冬を乗りきれ!極暖素材:プリマロフトを使用したウィンタージャケット 6選
色付いた紅葉が散り始めたら、いよいよ本格的な冬シーズンの到来です。この季節になると週ごとに、特に朝の最低気温が下がっていくのが目に見えてしまいます。バイク通勤をされている方には少しつらい季節ですよね。ただご安心下さい、最近のバイク用アパレルには高機能素材と呼ばれるものを採用しているアイテムがあります。有名なものですと、コーデュラやゴアテックスがありますが、その名の通り通常の繊維に特定の機能を持たせたものが多いです。今回はその中でも、特に「極暖」アイテムに使用されることの多い「プリマロフト」という素材を使ったアイテムをご紹介致します。

高機能素材を使用した極暖ジャケットのすすめ

girl-g3c2951876_1920.jpg
ポリエステルを使用した素材や、ダウンジャケット、ボアを使用したジャケットなどがウィンタージャケットでは一般的です。では高機能素材を使用したジャケットにはどのような効果があるのでしょうか?保温性に関して言えば、使用している材質の量や、ジャケット自体の折り方で変わるので一概には言えませんが、それほど大きな違いはないかもしれません。ただし高機能素材には「軽量」「透湿性」といった強みがあります。同じ保温性を発揮するのでも、高機能素材の方がより軽量に作れるケースが多いです。また体感的な寒さにつながる湿気に関しては、透湿性に優れた素材が多いため、こちらでも「暖かさ」につながると言えます。

極暖素材:プリマロフトとは?

topics_t_primaloft.gif

参照:ラフ&ロード

極暖系の高機能素材には「シンサレート」「プリマロフト」が一般的にも耳にする素材かと思います。どちらも軽量で保温性の高い素材として知られていますが、どういった特徴があるのでしょうか?
「シンサレート」はアメリカの3M社が開発した繊維素材です。通常のポリエステル綿よりも細い繊維のため、空気を取り込める量が多くかつ一度取り込んだ空気を逃がしにくいため、保温性が高いのが特徴です。また一本一本の繊維が細いため、通常より軽量に仕上げることが可能となります。衣類のほか寝具などでも使用されています。
それに対して「プリマロフト」ですが、こちらもアメリカのアルバニー社が開発した素材です。政府の要請を受けて軍事需要として開発したのが始まりで、のちに民間衣料向けに転用された素材です。ベースとしては寒冷地で使用していたダウンに変わる素材で、より軽量かつ透湿/防水効果を高めた仕様となっています。こちらも衣料のほかに寝具でも使用されており、特に透湿性が高いことや水洗いしても性能が落ちないこと、天然羽毛ではないためアレルギーの心配がないことより、広く普及しているイメージです。

プリマロフトを使用した極暖ジャケット 6選

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード |WSプリマロフト(R)ポーラージャケットFP

24109045_photo.jpg

モデル: H180 B91 W75 H93 着用サイズ: L

数ある21秋冬ジャケットの中において、電熱アイテム以外で最強に暖かいのはどれかと問われたら、迷わずこちらをおすすめします。ラフ&ロードでは旅人ライダーを数名応援しており、その中の何人かは毎年北海道・宗谷岬へ元旦ツーリングを敢行しておりますが、その際に着用しているジャケットがこちらです。防風ストレッチ素材を採用したアウターに、ボア付きフードとネックウォーマーを標準装備し、さらにプリマロフトとチタン起毛トリコットとを採用したインナージャケットを装備しています。防寒・防風・防水の3冠を達成することはもちろん、保温性以外に着心地や動きやすさまでを追求した究極の冬ツーリングジャケットです。

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード |WSプリマロフトウォームパーカー

24752092_photo-コピー.jpg

モデル: H180 B91 W75 H93 着用サイズ: L

こちらは上のWSプリマロフト(R)ポーラージャケットFPほどではないですが、インナーにプリマロフトを採用したアーバンスタイルのジャケットです。アウターにはベンチレーションを採用していたり、インナージャケット自体は取り外せることもあり、こちらの方がご使用頂けるとシーズンが長く万人におすすめ出来ます。フード自体は取り外しが可能なので、乗っている車種や移動方法(高速を使用するor下道を突き進む)によって、お好みで調整可能です。

POWERAGE:パワーエイジ |PJ-20205 プリマロフト(R)ウォームパーカー

PJ20205_GY-BK.jpg
街中に溶け込むスタイルで人気を博しているパワーエイジ。こちらのモデルはフードを付けたアウトドアスタイルのジャケットです。ただしその機能はライディングジャケットとしてしっかりアジャストされています。風の侵入を防ぐべく、前側のジッパー部分にはトリプルフラップを採用しており、また裾からの冷気の侵入をシャットアウトするウエストゲーターも装備していまうす。乗車時のポジションに合わせた立体裁断とストレッチ素材とを採用しているため、通常のウィンタージャケットにありがちなつっぱり感も皆無です。もちろん中綿にプリマロフトを採用しており、軽量かつ保温性・撥水性を備えた人気の一着です。

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード|プリマロフトウインターアーバンフーディー

rr7699_hb01-1.jpg
今季ラフ&ロードがリリースするプリマロフトを使用したジャケットの中で、最もアーバンスタイルが色濃いアイテムです。中側にプリマロフトを使用している点は他と同じですが、外側にへリンボーン素材を採用しているため、防風仕様で外気の侵入を防ぎつつも、質感の高い雰囲気となっています。こちらのモデルもベンチレーション機能を備えているため、厳冬期以外の春秋シーズンからもご使用頂けます。

GOLDWIN|パーテックスライトジャケット GSM24150

24752388_photo.jpg

モデル: H180 B91 W75 H93 着用サイズ: L

21秋冬の新作ジャケットにジップインジップ機能で対応するインナージャケットです。表生地には防風性に優れたパーテックスカンタムを使用し、中綿にはプリマロフトを採用しています。ジャケット自体にはストレッチ感のある素材を使用しているため、アウタージャケットとの相性も良く着心地もしなやかです。インナージャケットにも関わらず、ポケットが4つも装備されている点も嬉しいところです。

ROUGH&ROAD|WGプリマロフト チタンインナージャケット

rr7992_01.jpg
最強ジャケット:WSプリマロフト(R)ポーラージャケットFPに採用されているインナージャケットで、もちろん単体購入も可能です。内側に配置されたプリマロフトと、外側に施されたチタンスパッタリング加工の効果により、体温を反射させて閉じ込めつつ、冷えの原因となる湿気は外側へ放出しています。また外気をシャットアウトする構造になっているため、暖かい空気の層を逃がしません。胸元と両サイドの合計3か所にポケットが配置されており、両サイドにポケットに関しては、裏起毛を採用しているため、ハンドウォーマーとしても使用出来ます。

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
アパレルに関連した記事