カジュアルジャケットでしかも高機能!?RSタイチの新作アパレルが凄い!

冷え込む前に秋冬アパレル……買っとく?

RSタイチの「RS」を今まで「ライディングスポーツ」の略称だと思い込んでいたWebikeスタッフのmiyaです。
皆さんはRSタイチの「RS」って何の略称かご存知ですか?


正解は「ライダーズスポット」


ホンダ・スズキのワークスや世界GPなど数々のレースに参加していたライダー吉村 太一氏が始めた大阪のショップ「ライダーズスポットタイチ」が略されて今の「RSタイチ」が出来たそうです。

その後、数多くのロードレースライダーのサポート活動を中心に行い、今では日本のバイクアパレルを代表するブランドにまでなりました。
そんな日本を代表するブランド「RSタイチ」、今年も新作の秋冬アパレルが遂に登場しました!
特にオススメな商品をピックアップして紹介していきます!

RSJ723 モトレック ウインターパーカ


防水機能とプロテクション等のライディング機能を兼ね備えた、タウンユースにも適したカジュアルウィンターパーカ。
肩と肘にはCE規格LV.1のプロテクターを内蔵しており、高い強度と通気性を両立させています。


フードと中綿入りインナージャケットは着脱可能で、気温やコンディションに合わせた着こなしが可能、長いシーズンをこの一着で賄う事が出来てしまいます。
生地が非常に柔らかいのでライディング時にジャケットの固さを感じない為、運転に集中することが出来ます。
防水透湿に使われているのはタイチ独自開発の防水透湿フィルム「DRYMASTER」。
ちょっとした雨を気にすることなく走れるのは嬉しいですね。


RSJ720 ソフトシェル オールシーズン パーカ


派手なカラーが目を惹くこちらのパーカは保温と着心地に優れたソフトシェルを採用しており、カジュアルなデザインでありながら肩肘にはCE LV.2のプロテクターを装備した安全にも配慮された完璧なジャケットです。
モトレック ウインターパーカと同様にフード、インナージャケットは取り外しが可能でフードにはドローコードも内蔵しているので実用性もバッチリ。


脇下にはベンチレーションが配置されており、ウェア内の熱気を排出してくれます。
また、ジッパーをダブルにすることで部分的なベンチレーションを開放する事も出来ます。
カジュアルでありながら、しっかりとしたプロテクション性能を兼ね備えたこのパーカは初心者ライダーにもオススメできる一着ですね。

RSU624 ウォームライド フーデッド シャツ


きめ細かい裏起毛生地を全面に使用し、暖かさと着心地を最優先に考えて作られたインナーフーディーです。
前面にはフルジップファスナーを採用し、ツーリング先での着脱も簡単に出来るようになっています。
ストレッチ素材で非常に動きやすく、様々な体系の方にもフィットする様になっており、ライダーの動きを阻害しません。
デザインはかなり大人しい感じに仕上がっており、いかにもバイクウェア!の様なイメージは全くなく、タイチのロゴがワンポイントでサラッと入っているので普段使いでも違和感なく愛用できます。

今年の秋冬はRSタイチで決まりでしょ!?


季節物のアパレルは買うタイミングがとても大切。
私は以前買おうか迷った物が売り切れてしまい、買えなかったという悔しい思い出があるので、買うのを躊躇わなくなりました。
自分の気に入ったデザイン、性能の物があれば迷わず購入することをオススメします。
Webikeでは今年も新作アパレル特集ページを公開中です!ぜひご覧になってください! 新作アパレルで今年の冬も楽しく乗り切りましょう!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
アパレルに関連した記事