HenlyBeginsから新登場!ズレないシートバッグの秘密に迫ってみた!【シートが小さいバイクユーザーに朗報】
もう積載はずれない。そう、HenlyBeginsならね。

スーパースポーツや、ストリートファイター、最近だと250ccスポーツバイクもそうですが、みんなタンデムシートが小さい!
スタイリッシュでカッコイイですが、ツーリングに行く際の積載は苦労しますよね。

僕も、CBR600RRに乗っていた時は小さいシートゆえに安定しないので、荷物が右に寄ったり、左に寄ったり、ブレーキングで前へ倒れて来たりと散々な思いをしました。
そうなると陥ると積載不信に陥って、信号待ちの度に荷物を確認することになってツーリングどころじゃありません。

世の中には、そんな荷物のズレ問題を解決するためにキャリアを増設したり、板を挟んだりと、工夫をしているライダーが多数いらっしゃると聞いています。

でもそんな不安はもう過去の物!
このほどHenlyBeginsから発売されたシートバッグPROシリーズは、今まで小さいシートに悩まされてきたすべてのライダーのためのシートバッグです!

ズレない秘密その1 赤いテープ


シートバッグ PRO一番の特徴はなんといってもこの赤いテープ状のパーツ。
タンデムシートの後端をこのテープに差し込むことでコンパクトなシートバッグの固定を助けます!

これがあればもうシートバッグが前に滑ってくるあの不快な事件とはおさらばです。アディオス!!
シンプルですが実に革新的な機能です。

今まで、いくつものシートバッグをインプレッションしてきましたが、この手の工夫が凝らされたシートバッグというのは、僕の知る限りなかったと思います。

ズレない秘密その2 ノンスリップシート


このシートバッグは中央に特殊ノンスリップシートがついています。
ノンスリップとはその名の通り滑り止め。今まではこれがなかったので、滑り止めシートを別途用意するライダーの方もいたかと思います。でもこれからは標準装備です!

赤いテープと滑り止め加工済みの底面のコンビネーションで小さいシートでも、ズレない・落ちないシートバッグを実現できる。というわけです。

赤いテープにシートが入らない大きなシートのバイクでも、このノンスリップシートはうれしいポイントですね。

ズレない秘密その3 容量可変用 補強板


シートバッグPROは今ではお馴染みの容量可変式になっています。
これは、出先でお土産を買ったりして荷物が増えた場合でも内容量を増やすことで、バッグ内に収めることができたり便利な機能です。
ただし、デメリットもあって、従来品は延長した部分には構造上、底板がないので垂れ下がってしまうという欠点がありました。

垂れ下がると、荷物が寄ってしまったり、アップマフラーのバイクだとマフラーに接触したり、何よりカッコ悪い……。

今回のシートバッグPROではその問題を解決するために、側面に補強板がついています!
容量拡張時はこの補強板を本体底面にセットすることで、荷物の垂れさがりを抑制してくれるのです!

※補強板はM/L/LL サイズのみの機能です。

ズレない秘密その4 連結ベルト


シートバッグPROには、バッグ内部の荷物を固定するためのベルトがついているので、バッグ内で荷物が動きずらくなっています。
バッグ内で荷物がズレる問題とも、これでさよならバイバイです。

さらにこのベルトがあることで、バッグの壁面同士がつながるため、型崩れしにくくなっています。
もともと、HenlyBeginsのシートバッグは型崩れしにくい形状なので、鬼に金棒です。
不格好に変形しないシートバッグって、ある意味ツーリングライダーの悲願だったといってもいいでしょう。

ズレない秘密その5 低重心設計


操縦性・跨りやすさ・車体とのバランスを考慮した結果、シリーズを通して高さ30cm以下、奥行32cm以下に設定されています。
高さが抑えられていることで、荷物を多く積載しても運動性を損ないずらく、より快適にツーリングを楽しめます。
さらに、最近のテールカウル高めのバイクの場合、跨るときに積載物が邪魔で、最悪の場合ライダーキックをかまして、バイクを倒すなんて悲しい事故もあり得ます。
そうならないための低重心設計です。積載におけるマスの集中化ですね。


サイズは4種類!日帰りからキャンツーまで対応


日帰りから1泊サイズでマルチに使えるSサイズから、最大70Lを誇りキャンプツーリングも余裕の大容量LLサイズまで、全4サイズがラインナップされています。

もちろん、これまでのシートバッグシリーズでお馴染みの横から荷物へアクセスする機能や広い開口部、使い方次第でかなり便利なPALSテープなどお馴染の便利機能も付いています。


これほどまでに、実際に使う人のことを考え進化をしているとは驚きです。
1つ1つは地道な進化と言えますが、それらが合わさったこのシートバッグは想像以上に使い易くなっている!
夏のロングツーリングに備えて今から揃えておきたいオススメアイテムです



関連キーワード
車載バッグに関連した記事