経年劣化が気になるメーターはメーターケース交換でよみがえる!XR250のメーターをきれいにしてみた【MOTO HACK】
ホンダ XR250モタード純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、XR250モタードに乗る「でんおう」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるXR250モタードの純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介


愛車紹介


今年の3月に通勤用として購入したXR250モタード(2003年式)。外装程度は年式なりの状態で、気になった時に良品と交換しています。自分の考えているカスタムの方向性は純正風の外観で乗って不満のある個所を改良して楽しんでいます。

普段のバイクの楽しみ方


通勤と峠とバイクカスタム構想とバイク弄り

今回のHACKの簡単な説明

XR250モタードのメーターケースの傷やプラスチックの皺が気になっていました。メーター本体を換えると積算距離が変わるのでケースのみの交換を実施しました。OFF車のXR250やCRM250系も同じ形状のメーターケースなので純正形状のメーターの見た目をリフレッシュさせるのにメーターカバーの交換は懐にも優しいので有効だと思います。

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど


品名 ケースCOMP.,アツパー
品番 37610-KBR-008
流用バイク HONDA XR250モタード(XR250)
 メーター外す工具→10mmメガネレンチ+ドライバー
 ライトカバーを外す工具(自分は六角頭ボルトに変更してあるので六角レンチ)

HACKのやり方・説明・作業手順など


具体的な作業内容や手順などの説明
(1)ライトバイザーを外す。
(2)赤マークの10mmナット外し(2カ所)
(3)黄マークのメーターケーブル外す


(4)黄マークの+ネジ7カ所外す


(5)写真のように分離します。
メーター本体を外に出ている、つまみ分部を内側に引っ張入れ、内側から抜き取るように外します。
新しく付替える時は、つまみ分部を内側から外へ出すようにします。ゴムストッパーが外れますがまた入れ込めばOKです。

(6)新しいケースを装着して逆の手順で元に戻します。

HACKのまとめ


メーターは運転中によく目にする場所なので、ケース自体が新しいとハンドル周りが新鮮に見えます。
スピードメーター一式だと中古パーツでも高額の場合がありますので、メーター本体が大丈夫であればケースのみの交換でハンドル周りがリフレッシュすると思います。要バイクのパーツリストで検索してWEBIKEで注文ですね。

でんおうさん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

Webikeではバイクライフを豊かにする皆さんの裏技を大募集中!

~7/31まで『純正流用HACK!』の投稿でもれなく500ポイントプレゼント!


7/31までの期間に『純正パーツ流用』に関するアイデアを投稿いただいた方には、 もれなくウェビックで使える500ポイントをプレゼント!
さらに!Webikeマガジンで取り上げられると追加で1,000ポイントプレゼント。
最大で1,500ポイントもらえるチャンスです!

もちろん『純正パーツ流用』以外の投稿でも、ウェビックマガジンに取り上げられた方には1,000ポイント差し上げます。
あなたの持ってるバイク術(HACK!)をみんなで共有しましょう!
たくさんの投稿お待ちしております!



 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
電装系に関連した記事