バリアスコートでサッとひとふき!こまめな洗車で愛車のチェック【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK 教えて!メンテナンスHACK」キャンペーンに、投稿いただいた中から、参考にしたいメンテナンス方法をご紹介。
もしかしたらマネしたくなるアイデアがあるかも!?

今回は、V-MAX 1200に乗る「MJ」さんのメンテナンスHACKをご紹介!

車両とメンテ内容の紹介

車両について

VMAX1200(1996年製 型式2LT)カナダ仕様
俗にいうフルパワー仕様です。年式が古くなってきたので、色々と注意していきたいところです。
特に問題なのが、経年劣化による不具合です。
例えば、ガスケットが劣化してエンジンオイルが漏れる。フォークからオイルが滲み出る。Oリングなどのシール材の硬化してガソリンが漏れる。ハーネスが硬化し断線やショートが起こる……etc

今回の作業

今回の作業は”洗車”です。 洗車とは言ってもツーリング後のチョットした洗車をご紹介します(本気の洗車はまたどこかで)。
なんと言っても、洗車は車両点検の基本であり、不具合を早期に見つけるにはもってこいの作業なんです。
遠出の時に不要なトラブルに遭遇しないように、小まめに洗車して不具合を発見していきましょう。

使うアイテム

VAC バリアスコート
ブランド:ワコーズ
おすすめ理由は、なんといても作業性の良さ!スプレーして拭き取るだけでOK。
大事なことなのでもう一度。
「スプレーして拭き取るだけでOK」

簡単にメリットデメリットをまとめました。
【メリット】
・拭き取るだけ。
・水が付着したまま、塗布できる。
・使用用途が多い(ボディなどの塗装面、レンズやスクリーン、金属、樹脂など)。
【デメリット】
・高価である

作業について詳しく紹介

1 車両全体を水で洗い流す。
砂や埃が落ちる程度でOK(個人的には軽度な汚れの時は省略しています)。

2 適度に水分を拭き取る。 水分が残っていても可←ここがVAC バリアスコートの良いところ!

3 VAC バリアスコートを直接車両にスプレーするかウエスにスプレーするか、お好みの方法で塗布し拭き上げる。

4 最後に軽く乾拭きして、完了。
※汚れが酷い場所は、1.の後にVAC バリアスコートを汚れに直接スプレーして軽く擦るとよく落ちます(洗浄成分が入っているから)。

アドバイス

・VAC バリアスコートをよく振ってから使用することが大切です。
・個人的には、水洗い後に水分を粗々で構わないので拭き取ってから、塗布すると効果が高いと思っています。
(バリアス濃度が下がらないから?と妄想しています)



MJさん、貴重なメンテナンスHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、MJさんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!
 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ケミカルに関連した記事