【簡単】キャンプツーリングにおすすめのテント特集!【コンパクト】
最近キャンプツーリングを始めるライダーが多いみたいです。

自然の中でリラックスした時間を過ごすのは最高に贅沢ですよね。
キャンプ場までの道を気持ちよく愛車でライディングするには、
積載する荷物は出来るだけコンパクトにまとめたいところ。
そこで、今回は軽量・コンパクトで設営も簡単なキャンプツーリング向けテントをご紹介します!

ソロで?仲間と?人数別おすすめツーリングテントをご紹介!


テントを選ぶ際に注意したいのが収容可能人数。
ソロキャンプなのに大きすぎるテントは荷物になるし、設営も大変です。
人数に合わせて最適なサイズを選びましょう。
 

ソロキャンプ~2人でのキャンプが中心のあなたにおすすめのテントはこれ!


soro-001.jpg
日常の喧騒を離れて、一人でふらっとキャンプグッズを積んだバイクで旅に出る・・・
そんなソロキャンパーにおススメしたいのが
 
 

EASYRIDERS イージーライダース/4シーズンテント【クロンダイク】


イージーライダースが販売するツーリングテントは大人2名を収容できるサイズ。
ソロキャンプが中心の方にはおススメです。
特筆すべきは収納時のコンパクトさ『約158mm×158mm×400mm/重量3kg』と、バイクに積んでも余裕のサイズですね。
また、設営時は『幅約1540mm×奥行2050mm×高1143mm』と寝返りもうてる十分な広さ。
i-zi-tennto-001.jpg
組み立てはワンタッチではなく、折り畳み式のポール2本を通してペグを打つ方式。
小物用のミニロフト、前後メッシュの2ドアなど、便利な機能も充実しています。
オールシーズン対応なのも嬉しいポイントですね!
▼イージーライダース/4シーズンテントの価格や詳細はこちら
 
 

DAYTONA デイトナ/ツーリングテント ステイシー ST-II


daytona-solo-0002.jpg
デイトナのツーリングテント、ステイシー ST-IIの魅力は前室が広いこと。
前室が広いと、置いていた荷物が突然の雨でびしょ濡れ!なんてこともなくとっても便利。
居住スペースも広く使うことが可能です。

設営も簡単。組み立てたフレームに吊り下げ式のシートを金具ではめていくだけ。
一人でも設営は問題ありません。
収納時サイズ:44cm×21cm×21cm(フレーム折り寸40cm)
設営時サイズ:幅約150cm×奥行220cm×高さ130cm』
▼デイトナ/ツーリングテント ステイシー ST-IIの価格や詳細はこちら
 
 

3人~4人でのキャンプが中心のあなたにおすすめのテントはこれ!


camp-19-05-20-0001.jpg
週末は家族や仲間でキャンプ!
そんなあなたには大人が3人寝てもゆとりのあるやや大きめのタイプがいいですよね。
 
 

ドッペルギャンガーアウトドア/ライダーズタンデムテント


camp-tent-19-05-20-0002.jpg
ライダーズタンデムテントのおすすめポイントは、『210cm×210cm』という広い室内と広い前室。
大人4人を収納可能なサイズでありながら、収納時は『(約)直径24×長さ65cm』と非常にコンパクトです。
しかも組み立ては簡単なワンタッチタイプ!テント設営の時間を短縮してゆっくりと過ごせますね。

 
▼ドッペルギャンガーアウトドア/ライダーズタンデムテントの価格や詳細はこちら
 
 

ドッペルギャンガーアウトドア:ワンタッチテント


camp-19-05-20-00004.jpg
ファミリーキャンプにおすすめなのがこの『ワンタッチテント』
室内スペースは『横290cm×縦230㎝』収容可能人数は5名(大人3名・子供2名)とゆとりのビッグサイズ。
設営はワンタッチ式で所要時間わずか15秒(※天候や個人差がございます)
目を離せない小さい子供がいて準備が大変!なんて方には特におすすめしたいテントです。
収納サイズは『(約)長さ930×直径180mm』とやや大きめ、バイクに積むには工夫が必要かもしれません。

 
▼ドッペルギャンガーアウトドア/ワンタッチテントの価格や詳細はこちら
 
まとめ

いかがでしたでしょうか。
設営が簡単でコンパクトなテントを買ってしまえば、キャンプツーリングのハードルはグッと下がるはず。
今年はぜひキャンプツーリングデビューしちゃいましょう!
車種に関連した記事
キャンプに関連した記事