDRY-TECH防水透湿生地を使用しており、雨の日に使っても蒸れや浸水の心配はありません。
FIVEの特徴ともいえる操作性の良さを実現させる為にゴートスキン、PU合成繊維を掛け合わせることで耐久性と操作性がUPしています。
また、掌側にはBemberg™(ベンベルグ)生地というすべすべとした滑らかな素材を使用、心地良い装着感を実現しています。


STOCKHOLM GTX [ストックホルム GTX] グローブ


GORE-TEX®生地を採用したSTOCKHOLM GTX グローブ
PUナックルを内側の超低反発素材により、衝撃を吸収しナックルプロテクションの違和感を解消しています。
Bemberg™ベンベルグ生地使用により蒸れにくく肌触りの良い装着感が実現!
FIVE独自のTPRスライダーと内側の超低反発素材の効果で衝撃吸収とグローブ自体への損傷を最大限に軽減することが出来ます。
手首にはニットリブを採用しているので、風や寒気の進入も防げます。


WFX SKIN GTX グローブ


グローブに本革を求めるライダーには「WFX SKIN GTX グローブ」がオススメです。
本革とナイロン素材を組み合わせた暖かく操作性の良い大人なデザインの冬用グローブ。
PUナックル部分は山羊革でカバー、内側には超低反発素材を使用する事で、衝撃の吸収とナックルプロテクションの違和感を解消。
ライディング時の操作性を考慮したシャーリングを人差し指と中指に配置、これにより快適なライディングが可能です。
ベルクロクロージャーを採用することで風や寒気の進入をシャットアウト、寒さも気になりません!


WFX MAX GTX グローブ


防御面もしっかりとカバーしたいなら「WFX MAX GTX グローブ」が良いでしょう。
レーシンググローブと同等レベルの保護性能を踏襲したテクニカルウィンターグローブでしかも素材にはGORE-TEX®を使用。
Thinsulate™200gライニングと呼ばれる高品質素材を使用ですることで暖かさも最上級のウィンターグローブに仕上がっています。
カーボンプロテクターやTPRスライダーと言ったレーシンググローブにも使われるプロテクションの採用により高い保護性能を発揮します。
左手の人差し指と中指には赤い革を採用し、FIVE独自のVサインが浮かびあがります。


WFX PRIEM GTX グローブ


とにかく良いものを探している方にはこちらの「WFX PRIEM GTX グローブ」がオススメですよ。
特許技術の新しいPUモノコックプロテクターを採用し、今までのグローブとは一味違った装着感がライダーのストレスを軽減してくれます。
厚さの違うプリマロフト生地を手の甲側に170g、掌側に60g採用し、装着感を高めています。
ゴートスキンを使用している掌側には、ナイロンファブリックを使用しており高いグリップを実現しています。


ウィンターシーズンはFIVEのグローブで乗り切ろう!!


ササっと簡単に5選を紹介してみましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか?
私自身、サーキットやオフロードでFIVEのグローブを愛用していたのですが、今回の記事を書きながら冬用の通勤グローブが欲しくなってしまいました……。
今回紹介したグローブも素晴らしいスペックなのですが!紹介しきれなかったグローブ達もかなりの粒ぞろいですよ!
Webikeスタッフの愛用率も高いバイク専用グローブメーカー「FIVE」、是非一度お試しください!



↓今年の新作アパレルを探したい方は下の画像をクリック!!↓


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード