Webikeスタッフ自腹企画!買って使った結果……オススメしたいと感じた商品3選!

カスタムパーツを買うとまた別のパーツが欲しくなってしまう……。
そんな生活を送っているおかげでお財布がすっからかんのWebikeスタッフmiyaです。
Webikeマガジンでは様々な内容の記事を公開しています。

・車両、パーツなどを実際に使ってみたインプレッション
・バイクのメンテナンス特集
・オススメ商品の紹介 等々……

他にもたくさんありますが、まだやっていない事がありました……。

「Webikeスタッフが実際使っているオススメ商品」をアピールしていないじゃないか!!

そこで今回は、Webikeスタッフ随一の浪費ライダーでもある私「miya」が今まで購入した商品の中で「これはオススメ出来る!」と思った商品を紹介します!

10FACTORY:ECU書き換えサービス


最初に紹介するのがこちらの10FACTORYのECU書き換えサービス。
注文すると10FACTORYへECUを送るのに必要な段ボールが届くので、取り外したECUを入れて10FACTORYへ送り、オーダーで書き換えを行ってもらうという商品。

一番のオススメはコスパの良さ!お値段なんと約5万円ですよ!?

参考例として私の乗っているCB1300SBのECU書き換えは、チューニングショップなどで作業をお願いするとあっという間に10万円を超えてしまいます。
それがなんと半額の5万円でフルパワーに出来てしまう!そして、車検対応の書き換えもあるので再セッティングの必要はナシ!!

・「国内仕様で抑えられているパワーを体感してみたい!」
・「フルパワーってレース用とかだから車検がダメなんじゃ……?」

といった国内仕様にお乗りのライダーにオススメ出来る商品です。
依頼方法は至ってカンタン!
現在付けているエキゾーストパイプ、マフラー、現在の不満点など申し込み用紙に記入してECUと一緒に10FACTORYに送るだけ。
後日10FACTORYから確認の連絡が来るので、間違いが無いか再確認して問題なければ希望したセッティングで書き換えてくれます。
私が依頼した時は、ECUを送ってから約1週間くらいで戻ってきました。

【スタッフmiya的に使ってどうだったの?】

SUGOサーキットを走る機会があり、その時にフルパワーを体感してみたいと思い購入しました。
低速トルクの向上、エンブレの軽減で国内仕様のギクシャクした低速域が解消されて乗りやすくなり、公道走行でも十分すぎる程にECU書き換えの効果を実感することができました。


もちろんサーキットでは、リミッターは一切かからないので180km/h以上も難なく出すことが出来ました。
レースに出たい方向けというよりは、サーキットを全開で走りたいけどツーリングも普通に楽しみたい!という方に一番ベストマッチすると思います。
フルパワーにする関係上、燃費は少し落ちてしまいましたが、それと引き換えにバイク本来のスペックを引き出せると考えると5万円は十分に安いですよ!

KUSHITANI:MIDパーカー


続いて紹介するのがクシタニのMIDパーカーです。
今までプロテクター類がしっかりしてるジャケットを着ていたので、普段使いにもイケる万能ジャケットが欲しくなり、探していた時にふと見つけました。
このパーカー自体はとても薄いのですが、防風効果が非常に高いので真冬でもインナーにユニクロのウルトラライトダウンの様な保温効果の高い物を着るだけで、充分な暖かさを保ってくれます。


プロテクターは装備していないので、バイクから降りて普段使いとして使っても違和感なく着用出来ます。
首元もかなり長いので、ネックウォーマー無しでもしっかり風をガードしてくれます。

【スタッフmiya的に使ってどうだったの?】

冬はあったかウェアをインナーに着込めば全く寒さを感じない、それでいて春・秋はTシャツにMIDパーカーだけで足りてしまうという万能ウェアです。
夏は防風性が高いので使えないとは思いますが、夏を除いた3シーズンで大活躍間違いなしの一着です。

非常にオススメな一着なのですが!現在は販売終了の商品となっています……ごめんなさい。
しかし!クシタニでは今回紹介したMIDパーカーと同様のデザインのジャケットがまだあります!!

KYT:STRIKE EAGLE Stripe BLUE Fluo ヘルメット


最後に紹介するのがKYTのオフロードヘルメット「STRIKE EAGLE」です。
KYTはMotoGPライダーや世界モトクロス選手権でも使用されているトップクオリティを誇るヘルメットブランドです。
特筆すべき点はヘルメットの軽さ!

・KYT「STRIKE EAGLE」:約1150g
・SHOEI 「VFX-WR」:約1350g
・ARAI 「V-CROSS4」:約1500g

一目瞭然ですね。KYTが圧倒的に軽いです。
数値としてはSHOEIの「VFX」と200gの差ですが、実際に被ってみると200gの差がかなり大きいことが実感出来ます。
フィット感としては国産ヘルメットより浅め、きつめなのでワンサイズ大きい物を買う方がいいと思います。
「海外製のヘルメットでしょ?規格とかちゃんと通ってるの?」って方も多いと思いますが、ご安心ください。
こちらのヘルメットはSG規格MFJ規格を取得しているので、公道・レースどちらでも使用する事が可能です!

【スタッフmiya的に使ってどうだったの?】

公道、オフ両方走りましたがヘルメットがとても軽いので後方確認や、首を動かすアクションをしても一切疲れません。
デザインも国産のヘルメットより派手なので周りより一際目立つのがポイントです。
首元がスッキリとしたデザインなのでネックブレースも難なく装着可能、オフロードユーザーへの配慮が伺えます。


そして今回私が被っているこのカラーリング……残念なことに既に廃盤カラーになっていますが、Webikeでは他カラーを取り扱っています!

Webikeスタッフオススメの一品お試しください。

気になる商品はありましたか?
紹介した中での個人的ベストオススメ商品は、KYTのオフロードヘルメットです。
一度被ったら軽さの虜になってしまいました。規格も通っていますし、デザインがカッコいいです!
今回紹介したECU書き換えサービスやオフロードヘルメットは値段の張る商品ではありますが、使ってみた私が断言します。

「これは……いいものだ!」

今回は3商品だけの紹介となってしまいましたが……実は、まだ紹介したい商品がたくさんあるのです…。これはまた次の機会に。
皆さんも使ってみて良かったと感じた商品があれば是非、友人やライダー仲間にも共有してあげてみてはいかがでしょうか?
良いものはみんなでドンドン使っていきましょう!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
エンジン,アパレル,ヘルメットに関連した記事