2021上半期!人気ツーリングタイヤランキングTOP10【Webikeおすすめ】
夏のツーリングは新品タイヤで!

いよいよ2021年上半期も終わり!
例年春に新商品が発売されるタイヤは上半期で人ランキングがガラッと変わるものです!
そこで今回は2021年上半期にWebikeで実際に売れたツーリングタイヤの中から人気ランキングTOP10をご紹介!

20210625_summer_sale_649_174.png

2021上半期!人気ツーリングタイヤランキングTOP10

第10位 ミシュラン|POWER 5

ck41je17603gf0jpqg5bmemne-michelin-power5-tyre.max_.jpg
ワインディングを楽しむならこれ!
上半期第10位は、ミシュランのPOWER5!
このタイヤは世にも珍しい公道使用100%を想定して設計された純粋な公道用スポーツタイヤです。
スポーツタイヤというと、低温路面や走り出しで不安定に感じたり、ウェットに弱い、摩耗が早いという印象が持たれがちです。
しかしこのPOWER5は初めからそういった公道ならではのネガを想定して開発されているので、走り出しから安定したグリップ感とウェット路面でのグリップ力、そしてスポーツタイヤならではの楽しいハンドリングが両立されているのです!
ちょっとツーリング先でワインディングを楽しみたいという場合はとってもおすすめ!

カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・街乗り
・ワインディング
・ウェット路面
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第9位 IRC|TOURING RADIAL RMC810

rmc810_01.jpg
コスパ最高!
オフロードやスクータータイヤで定評のあるIRCがリリースしたラジアルツーリングタイヤ!
その一番の特徴は何といっても安さ!一般的にタイヤは新製品がリリースされるとその前モデルが少し安くなって販売されるという特徴があります。
このRMC810の場合、最新のタイヤであるにも関わらず、価格は他社の旧モデル並みというコスパの良さ!前後合わせて3万円台で買えるとあって、コスパ重視のライダーに人気の模様。
もちろん性能面は不足なく、ツーリングタイヤらしいニュートラルなハンドリングでまさにベーシックなツーリングタイヤです。

ちなみにIRCは大型車両向けタイヤでは馴染みがあまりないですが、オフロード競技の分野では向かうとこ敵なし!バイアスハイグリップタイヤの分野でもレーサーに愛用される意外と競技志向のブランドなのです。
カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・街乗り
・ロングツーリング
ユーザー評価
コスパ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第8位 ブリヂストン|BATTLAX SPORT TOURING T32

pr181-detail_01.jpg
大人気T31の後継モデル!
今年発売開始されたばかりのニューモデルT32が第8位!
大人気だった前作T31の性能をそのまま1段階高めただけにとどまらず、ウェット路面でありがたい排水性が向上するパルスグルーブという特殊な溝を採用することで雨でも安定して走れるようになりました。
比較的太めの溝になったT32ですが、接地面積はT31比13%UPとむしろ向上!
ドライ路面でのハンドリングも少しスポーティになって、自然なハンドリングで扱いやすく、ウェット路面にも強いが楽しいタイヤに仕上がりました!

おなじみ重量車向けのGTスペックは今作では車重250Kgからと範囲が広くなったので、安定感か軽快感どちらを優先するか、タンデムや荷物をどれくらい積むかで選べるようになりました!

カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・街乗り
・ツーリング
・ウェット路面
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第7位 ブリヂストン|BATTLAX HYPER SPORT S22

pr153-detail_01.jpg
なんでもこなせる万能タイヤ
ワインディングを楽しむなら定番のタイヤS22!
このブリヂストンのSシリーズは、どの世代も非常に評価が高いタイヤです。
その理由はズバリ懐の深さ!街乗りから峠、ツーリング、そしてサーキット走行会まで、どのシチュエーションで使っても不満のない性能を発揮してくれる優等生的タイヤなのです。
ハンドリングはブリヂストンらしく主張が少なくライダーの意のままに扱えます!

また、実はスポーツ車を中心に新車装着タイヤとしても採用例が多いのも特徴!あらゆる意味でよくできたタイヤです。

カテゴリー オンロードタイヤ・スポーツ おすすめシチュエーション ・街乗り
・ハイペースなツーリング
・ワインディング
・走行会
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第6位 ミシュラン|PILOT ROAD 4

cjfv4p8hs0wb80hqmyylug3a3-moto-tyres-pilot-road-4-persp.max_.jpg
大人気タイヤが安くなって復活!
雨に強いタイヤとして一躍大人気タイヤとなったミシュラン名作シリーズの一つパイロットロード4!
発売開始からすでに7年近くたっていますが、今年ラインナップに復活すると同時に、一躍大人気タイヤの一角を占めるようになりました!
すでに後継タイヤのROAD5が登場していますが、ROAD4のウェット性能は現代においても十分に通用するどころか他社を圧倒!乗り心地の良さも特筆ものです。
そんな名作タイヤがお求めやすい価格となったとあって、第6位にランクインです!

カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・街乗り
・ロングツーリング
・ウェット路面
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第5位 ブリヂストン|BATTLAX TS100

TS100-1.jpg
街乗りメインたまにツーリングならコレ!
人気タイヤS20EVOのパターンをそのままに登場したTS100。
当時はスポーツタイヤだったS20EVOがベースなだけあって、ワインディングを重視するライダーにおすすめ!
前後そろえてもお求めやすい価格で、コスパに優れるワインディング向けタイヤを探しているなら一考の価値ありです!

カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・街乗り
・ツーリング
ユーザー評価
コスパ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第4位 ダンロップ|SPORTMAX ROADSMART IV

tyre_img.jpg
疲れにくいタイヤ!
どっしりと安定感を重視してタイヤを選ぶならROADSMART IVがおすすめでしょう!
このタイヤは疲れにくいタイヤを目指して作られたという珍しいツーリングタイヤです。
開発に当たってはライダーの疲労度やストレスを著名な研究所立ち合いの元、測定するという気合の入ったタイヤです。

乗り味はダンロップのツーリングタイヤらしく安定感とライフ重視でロングツーリングで穏やかに乗りたいライダーにおすすめです

カテゴリー ツーリング/ストリート おすすめシチュエーション ・ロングツーリング
・タンデムツーリング
・キャンプツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

次のページではいよいよTOP3を発表!
1位はちょっと意外なあのタイヤ!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
オンロードタイヤに関連した記事