ヘルメットホルダーが無いなら流用すればいいじゃない!カタナ250にグース350用のヘルメットホルダーを移植【MOTO HACK】
スズキ GSX250S カタナ 純正流用HACK

ウェビックコミュニティ「MOTO HACK」キャンペーンより、GSX250S カタナに乗る「SCC*GSX250S刀」さんの熱い語りをご紹介!
オーナーだからよくわかるGSX250S カタナの純正流用術をご紹介!

簡単な自己紹介


愛車紹介:GSX250Sカタナ

可能な限りカタナの秀逸なデザインを守りつつ、動力性能(マフラー、プラグ、イグナイターなど)の強化に注力してカスタムしてきました。
オリジナルのパーツづくりも楽しんでいます。でもなかなか走りに行けず、鑑賞9割になっています。(笑)

普段のバイクの楽しみ方

走るよりもイジる方(維持るとも言う)が多いです。古い車輌なので何かしら不具合が出るのですが、それも含めて楽しむのが旧車乗りのマインドかな、と思っています。
そして手塩に掛けてきた走りは気持ちいいです!
いまのところ、遊びより仕事の方が乗ることが多いのが残念ですね、もっとツーリングにいきたいです。

今回のHACKの簡単な説明


カタナ250にはヘルメットホルダーがありません。
…厳密に言うと、シートを外した下のフレームにフックが付いています。
が、極めて使いづらいです。

そこで同じSUZUKIのグース350のヘルメットホルダーの部品を、カタナのシートロックに移植します。

今回のHACKに必要な部品・工具・モノなど


品名:ロックセット シート/ヘルメット
品番:95700-10833
必要工具:いじり止めトルクスレンチ(T30/M6)、プラスドライバー

写真は左がグース350用でカギを左に回すとヘルメットホルダーが開き、右に回すとシートがアンロックされます。

右のカタナ用は右に回してシートがアンロックするだけです。

HACKのやり方・説明・作業手順など


それぞれのロックを裏側にして小さなプラスネジを2本外します。

カバーとワイヤを引っ張る滑車(?)をめくるとヘルメットフック(赤く囲んだ部分)が外れるので、それをカタナに移植します。

その他、バネ等グース350用にだけ付いているものがありますが、最低限必要な移植はこれだけです。


逆の手順で戻し、ネジ2本を止めたら完成です。

これでカタナのキーをつかってヘルメットのフックを開け閉めできるようになりました。

あとは車体に戻すだけです。

HACKのまとめ


メリット:シートを外す必要なくヘルメットを掛けることが出来るようになり、とても便利です。

デメリット:ありません!と思っていました。…が先日、職場の駐車場でカタナを倒してしまい、左ウインカー、クラッチレバーとともにホルダーに掛けていたヘルメットも脳天着地してしまいました。(涙)
まぁ、おかげでタンクもカウルもエンジンも無傷だったので…でもヘルメットも買ったばかりでしたが…。

感想:うまくいって良かったですし大満足の純正HACK!でした。
でも、ほぼ同時期に発売されたグースにあった装備(ヘルメットホルダー)が、なぜカタナになかったのか疑問です。

簡単なので、ぜひ試してみて下さい!

SCC*GSX250S刀さん、貴重な純正流用HACKの投稿ありがとうございました!

Webikeではバイクライフを豊かにする皆さんの裏技を大募集中!

~7/31まで『純正流用HACK!』の投稿でもれなく500ポイントプレゼント!


7/31までの期間に『純正パーツ流用』に関するアイデアを投稿いただいた方には、 もれなくウェビックで使える500ポイントをプレゼント!
さらに!Webikeマガジンで取り上げられると追加で1,000ポイントプレゼント。
最大で1,500ポイントもらえるチャンスです!

もちろん『純正パーツ流用』以外の投稿でも、ウェビックマガジンに取り上げられた方には1,000ポイント差し上げます。
あなたの持ってるバイク術(HACK!)をみんなで共有しましょう!
たくさんの投稿お待ちしております!



 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
車種に関連した記事
ヘルメットに関連した記事