オイル交換は汚れ仕事?そんな諦めを少しでも軽減するアイデア工具とテクニック

バイクメンテナンスの必須項目であり最重要項目のひとつがエンジンオイルとオイルフィルター交換です。どちらも作業自体はそれほど難しくはありませんが、機種によっては抜けたオイルで車体が汚れて、その洗浄が面倒なこともあります。そんな場面で手間を軽減する便利な道具やテクニックを紹介しましょう。

エンジンの設計上致し方のないレイアウトもある

ハーレーダビッドソンスポーツスターのエンジンオイルの潤滑方法はドライサンプで、エンジンオイルはクランクケースとは別のオイルタンクから供給され、戻っていく。エンジンオイル交換時にはオイルタンクのドレンホース先端のプラグを外してオイルを抜く。このホースはゴム製で柔軟性があるので、オイルが車体に触れることなく直接オイルドレンパンに流し込める。

本格的なバイクシーズンを迎えて、エンジンを好調に保つために欠かせないのが定期的なオイル交換とオイルフィルター交換です。エンジン内部の摩擦を減らし、燃焼で発生する熱を逃がしつつ気密性を保つエンジンオイルは、まさにエンジン内部を駆け巡る血液のようなもの。バイクメンテナンスの最重要項目として実践しているライダーも多いことでしょう。

オイルを抜くにはエンジン下部のドレンボルトを取り外し、オイルフィルターも同様にカートリッジタイプならカップレンチで取り外し、エレメント内蔵タイプならエンジンからフィルターカバーを取り外して交換します。エンジンにとって最も重要な潤滑油なので、オイル漏れにつながるドレンボルトやフィルターの緩みがあってはなりませんが、ドレンボルトのワッシャーは必ず新品に交換するなどのセオリーを守れば、作業自体はそれほど難しいものではありません。

実際のオイル交換とは別に面倒な作業が必要な場合があります。それはオイルドレンボルトやオイルフィルターの取り付け位置による車体の汚れです。オイルドレンボルトはエンジンで一番低い位置にあるオイルパンに装着されていることが多いですが、抜いたオイルが流れる先にマフラーやスタンドがある場合があります。マフラーの場合、アフターマーケットの集合管に交換するとオイルドレンボルトもオイルフィルターも外せないこともありますが、それは社外品だから仕方ない面もあります。

しかしメーカー純正状態であっても、オイルドレンボルトやフィルターを外した際に漏れたり流れたりするオイルが車体に付着するものがあります。どこにも干渉せず抜けたとしても、オイルドレンやフィルターベース部分はそれぞれ復元前にパーツクリーナーで洗浄するのが通常パターンなので、エンジンや車体に付着したオイルも同時に洗浄すれば済むことです。しかし車体各部の各部に流れるオイルを追いかけて拭き取るのは意外に面倒で、洗浄しきれなかったオイルが悪さをする場合があるので無視できません。

POINT
  • ポイント1・エンジンはオイルやオイルフィルターを定期的に交換することで好調さを維持できる
  • ポイント2・パーツ交換やエンジン設計の都合上、ドレンボルトから抜いたオイルが車体に付着する機種もある

オイルの軌道を変更して車体の汚れを回避する

超ロングセラーモデルであるヤマハSR400もドライサンプ方式で、フレームのダウンチューブをオイルタンクとして使っており、下部のドレンボルトを外すとフロントタイヤに向けて勢いよくオイルが流れ出す。フロントフェンダーに段ボールを立てかけるだけでタイヤに掛かるオイルを防ぐことができ、余計な洗浄作業をしなくても済む。

ヤマハSR400のクランクケース下部ドレンボルトはオイルパン後部にあり、抜いたオイルがセンタースタンドに降り掛かりそうなので、クリアファイルでカバーすることでスタンドへの飛沫付着を防止する。汚れてから拭くより汚れない予防が重要。

オイル交換時の要注意機種としてよく知られているのは、先日ファイナルエディションの発売が話題となったヤマハSR400です。エンジン外部にオイルタンクを持つドライサンプ方式のSRは、エンジン前側のフレームダウンチューブをオイルタンクとして利用しています。そのドレンボルトはフレーム最下部に前向きに付いており、養生なしでボルトを外すと前輪めがけてオイルが飛び出します

タイヤにオイルが付着すればスリップ、転倒の原因になるのでたいへん危険なのでパーツクリーナーで完全に取り除かなければなりません。しかしタイヤに掛かったオイルはトレッド面を伝って地面に到達し、洗浄は広範囲に及びます。さらにできる限り拭き取ったとしても、どうしても不安感は残ります。

そんな厄介な作業を回避するため、多くのSRオーナーが実践しているのがフロントフェンダーにエプロンを貼り付ける方法です。段ボール紙をガムテープでフェンダーに貼り、裾部分にオイルドレンパンを置いておけば、ダウンチューブ下部から飛び出したオイルは段ボールに当たって流れ、前輪を汚す心配はありません。オイルが抜けたら段ボールを剥がして捨てれば、パーツクリーナーでタイヤを洗浄する必要もありません。

