高機能インナーウェアおすすめ特集!冬でも温かいバイク装備を紹介します!

ぼちぼちとライダー泣かせの季節『冬』がやって参りました。皆さんはもうバイクの冬支度はお済でしょうか?

あったか装備は欲しいけれど、ウィンタージャケットを新調するほどの余裕は……、躊躇してしまう方々に読んでほしい。

今回は、寒~い冬を少しだけ快適に乗り切るべく「身体・首元・顔の防寒特集」です!

高機能系インナーウェア

ここ数年でライディングウェアの性能は一段と高くなりました。
それはインナー・アンダーウェアも同様で、様々な発想により高機能ウェアが登場しています。
吸湿発熱系素材か!遠赤外線効果素材か!それとも多層防風素材か!
ユーザーのニーズに合わせてお選びいただけます!

HenlyBegins ヘンリービギンズ HBV-020 防風インナー ネックウォームタイプ


防風生地と起毛生地の2層構造により防寒効果を向上させています。
インナーシャツとネックウォーマーを一体化したような形状のため、一番冷えを感じる首部からの冷気もシャットアウト!

商品詳細はこちら

山城 YAMASHIRO 防風ストレッチインナージャケット


防風はもちろん、遠赤外線による発熱効果のある素材と裏地起毛で鉄壁の守りを実現しています。
ポリウレタンコーティングされた前面も含め伸縮性のある生地を使用しているため、ライディングを阻害しません。

商品詳細はこちら

GOLDWIN ゴールドウイン 光電子スーパーヘビーウエイトシャツ GSM14358


真冬のモーターサイクル専用の超厚アンダーです。
『サーモライト光電子®』という素材を使用し、遠赤外線の力で自然な温かさを実現しています。
温かさだけでなく、吸汗・速乾性に優れているため、汗冷えやウェア内の快適性のキープにも効果的です。

商品詳細はこちら

MIZUNO ミズノ ブレスサーモ エブリプラス Vネック長袖シャツ


ミズノ独自の吸湿発熱素材、ブレスサーモを使用したアンダーシャツです。
バイク専用開発ではありませんが、冬の屋外作業も視野に入れた設計のため温かさは折り紙付き。そして、何と言っても安いのがうれしいところ。

商品詳細はこちら

RSタイチ アールエスタイチ RSU264 防水 インナージャケット


インナーウェアとは少し経路が異なってしまいますが、RSタイチのこちらは「防水インナージャケット」。防水に加えて、防風性も兼ね備えいます。
防水機能のないアウタージャケットで濡れるシチュエーションに遭遇しても、このインナージャケットを着ていれば安心です。
付属品には収納袋もあるので、コンパクトにまとめてバッグ等に入れておいてもいいかもしれません。

商品詳細はこちら

首元をしっかりガード

ライディングの姿勢をとると、どうしても首元からの冷気が入りやすくなります。
大きな血管が通る首が冷えると全身が冷えやすくなってしまいます。
そんな時は、バイク専用のネックウォーマー&フェイスマスクがありますよ!

HenlyBegins ヘンリービギンズ HBV-022 防風防寒フルフェイスマスク


首元から頭までほぼ全体を覆う大型のフェイスマスク。
首の前側には防風生地使用し、冷たい風をシャットアウトしながら、口元・耳・顔・頭と各所を保温できます。
目出し帽スタイルだけでなく3つのスタイルを選ぶことが出来ます。

商品詳細はこちら

RSタイチ RS TAICHI RSX145 フリースフェイスマスク


肌触りのよいフリースが顔の下半分から首元まで覆うフェイスマスク。
どちらかというとフェイスマスクというよりもネックウォーマーに近い使い方が出来ます。
マスク後部の伸縮性ベルトが、ヘルメット装着時のズレを防止し、フィット性を向上します。

商品詳細はこちら

GOLDWIN ゴールドウイン 光電子フルフェイスウォーマー


顔・頭・首周りまで広く保温性を高めるフルフェイスウォーマーです。
光電子®素材により自然なあたたかさをキープしながら吸汗・速乾性にも優れています。

商品詳細はこちら

KOMINE コミネ AK-016 防寒フリースマスク


温かなフリース素材を使用したフェイスマスクです。
ヘルメットを着用してもズレにくいヘッドキャップ付きのフェイスマスクです。

商品詳細はこちら

冬でも革ジャン!


実は筆者、真冬でも革ジャンでバイクに乗っています。
レザージャケットは走行風はある程度通しませんが、保温力は殆ど無いのです。
エスキモーのような毛皮であればまた違うとは思いますが……。
したがって、冬のライディングでのレザージャケットはとても寒いのです。
それでもお気入りの装備でバイクに乗りたい!そんな筆者は現代のハイテク素材を使用したインナーウェアで対応しています。
今回ご紹介した商品は、最新のウィンタージャケットをお持ちの方でも更なる快適性が得られると思いますので、是非チェックしてみてください!

車種に関連した記事