一流カスタムショップおすすめのHEL(ヘル)!ブレーキラインは信頼がモノを言う【WMS2021】

ワークスにも採用されたイギリス発ブレーキライン。

八王子にあるカスタムショップのリアライズがレース活動などパフォーマンスマシン作りの末にたどり着いたイチ推しのブレーキホース、それがイギリスに本社を構えるHEL社の製品だ。

何より信頼性と安全性を優先した質実剛健な造り

HELがこだわったのは、とにかく信頼性と強度。

バンジョーフィッティングの素材にはクラック等トラブルを起こしやすいアルミは使わず、経年劣化に強いステンレスを採用。
強度を優先して完全カシメ方式としたほか、これまでの主流である複数パーツ構造ではなくシンプルで信頼性の高い2ピース構造とした。

しかも、カシメた後でも独自のフレキシブル構造でバンジョーの首振りが可能となっており様々な車種へのフィッティングが容易となっているのもポイントだ。
MotoGP Moto2ワークスチームも採用するその実績は、ストリートでも存分に威力を発揮してくれる。

メッシュホースをカバーするPVCチューブは全15色と豊富なカラーリングから選べるのも魅力。
ドレスアップとしての効果も高い。

素材にこだわり、シンプルでありつつ信頼性を確保

フィッティングやジョイントの素材にはサビに強いステンレスを採用。
豊富な角度が揃っている。

左は一般的なジョイント構造。
右がシンプル構造としたHELで信頼性を確保している。

ニップルバンジョーなどもやはりステンレスで信頼性を確保。

強度優先の完全カシメ方式ながら、カシメ後の首振り調整も可能。

カバーや銅ワッシャー、クランプは単体でも購入できる。

リアライズの高い技術が提供するペイント&コーティングサービス

カスタムショップであるリアライズでは、自社内にある塗装ブースでのペイント&コーティングサービスも展開中だ。

ガンコ―ト

セラコート

結晶塗装

パウダーコート

高い放熱効果や耐薬品性・圧倒的硬度に優れたガンコートや、耐候性に優れたアクリルシリコン樹脂に防食セラミックコートを配合したセラコート、俗にいうチヂミ塗装でおなじみの結晶塗装、それに複雑形状の塗装に向いたパウダーコートと、塗装したい部品や目的が分かっていれば専門スタッフが最適なペイントを提案してくれる。

ロイヤルエンフィールド八王子

リアライズは、ヴィンテージ系モーターサイクルブランドであるロイヤルエンフィールドの正規販売店「ロイヤルエンフィールドTOKYO WEST」も展開中。

フラッグシップカフェレーサーモデルのコンチネンタルGT650をはじめ試乗展示車を多数用意して待っている。
カスタムやペイントに強いリアライズだけに、自分好みのマシンに仕上げたい人も頼りにできる心強いディーラーだ。

リアライズ
〒192-0066
東京都八王子市本町29-19
Tell 042-686-2504

今回紹介した商品
ブレーキホース
●参考価格:8250円~(税込み)

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ブレーキに関連した記事