KOODのアクスルシャフトは素材から製造までMade in JAPANで高品質・高性能!

KOOD(クード)アクスルシャフトは素材の選択から製造まで『Made in JAPAN』にこだわった高品質、高性能なカスタムパーツです。

材質は日本製のクロームモリブデン鋼で、生材から熱処理を加え、ひずみをプレスで修正。再度熱を加えた素材を使用します。これも強度と粘りを兼ね備えるクロモリの特性を最大限に引き出すためのこだわりなのです。
さらに、手間のかかるセンターレス研磨と3層ものメッキ加工を行い、高い精度を実現させました。バイクメーカーの開発やテストでアクスルシャフトに重点が置かれることはまずありません。それだけにクードアクスルシャフトは、走りを劇的に変える効果があるのです。



DUCATI パニガーレシリーズ8耐スペックフロントシャフト登場!

duca1.jpg

鈴鹿8時間耐久ロードレースを戦い抜く!」を開発コンセプトに新開発されたのが8耐スペックシャフトに使われている「KDPコート」です。

通常の3層メッキコートとは違い、硬度を2倍にすることにより、耐久性、平滑性、摺動性が格段に向上しました。
過酷な環境にある耐久レースでもスムーズにタイヤ交換が行える優れたアクスルシャフトがKDPコートをまとった8耐スペックシャフトです。

今回このPanigaleシリーズ8耐スペックシャフトも8耐車両と同様に「ジュラコン製カバー」も装着しており、気分を一層向上させてくれます。





販売価格50,000円(税抜き)完全受注生産



20200327_web_motorcycleshow_obi_sp_635_60.jpg

NEW LINEUP フロントアクスルボルトに待望の2車種が追加!

CBRボルト.jpg

CBボルト、隼ボルトに新たなる2車種が追加となりました。
かねてより要望が多かったフロントアクスルボルトに「NSR」「CBR」が新たに追加。
「せっかくシャフトを交換したのに、反対側のボルトがノーマルじゃあ……」との声が多かった、「NSR250R」、「CBR1000RR」ユーザーのコレクション心をくすぐる商品になっています。

NSRボルト.jpg

もちろん素材はシャフトと同素材、同工程で作成され、六角部分にはワイヤーロック穴加工も施し、レーサールックを兼ね備えた仕上がりとなっています。


NSRボルト 横.jpg

販売価格10,000円(税抜き)




フロントアクスルカラーナット、製作進行中!

Fアクスルカラーナット1.jpg

フロントアクスルボルト同様にご要望の多いカラーナット。
ZX-14Rや先代ハヤブサなど、こちらもボルト同様に反対側も交換したい、との声が多く寄せられました。

現在人気の多いZX-14R、ZX-10Rなどのカワサキ系に先代GSX-R1300隼、GSX1400など大型車両用のカラーをKOODでは製作進行中です。素材はもちろんシャフトと同様の素材、製作工程も同じ工程にて作成中。
発売まで今しばらくお待ちください!


Fアクスルカラーナット2.jpg

ありそうで無かった!エキセントリックナット

エキセンナット1.jpg

今までありそうで無かったパーツの一つがコレ!体感イベントなどでNINJA1000など、エキセントリックの車両の中に「車体は綺麗なのに、エキセンのナットがちょっと錆びてる」と目にする事が多々あり、KOODでは製造に至りました。

見た目にもメッキが輝き、KOODリアシャフトを装着した車両ならば、さらなる一体感を醸し出します。
こちらもシャフトと同じ同素材、同工程で作製中。


エキセンナット2.jpg

販売価格10,000円(税抜き)
適合車両 ZRX1100 ~16 NINJA1000 ~16 Z1000




Coming Soon? VFR750Rピボットシャフト製作中!

ピボットRC30 .jpg

発売されてから32年。
当時、市販スーパースポーツの頂点ともいえるVFR750R。あのRC30のピボットシャフトをKOODでは製作中!

過去にKOODではRC30用フロントアクスルシャフトを製作しましたが、そのユーザーより「ピボットシャフトを作って」との反響がありました。
その声に応える形でようやく念願だったRC30のノーマルピボットシャフトが入手でき、現在製作準備中!

製作本数はフロント同様、限定製作となりますが、発売開始まで今しばらくお待ちください。




20200327_web_motorcycleshow_680_182.jpg
関連キーワード
20210514_sunstar_649_174.png
車種に関連した記事
足回りに関連した記事