【DIDスペシャル企画第4弾】チェーンのプロにチェーン交換について教わってみた。

スタントライダーとして有名な『OGA』、林道を楽しむ趣味の様子を「OGAチャンネル」としてYoutubeで配信しているのでオフロードが趣味の方、それもガチのモトクロスレースではなく『普通にオフロードを楽しみたい方』ならご覧になった事もあるのでは?

そんなOGAが、工場見学に続いて今回はチェーンのプロであるDIDの方に正しいチェーン交換方法のレクチャーを受けている動画を紹介いたします。
イマイチ曖昧な「チェーン交換タイミングの判断方法」や、「ココが減ったら伸びていなくても交換」という意外な場所の解説もあるので、必見です。

さらに、シールチェーンとノンシールチェーンのそれぞれのメリットを明確に説明してくれています。
もちろん交換作業のコツもしっかり解説してあるので、これからチェーン交換してみようと思っている方は大いに参考になるはず!
動画なので実際にツールを使うとどういった動きになるのか?が良くわかりますよ!

オフロードの場合に注意すべき意外な事

20210604_001.jpg 今回教わるのはこの方!DIDの大石さん

20210604_002.jpg 外側のダメージとは?!

20210604_003.jpg 確かにしばらく乗ってるとこうなりますよね?

なんたる贅沢……!なんとDIDの方にチェーン交換作業を実際にやってもらっています。
シールチェーンは伸びにくいので「伸びよりも減りの方が先」という、ちょっと意外な寿命に関する話からスタート。

具体的な交換タイミングを数値で!

20210604_004.jpg 伸びると言っても極僅か。
シールチェーンで1%、ノンシールチェーンで2%伸びたら交換タイミング。


20210604_005.jpg それはつまりこういう事!

チェーン交換時期について解説している記事や動画は数あれど、具体的にチェーンスライダーを〇mm引いたら交換のタイミングという話は初なのでは?!
しかもチェーンメーカー自ら!
うーん!わかりやすさ世界一!

誰もが思う素朴な疑問

20210604_006.jpg クリップで止まってるのに『軽圧入』と言われるのはなぜ?

オンロードで主流のカシメ式はその名の通りカシメる必要があるので、特殊工具が無いと交換できません。
ではオフロードで主流のクリップ式は?
せっかくクリップで固定しているのに軽圧入式と言われる理由は?

実はクリップ式でもプレートは圧入する必要があるのでした。
そして、なぜクリップなのに圧入の必要があるのか?
そこには意外な(そして大切な)理由がある事を解説してもらっています。

実際に交換してみる

20210604_007.jpg 特殊工具の正しい使い方!

20210604_008.jpg ピンが抜ける際の動きが一目瞭然です。

20210604_009.jpg プレートを軽圧入する方法もバッチリ。

20210604_010.jpg 軽圧入完了時のチェック方法も明確です。

20210604_011.jpg クリップの固定方法も完璧!

知りたい部分が超アップで見えるし、実際に作業している動画なので『力の掛かる感じ』が手に取るように解ります!
今までならベテランライダーに聞いたり、腕利きショップのメカニックの動きを盗み見たりしながら学ぶしかなかった作業のキモが大公開。

シールチェーン VS ノンシールチェーン

20210604_012.jpg それぞれに意外な効果が……。

シールチェーンは単なる耐久性重視なだけかと思ったら、意外な効果が目白押しでした。
特にチェーンが波打ちにくいので乗り味がマイルドになるというのは目からウロコなのでは?

さすがチェーンのプロ!

単なる交換作業手順紹介に留まらず、交換タイミングの見極め方から交換作業のコツまで完璧です。
動画は約17分半ですが、今回も初心者からベテランまで必見です。
動画が見てみたくなった方は下記!!

DID工場潜入企画とチェーン基礎知識のおさらい動画はコチラ

第一弾:【驚愕の機械たち】DIDのチェーン工場へ見学にいったら完全にピタゴラスイッチだった!!


第二弾:【ワクワク工場見学 】DIDのリム工場に潜入!更に意外なアレを作ってたぞ!!

第三弾:【チェーンの基礎知識】ライダーが知っておくべきチェーンの知識

DIDのチェーンに交換してみたくなった方は下記からどうぞ!

関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
チェーンに関連した記事