ヤマハだけど!ホンダ純正のグリップヒーターを装着!【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!あったか装備コンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたあったか装備を紹介!
今回は、YAMAHA FZ1フェザーに乗る「FAZER くろ」さんのあったか装備をご紹介!

車両と自己紹介


【簡単な自己紹介】
バイク歴30年、街乗りからツーリング、サーキット走行会、バイクイベントやバイク用品店などに出かけるのが好きです。
2017年8月にFZ1 FAZERを購入。

あったか装備のこだわり

ホンダ純正 スポーツグリップヒーター を流用して、寒い冬の走行を快適にする方法を紹介します。

【目指す方向性】
一年中乗れるならバイクに乗って出かけたい!
冬でもバイクに乗りたいが「寒い」、手が悴んで動かなくなるほどに!
厚手のグローブを嵌めると操作性が悪くなる。
やっぱり、快適性を求めるなら「グリップヒーター」が必須でしょう!
ツーリングやサーキットまで!

【あったかいと実感するポイント】
Hiにすれば手の平が早く温まる。

製品紹介

1.HONDA:ホンダ
・品名:スポーツ・グリップヒーター

専用品ではないが、配線用のハーネスを流用

ラジオペンチ・ニッパー・結束バンド・絶縁テープ・パーツクリーナー・接着剤・ウエス・車両のサービスマニュアル
あれば便利:デジタルテスター(電圧・抵抗・導通など)



【取り付け】
付いているグリップを外す。
アクセル側は、アクセルワイヤー外す必要があるため、ボックスを外すとアクセルのタイコを外す。
クラッチ側は、ボンドで接着されているので、グリップの端に細い捧を差し込んで、パーツクリーナーを塗布し、接着剤を少しずつ剥がしてグリップを外す。
配線は、ONで通電する配線をサービスマニュアルの配線より確認して、そこから分岐する。
グリップヒーターアクセルのタイコを嵌めて、ハンドルに取り付ける。
もう一つのグリップに接着剤を塗布、スイッチ位置を確認しながらハンドルに付ける。
それぞれの配線をヒーターのハーネスに接続する。
スイッチを入れて動作確認をする。



【メリット】
グリップの太さがノーマルとほぼ同径に近く、違和感なく握ることができる。
ヒーターのスイッチを長押しするとヒータースイッチのランプが3回点滅(強)して消灯を繰り返し点灯する。
温度調整は点灯しているランプスイッチを長押しするとランプが2回点滅(中)して消灯を繰り返し点灯する。
さらに同様の操作をするとランプが1回点滅(弱)。
この操作を繰り返し行うことで、ランプスイッチの点滅回数で、強・中・弱と切替ができる。
バッテリー電圧監視システムにより、バッテリーの電圧が低下した場合、 グリップヒーターへの電源供給を自動的に中止することで、バッテリー上がりを予防している点。

【デメリット】
前回の温度調節を記憶していない点。


【感想など】
実際、装着してみてグリップの握り具合もノーマルと変わらないくらい自然な太さが良いです。デザインもGOOD!
操作スイッチがグリップと一体になってるので、シンプルで操作性も良いです。
エンジンを始動して暖気している間にグリップヒーターをONする。
ある程度、暖かくなってきたら温度調節を中(ランプ2回点滅)にして、状況に合わせて操作できるので便利です。
一度、使用すると手放せないですね。


今後狙っているあったか装備

ハンドルカバー、ベストなど、身体に装着できる温感装備など。

⇒ 投稿された日記はこちら


FAZER くろ」さん、あったか装備コンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、FAZER くろさんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ハンドルに関連した記事