SHOEIが開発した妥協のないヘルメット『X-14(X-FOURTEEN)』トップライダーからのフィードバッグを体感してみませんか?
今回ご紹介する商品はこちら!!

SHOEIショウエイ:X-14 (エックス フォーティーン X-FOURTEEN) ヘルメット

時は2016年!誰もが待ち侘びたSHOEIのレーシングフルフェイスヘルメット『X-14』がデビューしました!
世界トップライダーからの要求を商品開発にフィードバックして開発が行われたので、機能性・安全性・快適性、どれをとってもトップモデルのヘルメットとなります!
トップライダーとトップメーカーが開発したトップモデルのヘルメット、目白押しの機能を動画にて一挙ご紹介です♪
SHOEIが持つ最先端の風洞実験施設で裏付けされたエアロフォルム
x14_1-680x587.jpg
SHOEIヘルメットの開発は、開発プロセスの中に最先端の風洞実験を設け、X-14もこれらの実験をクリアして高い空力性能を生み出すことに成功しました。
完全新設計のシェル(帽体)とリアスタビライザーを採用しており、リアスタビライザーシステムはワイドタイプを標準仕様、
ライダーの好みやサーキットの状況に応じて調整できるようにナロータイプのオプションフラップも別途用意されております。
高い性能を発揮する6つのエアインテーク機能により、ライディングで発生したヘルメット内の熱を効果的に排熱します!
シールドシステム
X14_3-680x578.jpg
広い視界の確保や有害な紫外線カットはもちろん、3D射出成型プロセスによって歪みのないクリアな視界を実現しました。
シールドのサイド両端にリブ(VORTEX GENERATORS)を配置したことにより、シールドの合成と高速域での密閉性を向上、さらにはベースプレートの下部にあるダイヤルを回すことで、ベースプレートを5段階にスライドさせることが可能となり、最大1mmの調整幅までも密閉性を向上させることができます。
そして、シールド全閉時には、シールドノブ部裏側のフックがシェル側にロックされ、更にシールドとシェル(帽体)の高い密閉性を維持!シールドの細部まで妥協のないライディングを行える設計となっております!
3D MAX-DRY システム内装
X14_21.jpg
全ての内装パーツを取り外し洗濯丸洗いが可能です!
3Dセンターパッドは高い速度域でのライディングにしっかりと集中できるように人間の頭部の輪郭に沿うように設計されており、内装生地は起毛とハイグラのハイブリットを採用することで、X-14が持つ高いベンチレーション性能と相まって従来の2倍の吸湿速乾性能をもたらし、激しいライディングなどで汗をかいた場合でも涼しく、ドライな環境をライダーに提供します!
完全新設計の回転ライナーは、チークパッド及びセンターパッドのホック位置を変えることで内装が回転、標準ポジションから被り角度を4度 前傾に変更することができ、レースシーンでの前傾姿勢時の情報視界確保を可能としました。
いかがでしたでしょうか!
さすがSHOEIのフラッグシップモデル『X-14』!妥協を許さない設計が至る所に備わっております!
「長く使用できる良いヘルメット!」として、それなりの金額を払うに相応しい製品であると自信を持ってお勧めができますね♪
 
今回紹介した製品はこちら
 
    関連キーワード
    20210625_garage_sale_point_336_280.png
    車種に関連した記事
    ヘルメットに関連した記事