軌道を変えることで車体を汚さずオイルを抜くテクニックは、エンジン下部のドレンボルトでも使えます。ヤマハSR400にはダウンチューブのオイルタンクとは別に、エンジンのクランクケース下部にもドレンボルトが存在します。このボルトは車体後方から前方に向かって横向きに取り付けられており、ボルトを外すとセンタースタンドに掛かるかどうかギリギリのラインでオイルが垂れるようになっています。

もとよりセンタースタンドは、飛散したドライブチェーンのオイルで汚れがちな部品ですが、さらにエンジンオイルが付着すれば洗浄の手間が増えてしまいます。またスタンドに付着したオイルを無視すれば、スタンドから垂れたオイルが後輪に付着するリスクもあります。

このように、エンジンから流れ出たオイルをスタンドに付着させたくない場合には、段ボールでも構いませんが、柔軟性があって狭い隙間にも突っ込みやすいクリアファイルを使うのも有効です。場所によってはビニール袋をガイドにしても良いでしょう。

どちらにしても、流れ出るオイルの軌道を少し変えるだけで、車体の汚れを大幅に軽減することができます。

POINT
  • ポイント1・オイルを抜いた際にタイヤに付着するような場合は、事後の洗浄ではなく事前の対策が必要
  • ポイント2・身近にある簡単な材料でオイルの軌道を変えるだけで、オイルを抜いた後の洗浄作業が大幅に楽になることもある

オイルを流す樋(とい)を追加して漏れをキャッチ

薄いアルミ板をゴムでコーティングしたフレキシブルファンネルは形状を自由に変えることができ、その形状を維持できるのが特長。スポーツスターのオイルフィルターの取り付け面は手が入りづらい場所にあるが、樋のように曲げた状態で挿入できるので段ボールやクリアファイルより的が絞りやすい。

ファンネルがフィルター合わせ面より奥に挿入できるので、垂れたオイルはクランクケースや電装系の配線に付着することなくエンジン手前のオイルドレンパンに導くことができる。鋭角に折るとアルミ板が折れて破損につながるおそれがあるので、アール形状で用いるようにする。

軌道を変えるのと同じ発想ですが、そもそものエンジン設計、部品の取り付け方からしてオイル汚れが避けられない場合、オイルを流すための新たな道=樋(とい)を設置するのが有効な場合もあります。

これもよく知られていますが、クランクケース前方に横向きに装着されているハーレーダビッドソンスポーツスターのカートリッジオイルフィルターがこれに該当します。クランクケースの底面ではなく垂直面にフィルターが横向きに付いていれば、これを緩めた際に合わせ面からオイルが漏れるのは当然です。その際にフィルター座面の下に何もなければオイルドレンパンで受けられますが、スポーツスターは合わせ面の下部にクランクケース本体やフレームのダウンチューブに取り付けられた電装系があるため、対策なしでフィルターを緩めるとそれらの部品にオイルが垂れてしまいます。

パーツクリーナーで洗浄すれば見かけ上はきれいになりますが、入り組んだハーネスに付着したオイルをいちいち拭き取るのはフィルター交換以上に面倒な作業になってしまいます。

そこで重宝するのがフレキシブルファンネルと呼ばれる道具です。アルミニウムの薄板をニトリルゴムでコーティングしたフレキシブルファンネルは、自由な形に曲げて形状を維持できるのが特長で、段ボールやクリアファイルでは追従できない複雑な部分にも差し入れることができます。

スポーツスターのオイルフィルター交換の場合、流しそうめんの樋のように曲げたファンネルをフィルターベースの下部に差し込んでフィルターを緩めることで、合わせ面から垂れたエンジンオイルを見事にキャッチでき、エンジンやフレームを汚すことなくオイルを抜くことができます。

こうした例はスポーツスターだけではありません。ヤマハMT-10のオイルフィルターも進行方向に対して直角に取り付けられており、カートリッジを緩めるとオイルがエキゾーストパイプを直撃します。オイルが付着したらパーツクリーナーで洗浄すれば良いのですが、完全に拭き取らないとエンジン始動後にオイルが焼ける異臭と煙が立ち上るので、これもやはり厄介なことになります。

ここでの対処方法もスポーツスターと同様で、クリアファイルで樋を作るだけでオイルはエキパイに当たらず、洗浄作業をひとつ省略でき時間とパーツクリーナーの節約につながります。

誰だって面倒な洗浄が待っているのが分かっていたらオイル交換へのモチベーションは下がります。抜いたオイルがどう流れるか、汚れを最小限に抑えるにはどうすれば良いかを考えることで、いつもの作業をもっと効率的にできる可能性があるかもしれません。

補機類の配置でこのように配置せざるを得なかったのだろうが、フィルターカートリッジを外すと同時にエキパイがオイルまみれになるヤマハMT-10。毎回オイルが付着したエキパイをパーツクリーナーで洗浄するのもメンテの楽しみかもしれないが、面倒だと思うなら即席のカバーを装着するだけで完璧に保護できる。自分の愛車の構造に応じて、汚さない工夫をしてみよう。

POINT
  • ポイント1・コシの強い段ボールや反発力のあるクリアファイルが使いづらい場合はフレキシブルファンネルを活用すると良い
  • ポイント2・流れ出るオイルを樋で受けてオイルドレンパンに導くことでフィルター交換作業の効率が大幅にアップする
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
エンジン,その他の工具に関連した記事