ライダーの為に作られたテント「ライダーズタンデムテント」を使ってみた!
キャンプに行って数日後……またキャンプに行きたくなってしまうWebikeスタッフのmiyaです。
皆さんはバイクでキャンプに行ったりしてますか?
自分の愛車と共に自然の中で過ごす……至高の一時ですよね。
ですが、バイクでキャンプとなると積載性が重要になってきますよね?
特に寝床として重要なテントは道具の中でも特にサイズが大きいので可能な限り小さくして持ち運びたいですよね。

しかし、持ち運びを重視しすぎて居住空間が小さくなりすぎてしまうのも嫌……。
そんな方にオススメなのが、DODのRIDERS TANDEM TENT(ライダーズタンデムテント)です。

今回はWebikeスタッフmiyaが購入して使ってみたのでインプレッションをして行きたいと思います!

DOD:RIDERS TANDEM TENT[ライダーズタンデムテント]

t3_485_product_img_01.jpg

今回紹介する「RIDERS TANDEM TENT」。 名前の通り2人での使用を想定しているテントですが、室内は『210cm×210cm』と広い為、最大で4人まで入る事も出来てしまいます。
また、収納時のサイズは『(約)直径24cm×長さ65cm』と非常にコンパクトにまとめられるので、バイクの積載にもピッタリ!
組み立ては初心者にもやさしい紐を引くだけのワンタッチタイプでテント設営の時間を短縮し、より充実したキャンプを楽しむことが出来ます。

早速テントを広げてみた。

343FEBF4-35A3-49C4-B6D0-4EA8B1A6D371.jpg今回テントを張る舞台は長野県にある「五光牧場オートキャンプ場」
一面芝生の広大な土地でキャンプが出来る素晴らしい所です。

ベストポジションを探し回り、人も少ない所を無事に発見!
いざ、初めてのテント設営!……と思っていたのですが、

ゴメンナサイ……設営時の写真を撮り忘れました!

お詫びにDODの設営方法をまとめた画像を貼っておきますm(__)m
DODテント説明1.jpgDODテント説明2.jpg
なんとたったの8工程!
通常のテントではグランドシートと呼ばれるテントの下に敷くシートがあったり、フレームをテントに這わせたりと面倒な作業が多いです。

しかし、このタンデムテントはシート・フレームが既に取り付けられており、テント最上部の紐を引っ張るだけで、バサッと傘の様に簡単にテントが出来上がります。

私は初めてのテント設営でしたが、たった3分程度で綺麗に設営が完了しました!
D72C3B96-1698-4ABA-99ED-7C7A39EE513F-1.jpg
手間取る事も無く簡単に設営できるのはワンタッチタイプのテントの特権ですね。
初めての方には是非ともオススメしたいです。
天井もそれなりに大きく、175cmの私が中腰で収まる高さなのでテント内で着替えたりも出来ますし、長さ180cmくらいあるコットも楽々設置できる最高な空間でした。
D45E0772-F203-44AA-A800-F2855AE2FD14.jpg

機能性はどんな感じ?

t3_485_main_feature.jpg

今回のキャンプ中、ぽつぽつと雨に降られることもあったのですが、前室が広いので雨を気にせずくつろぐことが出来ました。
また、撥水性も抜群で二層構造になっているインナーテントの方への浸水は一切ありません。
F8473064-98E1-4C5C-BBB0-8182F99FA1EC.jpg
通気性に関しても非常に優れており、

  • 前室部分左右にメッシュ窓
  • 室内左右に小さい通気窓
  • 室内後部に大型通気窓
この3つが完備されているので風通しも良く、蒸し暑さなどに悩まされることも全くありませんでした。

収納するときが若干難しい?

翌日、片付け前に地面に接していたグランドシートや朝露が付いた部分を吹いて日光で自然乾燥。
その後、ワンタッチで簡単撤収!なのですが、サイズが大きいので元の畳んであった大きさにするのが難しいです。
FA4FA1B2-D682-4B7A-90C1-F5B7FF1F416D.jpg
画像の様に付け根を持って下ろすだけで折り畳み傘の様になります。
※この時、通気窓・前室などのチャック等は全部閉めておきましょう。

大きい折り畳み傘をイメージしながら、最初にフレームを一纏めにしてから生地を畳んで行きましょう。
E5DB73A7-416A-45E5-B35C-6309400E94D8.jpg
畳めてしまえばあとは袋にしまって完了です!
バイクに括ってしまえばもう出発出来る状態に。
畳む工程が最も面倒な部分ですが、一度正しい畳み方を覚えてしまえば、設営時同様数分で撤収が可能になると思います。

ちなみに……自分のCB1300SBに積み込むとこんな感じです。
A266FDD2-CB4F-4BCC-B407-76E21F6F77CE.jpg
ビッグネイキッドくらい大きいタンデムシートならテント自体の幅も大きく感じないので、すんなりと積み込むことが出来ますね。

使ってみた感想

E2A18503-EE5F-4DA0-B165-7A662646F3B7.jpg

今回初めてのテント泊と言う事もあり、設営に不安がありましたが特に心配することもなく設営が出来たので快適なキャンプを満喫することが出来ました。
しかし、問題点としては付属していたアルミのペグが若干強度不足の様に感じます。
打ち込み中に曲がってしまったり、折れた……といった事もありました。
不安な方は別のペグを買っても良いかもしれませんね。

キャンプやってみたかったけど設営が出来るか不安で……と悩んでいた方!
今年のキャンプデビューにDODのワンタッチテント、オススメですよ!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
キャンプに関連した記事