電気系のアーシングとは違い、点火系からバイクのトルクとパワーを上げます!『OKADA PROJECTS:プラズマブースター』プラグの寿命も延びます!
今回ご紹介する商品はこちら!!
OKADA PROJECTSオカダプロジェクツ:プラズマブースター

「点火系チューニングは目に見えないし、本当に効果があるの~??」
というバイヤーの疑問に対してメーカーの担当者さんが「それなら見ていただこうじゃないの!」という勢いでWebikeに乗り込んで来てくれました。
今回はオシロスコープという機械を使って、プラズマブースターによって何が起きているのかを目で確認でき、仕組みも理解できました。
これは皆さまにもシェアすべきだね!ということでムービーにてご紹介します。
発売から15年以上のロングセラーには、それなりの理由があったのです。

ポイントをしっかり分かりやすくご紹介!!

キーワード「複数回点火」「電流増幅」の装置なのです

火花の強さではなくて、飛ばし方と回数を変える・・・?
ノーマルの点火は、スパークプラグの1回の放電火花によって燃焼室の圧縮混合気に着火させます。
世の中によくある点火系チューニングは、その電圧を上げるものや、設置側をアーシングしてロスを減らすものが多いですが、
プラズマブースターはなんと1回の点火信号に対して、瞬間的に3回以上の放電が起こるようになります。
また、トータルの電流(電圧ではないです)を増幅させることで、より良い燃焼をもたらしてくれます。
ぜひ測定器の波形の変化を、この目で確認してみてください。

こんな効果が期待できます

プラズマブースターによる瞬間マルチスパークで”始動性、アクセルレスポンス、トルクアップ、燃費などに期待できる”とメーカーさんは説明されています。

ぜひ、この動画と合わせてWebike購入者のインプレッション(生の声)もご覧いただけると納得できるかと思います。
プラズマブースター購入者のレビューはこちら

特に空冷4発、4ストミニ、スクーター系で効果を実感できて高評価のお客様が多くいらっしゃいますね。
Webikeスタッフの空冷Z1000やGROMにデモ機を取り付けたところ、特にトルクアップについて
想像以上の効果が体感できました。お借りしたデモ機を取り外して返却するのが惜しいほど…。

取付は簡単!

ていねいな取扱説明書が付属し、シンプルな結線で完了です。
タンクや外装を取り外してイグニッションコイルまでアクセスできる方であれば、DIYで取付ができます。
純正ハーネスに割り込ませるワンタッチカプラーも付属しています。

※体感には個人差、マシンの種類やコンディションによって異なります。
※点火方式(CDI式 or トランジスタ式)で対象製品も結線方法も異なりますので、お間違え無く!
(ページ下部に取り付け参考動画あり)
▼フルトランジスタ点火式 HONDA GROM(グロム) 取り付け紹介
▼CDI点火式 HONDA スーパードリーム110 取り付け紹介
※国内販売のスーパーカブ110(JA07、JA10)はトランジスタ点火ですのでご注意ください。
いかがでしょうか。『プラズマブースター』が気になってきましたか!?
目に見えない電装系チューンについては説明が難しいところですが
マルチスパーク、電流増幅による着実な爆発をぜひ皆さんにも体感していただきたいところです。

この小さな力持ちを、外からは見えない場所にそっと装着して、
それまでとはちょっと違うエンジンフィーリングにニヤリ♪とする姿を期待して……!
また面白い製品を見つけたらレポートしていきます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
    車種に関連した記事
    電装系に関連した記事