うまく緩めばラッキー!?正立フォーク分解時のキモはダンパーロッドの回り止め
正立タイプのフロントフォークは、ベーシックなダンパーロッドタイプと調整機構付きで高性能なカートリッジタイプに区別され、ダンパーロッドタイプは小型車から大型車まで採用機種が多いポピュラーなフロントフォークです。アウターチューブに圧入されているオイルシールを交換する際は、アウターチューブ下端にボルトで固定されたダンパーロッドを外しますが、これが一筋縄ではいかない場合があるので注意が必要です。

ダンパーロッドボルトは「ジワジワ」ではなく一気に緩めたい

インパクトレンチのトルクと回転力でダンパーロッドボルトを一気に緩めることができればラッキー。インナーチューブの内部パーツを仮組みにしてダンパーロッドにテンションを加えた状態を維持できるかがポイント。一度空回りし始めたら、それ以上緩まないことが多い。

インナーチューブが伸縮する際に内部のオイルが流動することで減衰力を生み出すのがフロントフォークの原理です。正立フォークのうち、アウターチューブ内側の下部にダンパーロッド(フォークピストン)をボルトで固定するタイプはフローティングバルブタイプと呼ばれています。

ダンパーロッドを上部のピストン径がインナーチューブ下端の径より大きいため、経年劣化で硬化したオイルシールを交換したり点サビが発生したインナーチューブを取り外す際にはダンパーロッドボルトを外してダンパーロッド自体を取り外す必要があります。

これは正立フォークのメンテナンスでは一般的な作業ですが、場合によってはダンパーロッドボルトがとても緩みにくく苦労することがあります。

すべての車種で必ず苦労するのなら覚悟するしかありませんが、必ずしもそうとばかりは限らないのが厄介です。アウターチューブの裏から取り付けるボルトでアウターチューブの底に固定されているダンパーロッドは、インナーチューブの内側ではフォークスプリングによって押さえつけられています。そのためスプリングの張力が回り止めとなって、ヘックスレンチで簡単に緩む場合もあります。

フロントフォークのメンテナンスを行う際は、三つ叉からフォークアッセンブリーを取り外したらトップキャップを外してフォークオイルを抜き、それからダンパーロッドボルトを緩めるのが一般的です。そこでボルトを緩める時にダンパーロッド自体が回ってしまったら、インナーチューブにスプリングやカラーを戻してフォークを仮組みするというテクニックは、バイクメーカーのサービスマニュアルにも記載されています。

ダンパーロッドボルトは緩み止めのネジロック剤が塗布された六角穴付きボルトで、ヘックスレンチで回します。ネジロックの威力が効いている中で弱い力でボルトを回そうとすると、ダンパーロッドボルトと一緒に空回りして、抜けも締めもできなくなってドツボにはまることが多いので、最初の一発目は強めのトルクでガツンと緩めるのがポイントです。

フォークスプリングを仮組みしてあれば、インパクトレンチで一気に外せることも多いですが、中途半端に緩んで空回りしはじめたらそれ以上抜けなくなるのがありがちなパターンです。


POINT
  • ポイント1・正立タイプのフロントフォークを分解する際にはダンパーロッドの取り外しが必要
  • ポイント2・アウターチューブ下部のダンパーロッドボルトは簡単に外れないこともある

ボルトが緩まなければインナーチューブ上部からダンパーロッドを固定する

四角錐の4カ所のエッジがダンパーロッドの中空穴に食い込んで回り止めとなるホルダーツール。汎用性は高いが、これですべてのダンパーロッドが固定できるわけではない。

エクステンションバー先端に取り付けたダンパーロッドホルダーをインナーチューブの上端から挿入して、アウターチューブ下側からダンパーロッドボルトを緩めるイメージ。ブレーキキャリパーマウントをバイスで挟んで作業することが多い。

ダンパーロッドボルトが中途半端に緩んだ状態で空回りし続ける、あるいはボルトを回すレンチに手応えはあるけど全く緩む気配がない場合は、ダンパーロッド自体を強制的に固定します。

この時に使用するのが「ダンパーロッドホルダー」と呼ばれる工具です。ダンパーロッド自体は本体内部がオイル通路となるため中空で、インナーチューブ上端からホルダーを挿入してダンパーロッドを直接押さえつけて空回りを防止します。

ダンパーロッドホルダーにはバイクメーカーが機種ごとに設計した特殊工具扱いのものと、専用工具の中にも他機種で使えるよう汎用性を持たせたものがあります。機種専用品はバイクメーカーが開発しただけあってダンパーロッド上端の形状にピッタリフィットしますが、バイクを何台も所有していると他の機種には使えない場合があります(互換性がある場合もありますが)。

これに対して汎用のダンパーロッドホルダーは、中空のダンパーロッドの中心に挿入して食い込ませるようにして固定します。なるべく多機種のロッド内径に対応できるよう、形状が四角錐になっているのが特長です。

