愛車とのトータルコーディネート!ホンダライディングギアの新作秋冬アパレル特集!

HONDAのバイクに乗っている為か、HONDAのジャケットが欲しくなってしまうWebikeスタッフのmiyaです。
バイク業界を代表するメーカーと言えば……HONDAですよね?
トップに君臨するメーカーですから、常にライバルメーカーとは一線を画したバイク、用品を数多く展開しています。
もちろんそれはアパレルでも同様です。

今回はそんな世界のHONDAが作り上げた2020年秋冬の新作アパレルをチョコっと紹介!!
皆さんのお気に召す商品があれば幸いです。

スウェットパーカー


コンフォートな柔らかい着心地感が特徴的な「スウェットパーカー」。
普段着としても着用可能な柔らかいスウェット素材を使用しています。
肩・腕・背中には防弾素材にも使われるアラミド繊維を組み込み、プロテクターも完備しているので安全性もバッチリです。
腕にはビッグサイズなウイングロゴをプリント。
ファスナーの付いたフードは収納可能なので風でバタつく心配もありません。


マーキュリアルマルチウェイジャケット


気分によって着方をチェンジ、1着で5WAYの着回しが可能な「マーキュリアルマルチウェイジャケット」。
インナーパーカーにプロテクターが装着されているため、ツーリングや旅先ではアウターだけで過ごすなど、マルチな着こなしが可能になっています。

防寒防風仕様で、冬場の寒さを乗り切るレイヤリングになっており、インナーパーカーのフード部分にはHONDAロゴがデザインされています。
リバーシブル仕様のアウターと、単体使用可能なパーカーとの組み合わせでマルチウェイに着回しましょう!


ジェネシスライディングパーカー

艶やかな素材感に、スポーティなムードが特徴的な「ジェネシスライディングパーカー」。
肉厚ながら、しなやかな防風・防寒シェルを使用、運動性を妨げる心配もありません。
フードは着脱可能で3WAYの着回しが可能で、袖口はレーシンググローブとのマッチングを考慮したカフスタイプを採用しています。

インナーには単体でも使用可能な、ロゴ入りのブラックパーカー付きなので旅先の宿ではインナーのみ着用も出来てしまいます。
左右の肩部にはワンポイントとして迷彩柄を入れることでアクセントにもなっています。


ウインドプルーフフーディ

タイトな見た目で着こなしたい方には、軽い着心地と防風・撥水加工であなたのライディングをサポートしてくれるジャケット「ウインドプルーフフーディ」がオススメです。
コンフォートな着心地と、街で映えるカジュアルなデザインは、ストレッチ性のあるファブリックに由来しています。
左胸部分に転写シート、フードにはロゴ入りの紐を使うことでスタイリッシュなデザインに仕上がっています。
フード・襟裏にはフリース素材を使用する事で保温性を確保することに成功しています。
着脱可能なフード紐にはHONDAのロゴ入るというこだわりっぷり。
袖口や裾のリブが体にフィットするので、冷気の侵入を抑制してくれます。
カンガルーポケットはファスナー付きで、鍵やグローブなどの収納に便利です。


【Honda×RSタイチ】ドライマスターエクスプローラーオールシーズンジャケット


オールシーズン使えるアドベンチャーコンセプトのジャケット「ドライマスターエクスプローラーオールシーズンジャケット」。
アールエスタイチとのコラボにより、優れた透湿防水性を誇るマテリアル「ドライマスター」を使用する事で、表面は撥水機能を持たせながら内部は蒸れにくく、アウタージャケット内側の速乾性素材T-DRYメッシュで快適なライディングを提供してくれます。
裾と腰のフィッティングアジャスターで、ライディング時のバタつきも気になりません。

単体で使用可能なインナーは季節に合わせて着脱が可能。
全方位対応のリフレクターで夜間の被視認性もバッチリです。
胸と背中には大型ベンチレーションを内蔵、効果的に走行風を取り入れることも出来るので夏場でも快適に過ごせます!


デザイン・機能・コスパの3拍子揃ったアパレルはHONDAで決まり!?

今回はざっくりと5つの商品を紹介しました。
しかし!HONDAのアパレルはまだまだ色々なデザインがあります。
アドベンチャー、街乗り、スポーツ走行……等々、ライダー1人1人にピッタリなジャケットを数多く生み出しています。
HONDA党じゃないあなたも好きになってしまうジャケットがあるかも!?
ぜひ探してみてください!

↓今年の新作アパレルを探したい方は下の画像をクリック!!↓



 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
アパレルに関連した記事