”ちょうどいい”快適な日々を足元からはじめよう!定番ライディングシューズがラインナップをさらに強化!【WMS2021】

人気の定番シューズが最新版になって登場!

ライディングギアに求められる快適性・運動性・安全性そして使いやすさを、とことん追及した製品開発を行っているゴールドウイン・モーターサイクル。
その防水透湿機能を持った人気の定番ライディングシューズがブラッシュアップしてラインナップだ。

防水透湿性と安全性の高い使い勝手にすぐれたシューズ

Gベクターライディングシューズ GSM1057

防水透湿にはおなじみのGベクターブーティを採用し、アッパーにはムレを放出しやすく乾きやすいメッシュ素材。
歩きやすさのために設計されたラウンドソールも定番化している。

つま先が足の指の付け根部分から反り上がった形状になっているので、歩行時の蹴り出しを助け動きやすく、タウンユースでもすぐれた使い勝手を発揮する。
足囲も日本人の足に合ったやや広めで、バイクに乗るときも降りて歩くときも「ちょうどいい感」で手放せなくなる快適シューズだ。

●カラー:ブラック/キャメル/オリーブ×ブラック
●サイズ:23cm~30cm
●足囲:3E ※やや広
●素材:ダブルラッセルメッシュ/牛革/人口皮革(Gベクターティー)

乗りやすくて歩きやすい!

くるぶしまでしっかり隠れて足を保護してくれるハイカットスタイル。

素材は防水透湿のGベクターブーティとダブルラッセルメッシュに両つま先シフトガードには牛革を採用。

夜間走行時の後続車に対する被視認性を高める反射素材も採用している。

ソールはステップとのグリップ感と歩きやすさを両立。
ソール色はカラバリごとに異なっておりデザイン性を高めている。

装着方法は通常の靴と同じトップインサート。
足囲サイズにはやや広めの3Eを採用しており、足の出し入れがしやすくなっている。

ペダルやステップとの擦れによる傷や傷みから守るシフトガードには丈夫な牛革を採用。

足首にはシューレースホルダーを配し、乗車中にシューレースが車体と絡まってしまう不慮の事態を防いでくれる。

カラーバリエーションは3種類

カラーバリエーションは、普段の街歩きにも違和感のないキャメル、ブラック、オリーブ×ブラックの3種類。

サイズは23.0~28.0cmまでは0.5cm刻みで、これに29.0cmと30.0cmが加わった全13サイズと幅広く揃っている。

今回紹介した商品
Gベクターライディングシューズ GSM1057
●参考価格:1万7050円(税込み)
●サイズ:23~30cm(全13サイズ)
●カラー:キャメル(CA)
今回紹介した商品
Gベクターライディングシューズ GSM1057
●参考価格:1万7050円(税込み)
●サイズ:23~30cm(全13サイズ)
●カラー:ブラック(K)
今回紹介した商品
Gベクターライディングシューズ GSM1057
●参考価格:1万7050円(税込み)
●サイズ:23~30cm(全13サイズ)
●カラー:オリーブ×ブラック(VK)
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
フットウェアに関連した記事