専用品でも汎用品でも、アウターチューブ下端のダンパーロッドを固定するためには長いインナーチューブの先まで届くエクステンションバーも必要になります。そしてインナーチューブの長いトンネルの先にダンパーロッドがあるため、ロッド先端の形状がとても見えづらいのが悩みのタネとなります。

すでに分解作業を何度も繰り返してる愛車であれば、どんな道具でどうすればダンパーロッドを固定できるか分かるでしょう。しかし初めて分解する際に汎用タイプのダンパーロッドホルダーを使おうとするなら、ダンパーロッド上部の形状を知らなくてはなりません。

ここで一例として挙げる1980年代のスズキRG250ガンマ用フロントフォークは、ダンパーロッドホルダーのサイズに対してダンパーロッド本体の内径が大きめで、四角錐のエッジの掛かりが悪い中で強引に押しつけることでようやくダンパーロッドボルトを緩めることができました。

そしてダンパーロッドを抜き出してみると、上部には6角×2=12ポイントの穴が加工してありました。何分にも古い機種なので専用工具を入手するのも難しいと考えて、ホームセンターで12ポイントのサイズに合う鉄のボルトを入手して差込角3/8インチで余っていたインパクト用ソケットを溶接、この機種専用のダンパーロッドホルダーを自作しました。組み立て時にこのホルダーでロッドを固定したところホルダーボルトを締めても空回りすることはまったくなく、ガッチリ締めることができました。

余談ですがホルダーボルトを締める際は、最初から規定トルクを掛けるのではなく、ダンパーロッドとその先にあるオイルロックピースが片当たりしないよう仮組状態でインナーチューブを数回ストロークさせ、その後規定トルクで締め付けると良いようです。

アウターチューブとダンパーロッドの長さはこのような関係になる。ダンパーロッド上部のピストン部分はインナーチューブ下部の穴より大きく、インナーチューブが伸びきった時のストッパーとなる重要な部分。だからダンパーロッドボルト締め付け時には緩んで外れないよう適正トルクで作業することが重要。

1980年代のスズキRG250ガンマのダンパーロッド先端には12角の加工が施してあり、二面幅17mmのボルトがピッタリ合うことが分かったので専用のホルダーを製作した。

ダンパーロッドの回り止めとするため、エクステンションバーを差し込めるようディープソケットを溶接。これだけのことでフロントフォーク分解組み立ての手間が大きく軽減できる。


POINT
  • ポイント1・ダンパーロッドを固定するホルダーには機種専用品と汎用品が存在する
  • ポイント2・ダンパーロッドの先端形状によってはホルダーを自作できることもある

ダンパーロッド上部に穴がないタイプはどう固定する?

カワサキKZ900LTD用フロントフォークのダンパーロッドは上部が塞がれて突起がある独特の構造。四角錐のダンパーロッドホルダーも通常のソケットも引っかからないわけだ。上部に傷は付くが、ナットツイスターを強引に食い込ませて回り止めとしてボルトを抜き取った。

丸い突起の一部が12mmの幅で削られているので、12mmのディープソケットの開口部を切除して二面で押さえられるようにした。おそらく当時の専用工具もこのような形状だったのだろう。

インナーチューブ内のスプリングやカラーを仮組みしてインパクトレンチを使おうにも、汎用タイプのダンパーロッドホルダーを使おうにも、ごく稀にどうにも緩まない例もあります。

カワサキKZ900LTDのフロントフォークを分解する際、専用工具を持っていなかったのでインナーチューブに四角錐のダンパーロッドホルダーを挿入しますがまったく手応えがありません。

懐中電灯でインナーチューブの底を照らすとダンパーロッドの穴ではなく凸状であることが見えたので、いくつかのソケットを差し込んでみますがどれも空回りして中途半端に緩んだボルトが抜ける気配はありません。

そこで最終手段として、六角頭をなめたボルトナットを緩めるナットツイスターを食い込ませたところようやくダンパーロッドが固定できて、ロッドボルトを抜き取ることができました。

そのロッドの先端を見ると丸い突起の一部が平行に切削されており、その幅は12mmであることが分かったので、12mmディープソケットの開口部をサンダーで加工して専用のロッドホルダーとしました。

ダンパーロッドの上部がキャップされている理由は分かりませんが、ロッド内を流れるフォークオイルはキャップ部分の横穴から出入りできるので、減衰力を発生させるメカニズム的には問題ないのでしょう。

このような構造はダンパーロッド的にはレアだと思いますが、正立フォークのダンパーロッドにもいろいろなタイプがあり、空回りする際の固定方法にもいくつもの方法があることを覚えておきましょう。


POINT
  • ポイント1・上部が塞がり横穴からオイルが出入りするダンパーロッドの回り止めには特殊な工具が必要
  • ポイント2・初めてメンテナンスを行う機種では、ダンパーロッドの固定方法は先入観を捨てて考える
関連キーワード
足回りに関連した記事