バイク男子に捧ぐ! ちゃんと知ってね。バイク女子の生態
現在、女性ライダーは増加傾向にあります。とても嬉しい事ですね。
平成20年と30年を比較すると女性の普通2輪免許の取得率は実に倍近くにもなっているそうです。
その要因は様々ありますが、インスタグラムへ写真を投稿したりYoutubeに動画をUPしたり、はたまたSNSを利用して女性同士のコミュニティーを広げたりと、走る事にプラスされる楽しみが増えた事も大きく影響しています。

それでも普通二輪、大型二輪を合計した全体の免許保有率では女性は全体の26%程度。
さらに実際にオートバイを所有し、日常的なレジャーとして楽しんでいる女性は全体の2~3%しかいないとも言われています。

今日はそんな貴重なバイク女子の生態をもっと知ってもらいたく、バイク男子との比較を絡めて徒然と書いてみました。
ちなみ私はと言うと「女子」という言葉を使うのはかなり後ろめたい気もしますが……バイク女子です。

バイクに憧れる理由は男子とちょっと違う


男性は小さな頃から車や電車などの動く物、乗り物が好きな傾向が強いですよね。これは男性ホルモンの影響による本能的なものと言われています。
幼少期のミニカーやプラレールなどから始まりラジコンやミニ四駆の操作に興味を持ち、その対象が自然と車やオートバイに変化していった人も多いでしょう。
一方、女性はと言うと男性のこのような本能的な興味からでは無く「バイクに乗れたらかっこいい」というイメージや、人が乗っている姿に憧れてバイクに興味を持つ人が多いそうです。
ヘルメットから髪の毛をさっそうとなびかせて走る自分の姿を思い浮かべるのでしょうか。

しかし残念な事に、せっかく免許を取り、バイクを購入しても早々に降りてしまう女性も沢山見てきました。
それは、イメージやビジュアルからオートバイに入る分、いざ乗ってみると足つきや取り回しに不安を覚えたり、寒い、暑い、髪が乱れる!など、ギャップを感じてリタイヤしてしまったのかもしれません。

ちなみにですが、本能的な部分とは別にオートバイに乗り始めた”きっかけ”ですが、二輪メーカーや関連団体が発表する市場動向調査の上位には「友人などの身近な人からの影響」が必ず含まれていますが、私が知るバイク女子に限ってはこの「身近な人」はほぼ「彼氏」です。

素敵なバイク男子が増えればその分、もっともっとバイク女子が増えるかもしれません♪
優しくエスコートしてバイク本来の楽しさを伝えてあげて下さい。
そして、その時はライディングの上手さを褒めるより、カッコ良さを褒める方がより有効的な事も忘れずに。

バイク女子は運転がヘタ?

『女性は運転がヘタ』という声をよく耳にします。
「そんなの偏見よ! 体格差があるからでしょう!」と言いたいところではあります。
私も僅かな車のワダチで立ちごけしてみたり、足つきの悪さが恐怖心に繋がりUターンでポテッと倒れる度にもう少し身長があればもっとスマートに乗りこなせるのに、と何度思った事か……。
まぁこれらは体格差が起因する事ではありますが、残念ながら倒れる事の無い4輪車でも一般的には女性の方が運転が苦手な傾向がありますよね……。(もちろん、全ての女性が男性より劣っているわけではありませんが。)
そして、これら運転能力の差は男女の脳の作りによるものだと、今では広く知られるようにもなりました。

運転能力の差につながるとされるのが『空間認知能力』です。
自分自身が動きながら速やかに他の車両の流れを認知し、合流や車線変更などをスムーズに行うのに大きく影響するとされています。
他にも車であれば車庫入れや縦列駐車、地図読む事を苦手とする女性が多いのもこの空間認知能力が一般的に男性より劣っているからともよく言われていますね。

今は車庫入れにはバックモニターやセンサーが活躍してくれますし、ナビがあるので地図を読むのが苦手でも不便はないですが、ツーリングの際など合流や車線変更時は後ろからついてくるバイク女子が速やかに入ってこれるだけの距離を後続車と取り、先導してくれると心強いですね。

バイク女子×メカ

バイク男子の中にはライディングよりもバイクいじりの方が好き!という人もいたりしますよね。
もっと簡単に付くパーツはいくらでも売られているのに、一生懸命加工して「こうゆうのが楽しいんだ!」って小学生のように生き生きとしているメンズをどれだけ見てきたことか。
一方、私が見てきたバイク女子では基本のメンテナンスでさえ自分でやらない人がほぼほぼでした。
そう言う私も機械いじりには全くと言っていい位興味がないですし、そもそも苦手です。
この差は何なのでしょう?
それは本能的な違いと言われています。
男性はかつてより狩猟をし、外敵と戦い家族を守ってきました。
その為、より優れた武器を持つことはとても重要な事です。
自分のオートバイや車をいじる行為は、自身の武器に磨きをかけ、闘争本能を満たす為の行為なのです。

女性はメカが苦手、と言うよりもそもそも興味が無いのです。
たとえ相手がバイク女子であってもメカニカルな話しばかりするのはご注意を……。

バイク女子は見ています

たとえバイク好きが共通事項であっても、男女にはいろいろな違いがあるんです。
女性脳は男性脳に比べ、協調性や周りへの気配りをする部分が発達していると言われています。
危険なスピードやぎりぎりの運転は好まず、周囲への気配りをもったライディングをする人へ好意を持つのです。
ヘルメットを被っているとなかなか女性と気がつきにくいと思いますが、近くでバイク女子は見ていますよ♪

素敵なバイク男子との出会いをきっかけに、もっともっとバイク女子が増えますように。
関連キーワード
バイクグッズに関連した記事