パッドピンヘッドを舐めてしまった!?そんな時はインパクトで外そう!【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK 教えて!メンテナンスHACK」キャンペーンに、投稿いただいた中から、参考にしたいメンテナンス方法をご紹介。
もしかしたらマネしたくなるアイデアがあるかも!?

今回は、XR250モタードに乗る「でんおう」さんのメンテナンスHACKをご紹介!


車両とメンテ内容の紹介

車両について

通勤で使っているXR250モタードのリヤパッドが減ってきたので交換します。

今回の作業

通常パッドピンが外れれば大した作業ではないのですが、パッドピンをカバーするイモネジ状のピンヘッドがナメてしまい外れない状況。ピンヘッドの外しとデイトナ製SUSイモネジ状のヘッド部分のみを交換。

作業時間

工具があれば30分程度の作業

作業難易度

工具があれば簡単

使うアイテム


ゴールデンパッド ブレーキパッド
・品名:ゴールデンパッド
・ブランド:DAYTONA

SUSパッドピン
・品名:ステンレスパッドピンセット
・ブランド:DAYTONA

■六角レンチ

■インパクトドライバー

作業について詳しく紹介


ナメたパッドピンヘッドが固着しているため全くネジが回りません。(CRC等を付着済み)


・インパクトドライバーで外します。3、4回プラハンでドライバーの尻を叩けばOKでした。


ピンヘッドを外すと本体のパッドピンを6角レンチで外します。


パッド及びピンを外した状態
矢印のピストンを押し込んでおくとパッドが入れやすくなります


裏カバーが付いていないので付替えます

その後は以下の手順で作業していきます。
・新しいパッドを交換して元に戻す。
・ナメていたヘッドをデイトナ製のものに変更。
・最後にブレーキペダルを2、3回踏み込んで手ごたえあればOK。

アドバイス


純正のピンヘッドでもボルトがナメる前にインパクトドライバーで回すことに気が付けば純正をそのまま使用でOKだと思います。
デイトナ製に交換したときの利点として、パッド交換に使用する工具が6角レンチ1本で済みます。

※当初SUSパッドピンセットで交換したのですが、予定していたパッドがキャリパーに合わず、一度キャリパー内に収まったパッドが車体を引き回し際にパッドが外れ、SUSパッドピンが曲がってしまったため、純正ピン+デイトナ製ヘッドとなりました。


でんおうさん、貴重なメンテナンスHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、でんおうさんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!
 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ブレーキに関連した記事