進化が止まらないサインハウスのビーコム。「ONE」と「SB6X」あなたはどっち?

2020年1月に発売した新型ビーコムのプレミアムスタンダード「ビーコムONE」の登場で、ハイエンドモデル「ビーコムSB6X」と2つのラインナップで2020年を迎えたサインハウス。
Web モーターサイクルショーでは、東京・大阪・名古屋の各モーターサイクルショーで展示する予定となっていた主な出展内容をお知らせしていきます!

新型ビーコム、プレミアムスタンダード「ビーコムONE」登場!


ビーコムONEは、SB6X同じオーディオシステム「B+COM SOUND SYSTEM」を搭載。パワフルなD級デジタルアンプと超高音質のネオジムマグネットスピーカーによるハイクオリティサウンドが、あなたのヘルメットを究極のオーディオシステムへと変化させていきます。

ツーリングシーンにおいては、かんたんにグループ通話ができる「B+LINK」通話機能により、SB6Xとのグループ通話でもシームレスにグループ通話への参加が可能です。
お求めやすいモデルながら、基本機能はハイエンドモデルのSB6X譲り。ソロツーリングから通勤・通学・街乗りがメインなライダーにおススメなのが「ビーコムONE」です。



新型ビーコムONE用オプションもまもなくデリバリー開始!

デザインにもこだわるビーコムのもう一つの特長が、着せ替えできるフェイスプレートです。
ビーコムONE用にはカラフルなデザインときれいなモノカラーなど計8色のラインナップをご用意。ヘルメットに合わせたり、自分好みの色へアレンジが可能です。

その他、マイクやスピーカー、取付ベースなどのスペアパーツも充実しており、オプション品やスペアパーツがどこでも手軽にご購入頂けるのもビーコムのもう一つの魅力です。




ハイエンドモデル「SB6X」対応アプリにAndroid版が遂に登場!



昨年10月に、iOS向けにリリースした、ビーコムスマートフォンアプリ「B+COM U Mobile App」に、アンドロイド版が遂に登場しました!
スマホと接続したビーコムを、このアプリで機能設定の変更や接続状態のモニター、音量のバランス調整、他ビーコムとのグループ通話のためのペアリングなどが簡単に行えます。進化するハイエンドモデル「SB6X」がさらに使いやすくなります。

Android版「B+COM U Mobile App」は、Google Playにて間もなく配信予定です!




超かんたんインカム通話機能B+LINKがさらに進化!


集まってわずか30秒、最大6人で超かんたんにグループ通話ができる「B+LINK」通話機能が、さらに進化する予定です!
B+LINKはSB6Xに加え、ビーコムONEに対応する予定となっており間もなく発表予定ですので、乞うご期待ください!

美しさと強度を兼ね備えた究極のスマホホルダー


サインハウス・マウントシステムには、アルミ削り出しによる美しさ、天候にも左右されない耐腐食性、そして樹脂製では到底到達できない絶対的な強度があります。

スマホをバイクへ装着してナビとして使用する場合、走行中の振動や紫外線に晒されての劣化により、最悪の場合ホルダーが破損してスマホが路面へ落下して破損するという事態も考えられます。
サインハウス・マウントシステムは、このような過酷な走行条件でもバイクの振動からスマホを護り、確実にスマホをホールドし続けてマウントとしての役目を果たします。



A+B+Cの3つのパーツを組み合わせればほとんどのバイクに装着可能で、バーハンドル用シルバー色スマホホルダーセットと、ハーレー1インチバー用限定ブラックのスマホホルダーセットのラインナップもあります。


関連キーワード
電子機器に関連した記事